« 暮れの抱負 | Main | 起こす猫 »

December 30, 2004

悪夢、再び。

夕方、カレと近所の本やゲームソフトを扱う店に行く。

お互い別々に立ち読みをし、私は一通り読んだので、
カレのところへ行くと、「めまいがする」とか「見てるものと
見えるものが違う」とか「距離感がわからない」と言う。

それでもそのまま立ち読みを続けていたら、後ろの方で
グブグブ…というような変な音がする。
何だ?と振り返ったら、カレが泡を吹いて倒れている!
唾液には血が混じり、痙攣を起こし、反応もない。
顔面は真っ青で、血の気がまったくない。
急いで救急車を呼んでもらい、市立病院へ運ばれる。

救急車内で意識は取り戻したものの、現状をまったく
把握できていなくて、自分が倒れたことすら理解していない。
病院では、意識を失い、頭を打ったかもしれないということで、
レントゲンやCTスキャンを撮る。

今日の診察と検査の結果、特に原因らしき原因は不明。
だけど脳内出血は24時間は油断できないということで、
カレは今日は入院。
明日の診察次第だけれど、明日には帰宅できる予定。

今日の神様。
倒れた時、たまたま近くにいた医療関係者の男性。
私の「救急車を呼んでください!」の声と同時にどこからともなく
現れ、私だけでは決してできなかったであろう (というか、
思いつきもしないハズ) 応急処置をテキパキとしてくださった。
名前も何も聞かずに、私は救急車に乗ってしまったけれど、
この男性には本当に感謝。

そして今日の教訓。
自分の家族のためだけではなく、他人のためにも、こういう場合に
備えて応急処置法みたいのを勉強しておくといいのかな。
感謝されたいために覚えるのではなくて、助けられる命を
助けるために。

年の瀬になって、ツイてないことばっかり続く私とカレ。
これで厄を全部キレイさっぱり落として新年を迎えたいよ。

|
|

« 暮れの抱負 | Main | 起こす猫 »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/2420975

Listed below are links to weblogs that reference 悪夢、再び。:

« 暮れの抱負 | Main | 起こす猫 »