« 竹塩パワー | Main | 1 時間 »

December 23, 2004

救急車に乗る

救急車に付き添いで乗る。

カレが朝方にひどい喘息の発作を起こし、5 時間ぐらい
咳き込み続けていたけど、耐えきれなくなり救急車を
呼ぶことに。
呼吸困難、会話困難という最悪の状態。

病院に搬送してもらい、ステロイドを点滴してもらい、
発作は小康状態に。落ち着いたところで帰宅する。
まだ本調子は取り戻していないようだけど、でももう
苦しそうな様子はない。

今日ほど、救急車のレスキュー隊員や病院の医師や看護士が
神様のように思えたことはない。
本当に、みんないい人ばかりだった。
こういう経験をもっと早くにしていたら、私は医師や看護士を
目指していたかもしれないなァと思う。

帰り際、医師や看護士さんに「どうもありがとうございました」と、
こんなにお辞儀したの、生まれて初めてかもしれないというぐらい
深々とお辞儀をした。
だけど、本当に本当に「ありがとうございました」という気持ちで
いっぱい。

救急車のレスキュー隊員の方々、秀和病院の先生と看護士さん、
本当にどうもありがとうございました。

|
|

« 竹塩パワー | Main | 1 時間 »

Comments

人事のようですみませんが、こんな日に大変ですね〜。

Posted by: tsuyoshi | December 24, 2004 at 13:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/2356798

Listed below are links to weblogs that reference 救急車に乗る:

« 竹塩パワー | Main | 1 時間 »