« 以後、要注意だ | Main | ぼくセザール 10歳半 1m39cm »

January 31, 2005

プチトラウマ

今朝、電車に乗っていたら、数メートル離れたところにいた
大学生ぐらいの若い男性が突然倒れた。
ざわめきと共に「誰か病院関係者いませんか?!」という声や、
「痙攣」だとか「心停止」という言葉も聞こえてくる。

10分ほどして駅に到着。
その若い男性は意識を失ったまま 4 人の男性たちに
担がれ、ホームに運び出された。

ホームに寝かされている男性は、私のカレが年末に倒れたときと
同じ状態だった。
口からは、泡のような唾液が流れ、それには血が混じっている。
まったく動かず、誰の呼びかけにも応答しない。

私はまたそのまま電車に乗って新宿へ向かったけれど、しばらくは
あの男性の姿が頭から離れなかった。
あのときのカレとダブってしまって、ドキドキが止まらなかった。
何だか泣きたい気分になった。

救急車はすぐに来たんだろうか?
無事に病院に間に合っただろうか?
意識は戻っただろうか?

無事に退院できるといいね……

|
|

« 以後、要注意だ | Main | ぼくセザール 10歳半 1m39cm »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/2757901

Listed below are links to weblogs that reference プチトラウマ:

« 以後、要注意だ | Main | ぼくセザール 10歳半 1m39cm »