« May 2005 | Main | July 2005 »

June 26, 2005

房スグリとラズベリー

berry今年はこれだけ収穫できました。
房スグリは 2 年目、ラズベリーは 1 年目。
計100g。早速ジャム作り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2005

家が揺れる。

道路を挟んだ向かいの家で今、建て替えのための
解体工事をしている。
が、ウチがすごく揺れるじゃないの!
もう 2 時間ぐらい揺れてるか?

ちょっとーーーー
この家、大丈夫なの?
この解体工事で揺れてるのはウチだけなの?

…と、ここまで書いてたら工事が止まった。
時間的に考えて、昼休みだね。
ってことは午後からまた揺れるのか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2005

大使館からの手紙

フランス大使館から何やら郵便物が。
もしかして、きのう送った書類が何かの不備でもう返ってきた?!
と思いきや、「大規模災害に遭ったときの心得」みたいな
お知らせだった。
避難時に持ってるといいもの、みたいなリストまである。

何で突然こんなもの送ってくるの?結婚と関係アリ?
カレと 6 年暮らしてるけど、こんな手紙は初めてだ。

それともまさか、そういう予知が裏で出てるのか…?
…関東大震災?…まさかね…?!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 23, 2005

母猫、強し

きのうの夜、愛犬ムニの散歩中に 5 匹ぐらいの子猫を発見。
わ~カワイイ~と近寄ったら、当たり前だけど逃げてしまった。
…と、子猫たちが逃げた車の陰から、母猫が登場。
タイヤの陰からジーッと、威嚇しながらこっちを見ている。
手を差し出しても近寄ってこないし、「もういいや」と思って
立ち去ろうとした瞬間、母猫は私とムニを追いかけてきた。
いや、実際には私じゃなくムニを狙っていた。

そりゃ、犬は猫の天敵だし、我が子を守らねば!と犬を
遠ざけようする気持ちはわかる。
だけど、ハッキリ言ってムニはその猫ファミリーには
何の興味も示してなくて、少しもチョッカイ出してないのに、
何でそんなに怒るんだよ。
しまいには、猫パンチまで喰らっちゃうし (たぶんツメが出てたハズ)。

ごめんよ~、ムニ。

教訓。
野良の子猫を見つけても、犬連れだったら決して近づかないこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2005

フランス人と結婚へ その10

外務省へ直接持っていけば翌日発行してもらえるアポスティーユが、
1 週間経っても来ないから心配し始めた矢先の今日届いた。

大使館に提出する書類をまたフランス語にしないといけないのかァ~
面倒くさ~と思っていたら (とは言え、私がやるわけじゃない)、
婚姻要件具備証明の郵送時に、そのフォームは同封されていたらしい。
名前とか住所とかを書き込むだけになっていた。
しかもカレはいつの間にかそれをデータ化して、ほぼ完成させていた。

というわけで、明日、フランス大使館に郵送する。
あとは、カレの出生地の役所がどれだけ迅速な対応をしてくれるかだ。
今月中にLivret de Famille を手にできるといいなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

新しい家がほしい!

今、我が家の近所は建て替えラッシュである。
それを見ているうちに、自分も新しい家がほしいーッ!という
欲求に駆られてきた。

もし、自分が好きなように家を建てるなら…
・ ガラス張りのらせん階段
・ 中庭 + オープンテラス
・ 薪ストーブか暖炉
は絶対だな~。
今の土地と家が自分で買ったものじゃなくて、親のものだったらなァ…
そしたら家を壊して、自分の思いどおりの家に建て替えるのに。

ローン完済まであと30年…
奇跡でも起きないない限り、今の家の建て替えはありえないな。
リフォームでだましだまし死ぬまで住むことになるんだろうか。
そんなのやだーーーー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2005

ミシュランタイヤ

アメリカGPでミシュラン勢が棄権したことについて。

その理由が「安全を保証できないから棄権した」って聞くと、
すごくいいことしたように思えてしまうけど、
よくよく考えてみれば、「私たちのタイヤには、完走するだけの
性能がありません」と言ってるのと同じなんだよね。
ブリヂストンにはできてミシュランにはできませんでしたって
公表するのって、ミシュランにとって得策なのか…?
かえってユーザーの不信感を招くだけのような気がするが…

ブリヂストンは完走できるだけの性能を持ったタイヤを
作ったのだから、ミシュランにだって作れないことはないんだ。
それを作れなかったからって、安全性を理由にシケインを
増やせとか言うなんて卑怯だぞ。

だんだんミシュランに腹が立ってきた……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F1 2005 アメリカGP

出走台数 6 台って……
いくらミシュランタイヤの安全が確保できないからって
装着してる全マシンをリタイアさせるなんて。

これを機に、またルール変更があるんだろうな。
そういう意味では、完走してポイントを獲得する可能性が
ゼロではなかったのにリタイアさせた各チームの判断を
褒めたいと思う。FIAに抗議したようなものだもんね。

もしまたタイヤ交換が認められるようになったら、きっと
フェラーリはバンバン勝ちにいくよ。
そしてバリチェロの笑顔がたくさん見られる日が来る!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2005

フリスキーの猫缶

friski久々に、猫にフリスキーの缶詰をやる。
いつの間にやら、ラベルが新しくなってた。
この猫、超リアルに描いてあるなァ。

なのに何でこんなふざけたポーズしてるんだろ?
林家三平の「どーもすいません」ポーズしてるよ。

なんだ、よく見たらこれ、手じゃなくてシッポじゃないか。
まぎらわしいな、このシッポ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 14, 2005

フランス人と結婚へ その 9

婚姻届記載事項証明をもらってくる。

婚姻要件具備証明書と共にフランス大使館から送られてきた
「外国公文書の認証を不要とする条約 (ハーグ条約) 証明申請書」
とやらを書かなくちゃいけないな。
これがアポスティーユってやつか。

んん?見本はあるが、いまいち書き方がよくわからない…
ま、間違えて書いてたら外務省から連絡がくるだろう…

| | Comments (4) | TrackBack (0)

F1 2005 カナダGP

Canada遅ればせながら、ビデオに録画した
カナダGPを見た。
フェラーリ、というか、バリチェロの活躍を
まったく見られない今シーズンは、私にとってあんまり面白くない。

予選結果を知らずに見る。
シューマッハは好ポジションなのに、バリチェロはピットスタート。
いきなりかよ~。期待薄。

ところがレース終盤になって、前を行くマシンがリタイアや失格で
どんどん減っていく。それに合わせてぐんぐんと順位を上げていって、
終わってみればバリチェロは 3 位フィニッシュ。
シューマッハも 2 位だ。

うれしーい!やっと彼の笑顔が見れた。
彼の笑顔を見ていると、見ている私もうれしくなる。
今週のアメリカGPもこの調子で!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2005

一時行方不明

仕事中、カレから「ポップがいなくなった!」と連絡が。

ポップとは、我が家のアメショのオス猫。
我が家の猫たちは完全室内飼いなので、窓やドアの開放厳禁。
だけどそんなルール、他人が知るわけない。

今日はガスコンロの修理に業者に来てもらったのだが、
その際、作業者がドアをちょっと開けっ放しにしたらしく、
その間にポップは姿をくらましたということだった。

エサや大好きなヒモのオモチャでおびき寄せてみたら?と
返事して数分後。

「見つかった」という連絡が。外に逃げ出したわりには、
ずいぶん早く見つかってよかったなーと思ったら、
ポップはテレビの横に置いているスピーカーの後ろで、
ボールみたいにまん丸になって寝てたんだそうだ。

ったく、何でそんなヘンなところで寝てるんだか。
だけど、そういうところがまた可愛いんだな~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 08, 2005

フランス人と結婚へ その 8

入管へビザの資格変更申請の書類を持っていく。
書類の不備も記載の漏れもなく、あっさりと受理された。
ただ、資格変更 (人文知識・国際業務→配偶者) には
フランスでの結婚証明書が必要なんだそうだ。
まだフランスでは結婚してないんです、と言い張ってみたけど
どんなに日数がかかってもいいから提出しないとダメらしい。

ま、とりあえず、書類を受理され、パスポートに「申請中」の
スタンプを押してもらったから、ビザが切れても
不法滞在扱いになることはない。

次はフランスでの結婚手続きをしなければいけない。

それにはまず、婚姻届記載事項証明とかいうのが必要らしいが、
これは一体どこでもらうものなんだろう?
我が市役所のHPを見てもそんなものないみたいなんだけどな。

今日ですべて終わると思ってたのに…
まだまだ続くのね…

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 06, 2005

やればできる。

6/4のバースデーディナーは、手作りパスタ。
生地はセモリナ粉と卵を混ぜるだけだし、パスタマシンが
あるから薄く伸ばすのだってオチャノコサイサイ。

ソースはどうするかな~といろいろ探してみた結果、
パスタレシピ研究会というblogにあった「牛肉の赤ワインソース」に決定。
手間がかかってて美味しそうだったのが決め手。

ニンジン、セロリ、タマネギをフードプロセッサーにかけた後、
それが焦げないように茶色くなるまで炒めるという
作業があったのだが、正直、これには参りました!
1時間ちかく、ひたすら木ベラを握り締めてかき回してた私。
これが終わった時、本当にうれしかった。

苦労が報われ、美味しいパスタができた。
カレにも好評だった。
料理が好きじゃない私よ、よくガンバった!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 04, 2005

生クリームとチョコレート

結局、間にイチゴとメロンを挟んだ、オーソドックスな
チョコレートクリームのケーキを作ることにした。
生クリームと湯煎したチョコレートを混ぜ合わせる、
サルでも失敗しないような単純なクリーム。

生クリームを軽く泡立て、湯煎したチョコレートにその生クリームを
少し混ぜてチョコレートと生クリームをなじませる。
生クリームがなじんだチョコレートを残りの生クリームに入れ混ぜる。
生クリームにチョコレートを入れると、しっかり泡立ててなくても
ちゃんと固くなるんだ~と感心しつつ、さらによーく混ぜていたら、
何だか急に手元が軽くなって、水分と固形物に分離してしまった!

ショック。奮発して高い動物性の生クリームを買ったのに。
何がいけなかった??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2005

何を作ろうかな~?

明日はカレの誕生日。
特に誰か来る予定も、どこかへ行って食事をする予定もない。
なので私が何かご馳走を作ってあげることにした。

0603今日、伊勢丹に行ってちょっといいワイン、
いのししと栗のテリーヌ (写真)、そして
スーマントラン (Soumaintrain) という
チーズを購入。万が一、料理に失敗しても、
この 3 つで何とかカバーしようという作戦。

さあ、あとは何をメインディッシュに作るかが問題だな。
生地から作る本格派パスタにしようかと思っているけど、
味はどうしよう?

そしてケーキも作っちゃう予定。
買えば間違いないのはわかっているけど、実を言うと、
スポンジケーキの粉があるからそれを使いきりたいだけ。
いずれにせよ、手作りケーキを作るのだ!どんな理由であれ!
スポンジケーキといえば、生クリーム+イチゴ。
だけど今の時期、イチゴは高いから旬の果物で作りたい。
今が旬の果物で、生クリームと相性が良くて、なおかつ
ケーキに最適なものって何なんだろう?

あ~ぁ、アイディアが乏しいために、考えれば考えるほど
やる気が失せていくよ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うちの猫だって!

サンシャイン水族館のミナミコアリクイのタエちゃんが
脱走したというニュース
今朝、テレビでその脱走風景をやってたけど、自分で
引き戸を開けて逃げ出てたんだ~。

それ、うちの猫だってできるよ!
洗面所がうちの唯一の引き戸になってるけど、
歯を磨いたり風呂から上がって体を拭いてる時とかに
突然ガラッと開いたと思えば、そこには猫。

でも、あんな重そうなドアを開けたタエちゃんはすごいな。
そこまでしてそこから出たかったんだね…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »