« August 2005 | Main | October 2005 »

September 30, 2005

さび猫

nya猫の毛色の名前で
私が知ってるのは三毛とキジトラぐらい。
きのう初めて知ったんだけど、
この猫 (うちのニャプー) の毛色の名称、
「さび」なんだって…

確かに、初めてニャプーを見た時、
すごいキッタナイ模様の猫だなとは思ったけど、
まさか「さび」とはね~。
そう言われれば、サビっぽい色だけどさぁ…

「べっこう」とも言うらしいけど、気休めにしかならないわ。
だって、その証拠に「さび猫」と「べっこう猫」を
検索してみると、圧倒的に「さび猫」の方が引っかかるもんね。

それにしても、目つき悪いよ、ニャプー!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 29, 2005

歯磨きのたびに出血。

歯周病?歯槽膿漏?
何だかわからないけど、歯を磨くたびに出血。
いや、歯を磨いてる時じゃなくても、舌で歯ぐきを
強く押しただけでも出血。
もう何年もそんな状態だったりする。
だったら歯医者行けよ、って感じだけど、面倒で面倒で…
だって、「あ、虫歯ありますね、ついでに治しちゃいましょう」
なんて言われたらやだから。

最近になって、歯磨き粉をデンターamino に変えたら、
出血がほとんど治まった!!
この歯磨き粉を選んだのは、単によく行くドラッグストアで
98円で買えたからってだけ。
もともと、歯磨き粉には何のこだわりもないし。

だけど、思いもよらぬ効果にビックリよ~。
これからは歯磨き粉はデンターamino 1 本だな!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 27, 2005

花より団子なうちの庭

改造中の庭に、アンズの木とハーブを植えることにした。

アンズは、きのうカレが島忠にて300円で購入。
安いだけあって、かなり貧弱。
ちゃんと成長してくれるのかどうか…怪しい。

ハーブは、ロシアンタラゴンとスイバの種を東急ハンズにて購入。
埼玉のホームセンターでは扱ってないのである。
スイバを買うつもりはなかったけど、カレがホームセンターへ
行くたびに探すので買ってみた。

ロシアンタラゴン
タラゴンには、フレンチタラゴンとロシアタラゴンがある。
フレンチタラゴンは不稔性なので種が存在しない。
本当はフレンチの方が欲しかったけど、種はないし、
苗を扱っているところも見つからないから、ロシアンで我慢だ。
フレンチの方が、香りが強くて料理向きだからいいんだけどな…
スイバ
漢字で「酢葉」と書き、地域によっては「スカンポ」とも呼ぶそうだ。
私はまったく知らなかったけど、畦とか土手とか
野原みたいなところにフツーに生えてる植物らしい。
種なんか買う必要なかったんじゃないのかしらん…

冬のうちの庭はあまり日当たりがよくないけど、
みんなちゃんと育ってくれるかな~。
しかし、うちにある植物は、ほとんど食べれるものばっかりだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2005

F1 2005 ブラジルGP

Brasilバリチェロは、またもや故郷に錦を飾れず、か…
好調なフェラーリを駆ってもできなかったんだから、
彼がホームグランプリで優勝することはないな。
どう考えても、BARじゃ無理。

史上最年少でアロンソがタイトル獲得ということで、
「新時代到来」という文字をあちこちで見かける。
とはいうけど、単にフェラーリの調子が悪くて、
シューマッハが思い通りに走れなかったから、
今季はポイントレースに絡んでこなかっただけで、
もしフェラーリが来季に調子を上げてきたら、
本当にアロンソはシューマッハに勝てるのか?

ルノー、マクラーレン、フェラーリが同レベルのマシンで戦って、
それでアロンソやライコネンが年間王者になったら、
その時が「新時代」なんじゃないのかな?

| | Comments (3) | TrackBack (1)

September 25, 2005

ザ・インタープリター

interpreterパッとしない映画だったナァ…
ニコール・キッドマンにショーン・ペン、
国連本部での撮影…ときたから、当然
期待していたんだけど、その期待を
見事に裏切る映画っていうか…

ニコール・キッドマンがキレイすぎて、
あの顔とアフリカが関連付かないのがいけない。

あの顔は鑑賞するためのものだ。
この前のシャネルのCMみたいのが似合ってると
私は思うんだけどな~。

ニコール・キッドマンがデカイからか、ショーン・ペンが小さく見えた。
それが何だか「オトコができて出ていった妻を、2 週間前に
交通事故で亡くした」という役の哀れさに拍車をかけているような。
調べたところ、ショーンは182cm、ニコールは178cm だそうである。
男としては決して低くはないが、女の方にこれだけの上背があると
小さく見えるよな、やっぱり。

と、映画を観ながらそんなことばっかり考えてしまった。

ザ・インタープリターのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

PLAYBOY

playboy女ながらも立ち読みしてきた。
理由は単純明快、シン・シティを
特集してるから、ブルース・ウィリスの写真や
インタビューがあると思って。

でもやっぱり、女 1 人でPLAYBOYを
立ち読みしてるのは異常な感じがするので、
カレに探してもらって、一緒に立ち読みしたけど。

と言いつつ、実は過去に一度、PLAYBOYを買ったことがある。
その時もブルース・ウィリスがらみ。
カッコイイ写真があったから買うことにしたんだけど、この時も
かなり勇気が要った。
買ってこいって頼まれちゃって~、みたいなフリして雑誌を
手にとってレジへ行ったっけね…

今回はブルース・ウィリスについての収穫は何もなかったけど、
ジェシカ・アルバのカバーの写真がいいね!カッコイイ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 24, 2005

パンプキンパイ

pumpkin_pieかぼちゃコロッケを作ろうと、
かぼちゃを丸 1 コ買ったけど、
コロッケだけのためには
ちょっと多すぎた。

というわけで、パンプキンパイを作ってみた。
パイ生地は冷凍シートを使ったから、超カンタン。
いちばん大変だったのはかぼちゃの裏ごしぐらい。

きのうの夜に焼いて、今朝の朝食に食べてみた。
イケル。おいしい。久しぶりに成功した。

だけど、カレはかぼちゃは嫌いなんだとさ…
コロッケもパイも食べないって…
何が嫌なわけ?と聞いてみたら、
「あれはアメリカ人の食べる物だ」
って言われた。
そんなことはないと思うんだけどな…
マ、食べたくないならそれでいいよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 23, 2005

古い写真、発見。

なくなったと思っていたミルキーやムニの、うちに
来たばかりの頃の写真を発見!
MILKY1ミルキー。
不二家の「ミルキー」と並べて撮った写真も
あったはずなんだけど…
あれはどこ行っちゃったんだろ。

titoune2ムニ。
昔から風呂が嫌いだったのね…と改めて思う。
そんな悲しい目しちゃってさ。
それにしてもずいぶん耳がデカイなー。

現在、ミルキーは 6 歳、ムニは 5 歳半。
月日というのは早いものだ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2005

うたばんを見る

邦楽は聴かないので、このテの音楽番組はまったく見ない。
でも今日はBon Jovi が出るということなので見てみた。

今回、何年ぶりかにBon Jovi を見て、いろんな記憶が蘇る。

いちばん熱を上げていたのは17、18歳の高校生の頃だった。
そうそう、アメリカのファンクラブに入っていたっけ。
それから93年の横浜文化体育館の日本公演最終日、3 万円も
ダフ屋に払って行ったよな~。そしてこっそり写真も撮ったっけ。

それほど大好きだったBon Jovi なのに、いつの間にか私は
彼らの音楽を聴かなくなった。
そしてMetallica、Anthrax、さらにはChemical Brothers と、
まったく違う路線へ私は進んでしまった。

でもやっぱり彼らの音楽を聴くとしみじみする。
私の人生を大きく変えた存在だしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その幸運、私にもください。

仏の失業親子、宝くじで100億円、だって。いいな~。スゴイな~。

カレにロト 6 でもやらせようかしらん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

来季のBAR

バトンのBAR残留が決定した。
いつの間にか、バリチェロの移籍も決定していた。
マッサがフェラーリの2nd ドライバーとして起用されたことは
話題になったけど、バリチェロのBAR移籍はあまり話題に
ならなかったな…
私が気づかなかっただけか?

来季のBARはバリチェロとバトンか~。
この場合、どっちがNo.2 扱いになるのかな?
キャリアからすればバリチェロがNo.1 だろう。
でもバトンにしてみれば、優勝こそないものの、3 年もBARで
貢献しているわけだから、No.1 の座は譲りたくないだろうしなぁ…
わたし的には、是非バリチェロにNo.1 になってほしいけど。

佐藤琢磨はどうなるのだろうか?
活躍できる場が見つかることを祈る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2005

MACデビュー

3 年前に買ったきり、放置されていたeMac
買ったのはカレだけど、その直後に失業し、要らぬモノと
化したのであった…

最近になってカレが使っていたDELLがトロイの木馬にやられ、
レジストリを書き換えるのはコワイし、たいしたデータはないから
OSを再インストールしようと思ったけど、それもうまくいかず、
もう 1 つのDELLを 2 人で共有して使うことにした。
だけど、自分が使いたい時に使えないというのはかなり不便。
で、カレが「自分はeMac を使う」と言い出した。

ようやく日の目を見たeMac。
しかし、フランスのTVを見るためにWindows Media Player を
インストールしようとしてもうまくいかない。
キーボードは打ちづらい。
使ったことのあるMacOS 9 と違うから使いにくい…と、毒づくカレ。

結局、Windows Media Player がインストールできなかったのは、
OSのバージョンを最新にしていなかったことと、
ダウンロードしたものを解凍するソフトがなかったためと判明し、
Macなんか触ったこともない私がOSをアップデートし、
解凍ソフトをインストールし、WMPもインストール。
これで完璧!いつでも使えるよ!とカレに言ってはみたものの、
「うん」と言うだけで使う気配ナシ。

というわけで、もったいないので私がeMac を使うことにした。
しばらく、パソコン初心者になるのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2005

パン・ド・カンパーニュ、再び。

連休も 4 日目となると、さすがにすることがない…
今日は暑いし、パン作りにはもってこいだな~というわけで、
パン・ド・カンパーニュに再挑戦。

0918今日も失敗だ…
まず、塩を入れすぎた。
というか、砂糖と塩の量を逆にしていた。
しょっぱいはずだわ…

そして今回も気泡がない。ナゼ?

パン作りって難しいナァ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2005

い、痛い…

sunburn今頃になって日焼けした…!!
きのう、何も考えずに、午前中の 2 時間半、
太陽に背中を向けて作業していたら
このザマ。かなり痛い。

今日は、きのうより痛い。
服の脱ぎ着がツライよ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

午後の部

0906_2こんな感じになった。

肩と腰がかなりキテる。疲れた~。

このニセ枕木、とても軽いから、踏むと
木が浮いたりズレたりしてしまう。
そこまでは考えが及ばなかった。
どうしよう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

午前の部

0916約2時間半で、ここまでできた。

作業を始めてすぐ、農婦風なおばあさんが
「こんにちは」とやって来た。
うちは行き止まりの場所にあるけど、
向かいの不動産屋の敷地を通ると、
カンタンに16号へ抜けられるため、
昼間は結構人通りがある。

通りすがりのバアサンか…と、とりあえずあいさつだけして
また黙々と枕木を敷いていたら、「雑草がすごいねェ」と言う。
フン、これでも夏に頑張ってかなり抜いたんだよ!
と言うわけにもいかず、「ハァ…」と聞き流していたら、
「抜いてあげようか?」と言うじゃないか。
すかさず私は「いえ、結構です。自分でできるから」と答えた。

早くどこか行けばいいのに、それでもまだウロウロして、
次は「あ、芝生やるの?どれぐらいあるの?1 束?あ、3 束?
砂利もいっぱいあるねェ。これ、取らないとダメだね」などと言ってくる。
だんだん不愉快になってきて、ほとんど無視している私を横目に、
何やら計算していたと思ったら、「2,400円で芝生やってあげようか?」
だって!

それが言いたかったのか!
稲刈りも終わって、ヒマになった農家のバアサンがバイト探してる?

「そんなお金がないから、こうやって自分でやってるんですよ」と
私が言ったら、バアサンはどこかへ消えてしまったけど、
よくよく考えると2,400円でやってくれるって安いよな。

…イカン、イカン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やるぞー!

さあ!今日も休みで 4 連休。
日差しも弱いし、涼しいのでガーデニング日和だ。
枕木並べて、芝生を敷いて、美しい庭を完成させよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2005

どうなってるのか、米国の航空会社は?

デルタ航空とノースウエスト航空が破産申請というニュース。
感慨深いものがある。

初めての海外旅行はロサンゼルス。
その時乗った飛行機がデルタ航空だった。
その約半年後、私はホームステイをするために、
再びデルタ航空でアメリカへ。
そしてその 1 ヵ月後、早々に日本への帰国を決意。
チケットはホストファミリーに「とにかく安いのを」とお願いして、
取ってもらったのがノースウエストだった。

デルタについては特に感想はないんだけど、
NWはいろいろ思うことがあった。
LA発のその飛行機は、東京経由北京行きという便だったせいで、
周りはほとんど中国人、聞こえるのは中国語ばかり。
何もすることがない機内、こうなると楽しみは機内食だけだけど、
この機内食がまたサイテー!
私は洋食を選んだけど、まったく食欲をそそらない見た目と味。
和食もあり、隣の人のそれを見てみたら、
いわゆる和食とはほど遠く、中華のようにも見えるし、
かと言って中華と言い切ることもできないシロモノ。

私の青春の 1 ページがよみがえったニュースであった…

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 13, 2005

バードケージ

birdcage今日は近所のビデオレンタル屋が
半額セールの日なので、「最凶女装計画」を
狙って行ってみたが、やっぱりなかった。
ズーランダーが大失敗だっただけに、
ますます笑える映画が観たくて仕方ない。

半額だから何か借りなくちゃと、コメディの
コーナーをウロウロして選んだのがコレ。
出演は、ロビン・ウィリアムズ、ジーン・ハックマン、
アリーmyラブ
のキャリスタ・フロックハートなど。

これは成功だった。
私の笑いのツボは、こういう映画で満たされるようだ。
シリアスな役の印象が強いR. ウィリアムズがゲイの役?!!って
思ったけど、よくよく考えたらミセス・ダウトって映画があったっけ。
そのパートナーのゲイ役を演じるネイサン・レインは、実生活も
こんな感じなのでは?と思わせる演技っぷり。
話の流れから、そう来るだろうとは思ったけど、G. ハックマンが
女装してるのには驚いた。この人、こういうこともするんだ…

この映画は 1 人で観た。
後でカレに「面白かったよ」と言ったら、「アメリカ版はつまらない」と一蹴。
私は知らなかったけど、もともとはフランスの舞台劇だったそうだ。
それがフランスで「Mr.レディ Mr.マダム」というタイトルで映画化され、
その18年後に今回の作品、ということらしい。
カレは「Mr.レディ Mr.マダム」の方が面白いと言っているので、
今度はそっちを観てみようかな。

バードケージのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 12, 2005

憧れの枕木…?!

before今はこんなに殺風景な家の東側の
通路スペースに、枕木を敷いて、
その間を芝生か砂利で埋めることにした。

それにはまず、枕木を買わなければいけない。
だけど枕木ってすごく高い。
飛び石でもいいけど、それだって安くない。

さあどうする…と、とりあえず行った島忠で、幅15cm、
長さ 2 mほどのいい感じの木材を発見。
それを45cmに切って、防腐・防虫を兼ねたこげ茶色の
ペンキを塗って、枕木もどきを作ることにした。

makuragi


というわけでできたのが上の写真。
本物の枕木と比べたら、いかにもオモチャっぽいけど、
色はそれらしいし、庭に置いてしまえばわかるまい。

afterきのう、枕木もどきが20コほど作成できたので、
今日、ヒマなカレに庭に置いてみてもらった。

アッ、なかなかいい感じ!

1 本278円の木材が10本、ペンキ1,449円。
ガーデニングも、やれば安上がりにできるもんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ズーランダー

zooアホみたいな映画が無性に観たくて、
ずーっと最凶女装計画を狙っているんだけど、
近所のレンタル屋には1本しか
置いてなくて、なかなか借りられない…

というわけで、仕方なく借りてみた。


ベン・スティラーの映画だから、結構期待していたんだけど、
私の笑いのツボには全然はまらず。すごくつまらない。
アホらしさは感じるけど、「クドイよ、もう!」と言いたくなる。
濃すぎる、っていう感じかな。
そういうのは、オースティン・パワーズで十分!

いろんな有名人がちょこちょこ出てるのは楽しかったけどね…
デヴィット・ボウイにはビックリしたよ!

ズーランダーのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

September 11, 2005

とりあえず、芝生。

ようやくホームセンターで芝生を見かけるようになったので、
夏の間に除草して、土がむき出しになった南側の庭に芝生を敷いた。

0911こんなんでいいのかしら…
土も、芝用に特別何かしたわけでもないし。
石は取り除くってあったけど、思いっきり石も混じってるし。
土の上にポンポンと載せてっただけだし…

来年の夏に、緑の庭になってるのだろうか?

あ、ちなみに写真の真ん中下あたり、うっそうとしているのも芝生。
引っ越し当時に家の東側に植えたやつの生き残りを移植してみた。
今現在、何とか根付いてるみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

消えたレタス

植えた翌日に 1 つが跡形もなくなくなった。
翌々日には、もう 1 つも葉がすべて取れて、根っこだけに…

去年、サンチュを植えた時は結構続いたんだけどな。
サニーレタスはうちの庭と相性が悪いのかもしれない。

0910そしてピーマン。
ややシシトウ似の風貌だ。
全体的なバランスからして、もうこれが限界?
隣には、新たにもう 1 つできている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

ナショナル・トレジャー

nationalアビエイターよりオペラ座の怪人より、
これが見たかった!
ようやくレンタルできた。
これを借りに店に行くといつもないから、
結局それほど見たいわけでもなかった
アビエイターとかを借りてただけなのである。


まず、ディズニー映画だってことにビックリ。
ディズニー映画っていうと、アニメだけかと思ってたけど。
まあでも、見終わってみればディズニーらしいかもな、
という気がしないでもない。

独立宣言書とか、ベンジャミン・フランクリンとか、
現存するものや実在した人が謎解きのカギになっているから、
ノンフィクションだったりするのか?と思ったけど、
思いっきりフィクションだった。
私がこどもだったら、すっかり騙されていたな。
とはいえ、少しは信じたわけだから、まだまだアタマは
こどもってことか…

ナショナル・トレジャーの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 09, 2005

シン・シティ

sin_cityシン・シティ 10/1 公開

いつものブルース・ウィリスの映画とは、
ちょっと雰囲気が違うけど、すごく面白そう!
そして豪華な出演者たち。



ちなみに、私はジェシカ・アルバも好き。
ダーク・エンジェルで見て「こんなカオとカラダだったらナァ」と思った。
同性ながら、そんなふうに彼女のことを思った。
未だにダーク・エンジェルのイメージが強すぎる彼女。
やっぱり、この映画やファンタスティック・フォーみたいな、
ちょっとフツーじゃない役が似合ってる。

と、ここまで興味を持ちつつも、たぶん映画館では観ないだろう。
でもレンタルじゃなくて、ちゃんとDVD買うからね。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

September 08, 2005

本を読むことは大切だね。

この漢字、何て読むか?

松本清張の短編集に出てきた。

ふりがながなく、調べるのが面倒だったから、
とりあえずすっ飛ばして読んでいたんだけど、
今日、やっと読みを調べてみた。

へーぇ、なるほど、これって漢字で書くとコレになるんだ!
初めて知った!とすごく驚いた私。
いやぁ、いい勉強になった。
やっぱり、たまには本を読まなければダメだね。

答えは「カラス」。

もしかして、これってわかって当たり前の漢字だった?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2005

台風14号

その影響で、今朝遭遇したもの 2 つ 。

その 1
東武野田線の倒木。
七里~大和田間で、ゆるゆると電車のスピードが落ちた。
車掌が「電車が止まります」と言ったきり、何のアナウンスもない。
しばらくして「線路に倒木がある」というアナウンス。
確かに台風のせいで風は強いけど、木が倒れるほどか?
線路脇を一生懸命見てみたけど、それらしい形跡はなかった…
本当に倒木だったのか?

その 2
踏ん張ってるハト。
新宿から会社へと、御苑脇を歩く。
大木戸門の前にハトが20羽ぐらいいた。
皆、強風に飛ばされないように、足をハの字にして
身じろぎもせずに踏ん張っているじゃないか。
この光景は、かなり面白い。ウケた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2005

冬支度

庭の夏の野菜たちもピークを過ぎたので、先週末に一掃。
ちょっとは土を休ませないといけないことを知りつつも、
間髪入れず、冬野菜を植える。
ついでに、プランターのピーマンもお引っ越し。

夏に汗だくになって除草した雑草を、腐葉土になればいいな~と、
捨てずに庭の片隅に山積みしていた。
ほじくり返してみたら、かなりいい感じで下の方は土化していた。
ミミズは見当たらなかったけど、カブトムシの幼虫 (たぶん) がいた。
良い土ができてる証拠かな?
結構な数のゴキブリ (!) が出てきたのには閉口したけど…

0905下段、左からレタス× 2、芽キャベツ× 2、ピーマン× 2。
上段、左から紫キャベツ× 1、カリフラワー× 3、ピーマン× 1。
見栄えの悪いアーチ型の棒は、犬進入禁止用に。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 05, 2005

アビエイター

aviatorレオナルド・ディカプリオの
顔が嫌いだし、ハワード・ヒューズの
生涯にも興味ないし、観たいとは全然
思ってなかったんだけど、アカデミー賞で
ずいぶん話題になっていたから、
とりあえず観ておくことにした。

そもそも、ハワード・ヒューズという
名前すら知らなかった私。カレからものすごく呆れられた。
日本人でこの名前知らない人って、結構多いんじゃないのかな~。
名前は知ってても、何をした人なのかってことを知ってる人も
そう多くないと思うけどな。

ハワード・ヒューズという人は、エネルギッシュで夢に向かって
ひたすら生きてきたような人だということがわかった。
そのためなら、お金や人を惜しみなく使うようなドーン!とした人なのに、
病的なまでの潔癖症とは…

最初から興味なく観た映画なので、感想も「すごい人だけど、
ちょっと可哀そうな人でもあるな」といったところ。

しかし、やっぱりディカプリオの顔は嫌いだ。
ああもヒゲの似合わない白人男性も珍しいもんだ。

アビエイターのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

オペラ座の怪人

operaオペラ、ミュージカル、バレエ、
芝居、歌舞伎…いわゆる舞台芸術を、
自慢じゃないけど 1 回も見たことがない。

私はこの映画を、オペラを
映画化したものだと思っていた。
つまり、「オペラに興味のない人にも
オペラ座の怪人を」みたいなコンセプトで
作られた映画で、セリフは歌ではなくて、普通にしゃべってるものだと。

有名な作品だし、舞台版を見ることはこの先も
絶対にないだろうから、この映画でオペラ座の怪人を
見ておくか、と思ってレンタルしたのに…

映画そのものの感想はあまりない。
だって、セリフがほとんど歌だったから…それだけでもうダメ。
オペラ座や地下洞窟のセットがすごいなー、って感じ。

私には、こういう芸術、まったく向いてないらしい…

オペラ座の怪人のあらすじ

| | Comments (2) | TrackBack (2)

September 04, 2005

天城越え

石川さゆりのじゃなくて、松本清張の方の小説。

「阿刀田高編集 松本清張小説セレクション34 短編集Ⅲ」を
図書館で借りたので、早速読む。

短編集なので、他の作品もいろいろある。
天城越えは 3 つめ。1 つめを読み終わり、2 つめは「危険な斜面」。
だんだん話が終盤に近づいてきた。
"彼女と会った三年前と少しも変らぬ呉服屋が修善寺まで…"

ん?何だ、これ?すごい変な文だけど?
左下を見ると作品名が「天城越え」になっている。
さらに右と左のページ数を見れば、82と95!

オイオイオイ~
10ページ近く抜けてるじゃないの~
自然に剥がれ落ちたのか、はたまた故意に引き剥がされたのか…
とにかく肝心なページがない。
「危険な斜面」の結末もわからない、「天城越え」の序章も
わからないんじゃ話にならないよ!

こういう場合、図書館に言うべきなんだろうか?
カレにそう話したら「自分がやったと思われるよ」って言うんだけど…
自分でやって、わざわざ「ページが抜けてますよ」なんて報告するか?

代わりの本を借りたいけど、他のがあるかどうか…
チェッ、せっかく楽しく読んでたのにィ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2005

春日部市立図書館

春日部在住歴、早 6 年。
初めて市立図書館に行ってみた。

何しに?って、そりゃもちろん本を借りに。
今朝の朝日新聞 be on Saturday の「愛の旅人」が松本清張の
「天城越え」だったから、唐突にそれが読みたくなったってわけ。

隠してたわけじゃないけど、私は松本清張の小説が好きだ。
でもまだ「天城越え」は読んだことがないことに今日気づいた。

春日部市立図書館って、外見が 2 階建てっぽいから、
デカイ図書館かと思ってたけど、2 階は別のことに
使っているみたいで、本が置いてあるのは 1 階だけ。
そうなると、たいしたスペースじゃない。
本の量も、前に私が住んでいた目黒区大岡山で最寄りの
図書館だった緑が丘図書館の方が多いような……

とりあえずお目当ての松本清張の本は見つかったので
ヨシとする。
だけど、市立図書館なんだから、もうちょっと蔵書を増やしても
いいんじゃあ…

| | TrackBack (0)

パン・ド・カンパーニュ

パン・ド・カンパーニュに初挑戦。
材料はとってもシンプル。
強力粉: 250g
全粒粉: 50g
塩: 6g
砂糖: 13g
ドライイースト: 4g
ぬるま湯: 190ml

まず、ぬるま湯でドライイーストを溶かしておく。
次に、ボウルに強力粉、全粒粉、塩を入れ、泡立て器で軽く混ぜ、
そこへ砂糖と溶いたドライイーストを入れ、叩きつけるように
なめらかになるまで捏ねる。
捏ね上がったら一次発酵 (40分)。
1発酵前はこんな感じ。




発酵が終わったら、ガス抜きして、15分のベンチタイム。
2一次発酵、ガス抜き後はこんな感じ。
いい感じに膨らんだ。



形成して二次発酵させ (50分)、生地が 2 倍ぐらいまで膨らんだら
オーブンへ。
220℃で10分、180℃で30分焼く。

こんなのが焼き上がった。
34




正直、失敗。
ガス抜きの時点で失敗したようで、二次発酵がうまくいかなかった。
だって、ガス抜きの仕方がわからなかったんだもん。
せっかく膨らんだのに捏ねまくっちゃダメだよナァと思い、
優しく丸め直した、って感じだったから。

そのせいか、焼き上がったパンには気泡がまったくない。
もっと中に空気が入って、中はふっくらなるはずなのに。
ガス抜きの方法はちゃんと調べたから、また明日作ろうかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2005

ハズカシーッ!

明日、パンを焼こうと思って、それに必要な全粒粉を買いに
大宮の成城石井に行く。
せっかく寄ったんだから、フロマージュブランやピクルス、
ワインも買っちゃおう。あ、Kiri もまとめ売りで安いじゃん!
どうせ食べるんだから買っておこうーっと。
…と、ガンガンかごへ入れていく。

財布の中には300円しかないから、支払いは当然カード。
「これでお願いします」とカードを差し出し、待つことしばし。
店員さんがレシートを持ってこっちを向いたから、ハイハイ、
サインね~と思った瞬間、店員さんが言った。

「あのー、これ、8 月で期限が切れてます」

キャー恥ずかしいーッ!

買った商品はすでに全部袋に入っている。
でも現金も他のクレジットカードも持ってない。
どう考えても 1 つも買えないじゃないの。
「じゃあ、いいです、スミマセン」と、何も買わずに店を出る。

カードの有効期限が 8 月だったってこと、すっかり忘れてた。
しばらくは大宮の成城石井へは行けないよォ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

今頃、ピーマン。

greenpepperスーパーで買ったピーマンの種を蒔いた。
ちょうど夏が始まった頃だったと思う。
ほとんど発芽することなかったが、
その中でいちばんよく成長していた 1 つを庭に、
さらにいくらかマシな 3 つをプランターに移した。

真夏になっても、まったく成長する気配がない。
でも小さいながらももしかして…と期待し、水だけはやっていた。
一応、花は咲いていたけど、咲くだけ、って感じだった。
カエルの声が聞こえなくなり、虫の音だけが聞こえるようになった頃には、
水すらやらず、プランターは雑草も生え放題。
もう夏も過ぎたし、近いうち片付けるか、と思っていた矢先の今朝、
何気なくプランターを見たら、ピーマンが…!
けなげにもガンバっていたんだね。

今日からまた水をやるから、大きくなれよ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 01, 2005

今日は防災の日

というわけで、防災について考えてみる。
…いや、防災というより、職場で大地震に遭遇したら、か。
埼玉都民なので、確実に帰宅難民になるだろう。

最悪の「自力で歩いて帰る」場合について考えてみよう。
とりあえず新宿から荒川を目指すことになるだろう。
そして荒川を無事に渡れたら、その後の目安は岩槻ICか?
ということは大まかにわかっても、じゃあどの道を行けば
いいのかさっぱりわからん。
やっぱり、今話題の「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」を
買っておいた方がいいのだろうか。

だけど、いちばん心配なのは、猫のことだ。
うちには背の高い本棚がいっぱいあるから、もしもそれの
下敷きになったら…揺れた拍子に窓やドアが開いて、
そこから逃げ出してしまったら…とか、考え出すとキリがない。
(犬ももちろん心配だけど、外にいるから建物の下敷きになる
可能性も低いし、何となく逃げ出したりしない気がする)

まあ、犬猫には、そういうことを予知する能力がありそうだから、
前日からさっさと安全な場所に避難してるかもしれないな。

……っていうか、家がつぶれたらどうする!?
それがいちばん問題だよナァ……

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »