« 市松模様になるはずだったのに… | Main | ツイてない »

November 04, 2005

格闘技じゃないじゃん

今朝の芸能ニュースで、和泉元彌のプロレスデビュー戦を
やってたのでつい見てしまったんだけど…

プロレスって、格闘技じゃなくてショーなんだということを知った。

八百長ではないにしろ、事前に打ち合わせしてあって、
何もかもがシナリオどおりに動いてるんだよね?
そうじゃなきゃ、あんなへなちょこナントカチョップで
敵がダウンするなんてありえないし。
となると、かなりの演技力が必要となってくるから、
それはそれですごいとは思うけど。

だけど、あんな芝居がかったもの見て、楽しいのかしらん?

|

« 市松模様になるはずだったのに… | Main | ツイてない »

Comments

中学生のとき、
先生の家にプロレス団体に勤めだした教え子が来て、
「あ、今日は○○が勝ちます」と予定を教えてくれたそうです。
決まっているそうです。
いかに上手に格闘するか…みたいです。
「興行」ですから…?
芝居がかっているのはヘタな証拠かもしれませんよ~。

Posted by: やな | November 04, 2005 at 16:08

八百長というかショーだよ。
ある程度本気でやるけどね。

でも和泉元彌が出場したハッスルは
まさにショーなんだよ。

Posted by: tsuyoshi | November 04, 2005 at 16:31

> やなさん
上手に格闘…(笑)
やっぱり最初から勝ち負けを決めた上で試合するんですね。
流血は…もしかして血糊だったり?!

> tsuyoshiさん
ああいうショーの楽しみというのは何なんでしょうか?
私には理解できないヨ。
ショーだと思えば、和泉元彌が出た気も何となくわかるような…
結局目立ちたがり屋さんなのね、母子ともども。

Posted by: chibiaya | November 04, 2005 at 21:19

子供の時に見てた流血は偽物、
最近偽物の流血は無いと思うから
実際血が出てたら本物だね。

>ああいうショーの楽しみというのは何なんでしょうか?
戦隊物のアクションを見て楽しむのと同じ感覚じゃないのかな。

Posted by: tsuyoshi | November 04, 2005 at 23:04

ほーぉ、そういう目で見ればいいのか。なるほどねェ。
って言っても、生まれてこの方、ナントカレンジャーみたいのは、
一度も見たことがないので、どんなものかわかんないんだけどネ。

Posted by: chibiaya | November 05, 2005 at 00:07

そうそう、ちなみに K-1とかプライドはマジだから。
そりゃ分かっているか。

Posted by: tsuyoshi | November 05, 2005 at 02:58

うん、それは大丈夫。
あれが芝居なら…この世のすべてが信じられなくなりそう (笑)

Posted by: chibiaya | November 05, 2005 at 10:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/6890099

Listed below are links to weblogs that reference 格闘技じゃないじゃん:

« 市松模様になるはずだったのに… | Main | ツイてない »