« そば粉のガレット | Main | トンネル »

January 10, 2006

25時

25thエドワード・ノートン主演。

収監される直前のドラッグ・ディーラーの
25時間を描いた作品。

静かに、淡々と話は進行していくけれど、
そのワンシーンごとに重みや深みがある。


たまに人生に絶望感を抱くうちのカレの言動とダブるところもあり、
主人公モンティが恋人のナチュレルとさよならするシーンは、
ちょっと他人事には思えなかったのであった…

25時の公式サイト

|

« そば粉のガレット | Main | トンネル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/8093571

Listed below are links to weblogs that reference 25時:

« そば粉のガレット | Main | トンネル »