« デトロイト・ロック・シティ | Main | Cake aux fruits »

January 22, 2006

ヒトラー ~最期の12日間~

hitlerそのタイトルどおり、ヒトラーが
自決するまでの12日間を
ヒトラーの秘書ユンゲの目線から
描いた作品。

ヒトラー演じるブルーノ・ガンツが
驚くほどヒトラーに似せている。

ヒトラーというと、ナチスやアウシュビッツが思い浮かび、
冷血漢で血の通っていない人間のようなイメージがある。
でもこの作品では、ヒトラーが「ひとりの人間」として描かれている。

私の、ヒトラーに対するイメージは、この作品でかなり変わった。
だからって、彼のやったことを間違ってなかったとは思わないし、
彼の考えに賛成することはできないけど。

心にズンとくる映画だった。

ヒトラー ~最期の12日間~ のあらすじ

|

« デトロイト・ロック・シティ | Main | Cake aux fruits »

Comments

これ、本で読んでる最中なんだ。

今までは、アンネの日記のヒトラーのイメージが強かったんだけど、ヒトラーも人間なんだよなぁ…と気付く作品だよね。
DVDを見た方が早そうだね(笑)
本は、すごい描写が細かくて読んでて辛いのよ(汗)

Posted by: maki | January 22, 2006 at 15:43

本で読んでるの?スゴイねー。
私はカタカナの名前を覚えるのが苦手で、
この名前は何の誰だったか?って
いちいちページをめくり返しては読む、
みたいな読み方になるから、大変なんだよね~。

映画なら、名前が覚えられなくても顔で
区別できるしね…と言いつつ、今回はそれも
なかなか難しく…こういう時は、ページを戻せる
本の方がいいのかもしれないなぁ。

Posted by: chibiaya | January 22, 2006 at 23:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/8277033

Listed below are links to weblogs that reference ヒトラー ~最期の12日間~:

« デトロイト・ロック・シティ | Main | Cake aux fruits »