« December 2005 | Main | February 2006 »

January 31, 2006

サンダンス映画祭

カレが見ていたCNNを一緒に何気なく見ていたら、
サンダンス映画祭のことをやっていた。

Wikipedia より
アメリカの映画祭。毎年ユタ州のパーク・シティで開催される。
インディペンデント映画を対象とする。

さらなる詳細はコチラ

海外の映画祭といえば、カンヌとベルリンとモスクワぐらいしか
思い浮かばないけど、アメリカにもこういうのがあったんだ。

と、画面に突然、ブルース・ウィリス似の男性が。
「アッ、この人、よく似てる~」と言ってから気づいた。本人だ。
あら、いやだ、私ったら。
ブルース・ウィリスを見るの、すっごく久しぶり。

だけど、ブルース・ウィリスが出たのはこの一瞬だった。
あとは、この映画の主役らしい、ブリトニー・スピアーズの
元カレのジャスティン・ティンバーレイクと監督ばっかり。
映画のタイトルすら確認できなかったし…チェッチェッ。

というわけで、改めて調べてみた。
「Alpha Dog」という、実話に基づいて作られた映画らしい。
あんまり詳しいことはわからないけど、誘拐殺人事件を起こした
ドラッグディーラーの話のようである。
個人的にはこういう話、大好き。
公開 (といっても映画館へは行かないけど) が楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 30, 2006

本日のニュース

ニュース その 1
ニャプーの健康が証明されました。
血液検査の結果、血清総サイロキシン (T4) の数値が、
基準値を下回っていました。
参考基準値は、0.5~3.0 μg/dl で、ニャプーは2.8でした。

余裕でクリア、というわけではないのがちょっと気になるし、
8,000円をトブに捨てたようなことになっちゃったけど、
これで安心を買ったと思えば……くうぅ… (涙)

ニュース その 2
フランスから猫の薬が届きました。
Pharmapost という店に注文したものの、ウンともスンとも
言ってこないので、一刻も早くピルが欲しかった飼い主は
BeautyCenter という別の店にも注文。
結局、Pharmapost の方が早く届いたんだけど、
前にも書いたように、それは今、税関で止められている。
今日、書類一式を農水省に送ったから、今週中に何とかなるかな…と
思っていたら、BeautyCenter から普通郵便で来た!
ラベルには、商品名のところに「cosmetic」と書いてある。

なるほど~!販売業者がちょっとアタマ使えば、税関の網なんか
カンタンにくぐり抜けられるんだね~!と感心しつつ、
これで今日からぐっすり熟睡だぁー!と、喜々として
小包を開けたら、そこには別の薬が……
カレ曰く、皮膚の薬 (でも錠剤) なんだそうだ…
コッチは間違いなく注文したから、絶対にアッチのミス。

そんなことより、今日もまた寝られない…ということの方が重大。
最近、電車で立ちながらでも寝れそうなぐらい睡眠不足。
あぁ夜の静寂が懐かしい…

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

自家製ガレット・デ・ロワ。

galetteカレが作ったガレット・デ・ロワ。
ハッキリ言って失敗。
だから冷凍のパイシートを使えば
よかったのにィ~。

なぜか中央がポッコリ盛り上がっていて、何だか壷焼きシチューみたい。
それに、表面の模様も……サビシすぎる…
あ、でもそれについては、じゃあオマエがやれば?と言われると
アレなので、素人が作るんだもん、そんなものよね (笑)

中のアーモンドクリームは濃厚かつラム酒も効いててグーなんだけど、
問題はパイ生地で…全然パイじゃない。
層になってない上に、妙に硬くて…バターの少ないクッキーみたい。
これはこれでマズくはないから、ガレット・デ・ロワだと思わなければ
「このお菓子、美味しいね!」って感じで食べられる。

パイ生地のレシピを調べてみて、その原因がわかったかも…
たぶんカレは、パイ生地の基本工程だけで済ませてしまったっぽい。
何層にもなっているパイシートにするには、その後にバターを
折り込んでいく作業をしなければいけなかったのに。

気合い入れてパイ生地を作った結果がコレだったもので、
本人、かなり意気消沈。
でもアーモンドクリームを作るのは全然難しくないって言ってるから、
今度もし食べたくなったら冷凍パイシートを使って作れば完璧だね!
ってことで、またよろしく~!

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

January 29, 2006

ロング・キス・グッドナイト

longkissこの前、TVでやっていたけど
吹替版では絶対に観たくないから
レンタルしてきた。

前々から脚が長いジャケットが
気になっていた作品。


ジーナ・デイビス演じるサマンサを最初に見た時、
ホントにCIAの敏腕工作員 ?しかも暗殺専門 ?!って思ってしまうほど、
フツーの主婦すぎてビックリしちゃった。
アメリカのちょっと田舎に行けば、こんなオバサンいそうだもん。

…だったのが、自分の過去がわかるにつれ、どんどん
暗殺者へと大変身。パッと見た目、同一人物には見えない。
…のに、娘は変わってしまった母を見ても何の動揺も見せないし、
「本当にママなの?」と言うわけでもない。
そこらへんがアクション重視の映画ですね。

ロング・キス・グッドナイトのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

グッバイ、レーニン!

leninまたも、東ドイツ関連の映画。
でも、東側の体制に嫌気がさして
西側に逃げ出そうとする人々を
描いた映画じゃない。

東ドイツの崩壊に翻弄される
一家を描いたコメディタッチの映画。


気球の8人
トンネルを観ていたせいもあるだろうけど、
こんなにも呆気なく自由が訪れるなんて、
ベルリンの壁ができた当初、誰が想像しただろうか。
だからこそ、東の人間は命懸けで西への脱出を計ったわけで…

そう思うと、この映画は軽い気分で観ていられる。
笑えるシーンも多数アリ。

今月は、ドイツ映画をたくさん観ました。
遅ればせながら、今月は『ドイツ映画月間』ってことにしておきます。

グッバイ、レーニン!の公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

January 28, 2006

ちょっと安心。

ニャプーを病院に連れて行った。

結論は今日は出なかったけど、甲状腺機能亢進症である
可能性はかなり低そうであった。
卵巣腫瘍 (だったと思う) によってホルモンの分泌が止まらないから、
ずっと発情し続けてるだけなんじゃないかということだった。

とりあえず、念のために血液検査をしてもらう。
結果は月曜日の夕方。
先生のあの口ぶりからして、99%、ただの発情期である
気がしてきて、ちょっと安心した。

今日の血液検査と診察に8,295円かかった。
思わず「うわぁ、高いですね!」って言っちゃったけど、
これで安心を買ったと思えば…と自分を納得させることにする。
っていうか、そうでも思わないとやってられません。

さあ、発情期だと思って間違いないだろうとわかったから、
さっさと動物用医薬品輸入確認願を完成させねば!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

およげ!たいやきくん

♪毎日 毎日 僕らは鉄板の 上で焼かれて やになっちゃうよ♪

まさに、私は今、その気分です。
歌詞を換えるなら、2 パターンあるけどこんな感じかな。

♪毎日 毎日 ニャプーがニャーニャーと 鳴いてばかりで やになっちゃうよ♪

♪毎日 毎日 ニャプーが家中に お漏らしばかりで やになっちゃうよ♪

ここんとこ毎日、シーツや毛布や布団カバーを洗ってる。
今月は、水道代がすごいことになってるだろうなぁ…

毎日毎日、とつぶやくたびに『およげ!たいやきくん』が頭の中で
駆けめぐる今日この頃。
今日は、午後にニャプーを病院に連れて行く予定です。

nyapu1128飼い主の気苦労も知らず
ひなたぼっこしながら寝てるニャプー。
頼むから、いっつもそんな感じでいて!

あぁ…ウサ晴らしに、美味しいたいやき食べたいなぁ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 27, 2006

HONDAのバリチェロ

スーパーアグリの参戦が正式に決定!のニュースを知り、
そういえば今季からHONDAマシンを駆るバリチェロの
情報をまったくチェックしていなかった…ということを思い出し、
慌ててHONDAのHPをチェックチェック!

barrichelloウーム、なんつーか…
見慣れないせいもあるけど地味だね…
赤の方がよく似合ってたわ。
見慣れるまでは、毎度毎度
「似合わない」って言うんだろうな、ワタシ。


そんな彼の赤の勇姿をもう一度…と、「バリチェロ フェラーリ」で
検索したら、こんなもの見つけた。
logoバカにしてんのか?!と、
思わずムッとしちゃいましたよ。
(左がバリチェロ)
なぁぁんで、こんななのか?!
口元がおジイちゃんみたいじゃん!
…でも、隣の、口が引きつったようなM. シューマッハよりマシか…
と気を取り直してみる。

barrichello02わかりにくいけどバリチェロです。
今季、最低でも1回は表彰台に
あがった姿を見せてください。
応援してます。

| | Comments (2) | TrackBack (3)
|

January 26, 2006

こ、これかも…!

仕事がヒマなので…
猫の老化について調べていたら、ちょっと気になるもの発見。

甲状腺機能亢進症 (こうじょうせん きのう こうしんしょう)

甲状腺ホルモンの過剰分泌が引き起こす病気らしい。
この病気について調べてみると、まったくあてはまらない症状もあるけど、
ズバリそうだな、と思う症状もある。

食欲の増加、体重減少、落ち着きがない、性格が激しくなる…

最近、やたらと人間の食事を欲しがるし、抱っこした時に
軽くなったなって思うし (鳴きすぎで痩せたんだと思っていた)、
ジッとしてることがないし、チビに威嚇するようになったし…

発情期とか老化現象だと思っていたけど、コレなのかな…

この病気の対処法として、手術と投薬があるらしい。
薬の場合は死ぬまでずっと与えなければならないそうだ。

いずれにしても、病院に連れて行くのが先決だな。
あーぁ、お金のこと考えるとアタマ痛いよぅ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

動物用医薬品輸入確認願

動物用医薬品を輸入するには農水省の許可が必要ということで、
きのう農水省に電話して申請フォーム一式をFAX してもらった。
その枚数、ナント14枚!
その中にはただの説明の用紙もあるけど、何しろ初めてのことだから、
とりあえず全部に目を通さなくちゃいけない。

普段、小難しい用語の並ぶ書類をまったく目にしない私は、
2 枚目の時点 (作成上の注意が羅列してあるだけなんだけど…) で
「アーもうイヤんなってきた。もう二度と買わない!」とイライラ。
フィラリアやノミダニ駆除用の薬を海外から輸入する人の気が知れない。
近所の獣医さんで買えるのに、何でわざわざこんな手間かけて…と
思わずにはいられない。

さて、許可証をもらうには農水省に「輸入確認願」を提出しないといけない。
名前と住所と商品名を書けばOK…だったら発狂せずに済むものを、
いろいろ詳細なことまで書かなくちゃいけない。
この細かさは、配偶者ビザの取得のための質問書にも匹敵する。
なんなら猫の写真も何枚かいかが?って感じ。

許可証をもらうために…
1. 動物用医薬品輸入確認願
 ①品名、数量
 ②製造業者名及び国名
 ③輸入目的
 ④輸入年月日
 ⑤蔵置場所
 ⑥添付した資料 [誓約書・説明書・仕入書 (インボイス)・その他]
2. 説明書 (商品の説明を書き込む用紙)
 ①輸入医薬品等概要
     品名
     製造元名称
     成分・分量 (構造式/剤形/構造/原理/材質)
     効能・効果・用法・用量
 ②輸入する理由
 ③輸入動物用医薬品等に関する情報
3. 誓約書
 ①住所・氏名
 ②誓約内容
 ③品名・数量

こんな感じで書くこと盛りだくさん!あー楽しい!…なワケがなく。

もう成田にブツが到着してるから、保管料みたいのがどんどんかさんで
とんでもないことになる前に、早く許可証をもらって通関させなくちゃ。

ところで、きのうからチビのオンナノコも始まった…
そしてオンナノコになったチビに対してニャプーが威嚇しまくっている。
そんなこと、したことなかったのに…
一体どうしちゃったんだろう、ニャプーは…

鳴きまくり、粗相しまくり、落ち着きを失くしたニャプー。
何度か「老化」の 2 文字が頭をよぎったけど、いやいやまさか…と
信じたくなくて否定してきた。
でも近寄るチビを威嚇しているニャプーを見ていると、
ニャプーの中で何かが壊れたとしか思えない。
老化が始まって、猫はあまり発症しないらしい痴呆症になったのか…?

そういう意味でも、一刻も早くこのピルが欲しいのであった。
さあぁ!今日は昼休み返上でやりますよー!
chibi0125そうしてそうして。
あんなに仲良くしてたのに、
何でおネエちゃんは私が
近寄ると怒るのかしら? by チビ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

January 25, 2006

農水省に電話。

電話してみた。
ったく……さすがお役所。
電話をタライまわしにされた (と言っても 2 回だけ)。
しかも変わるたびに、用件をイチから説明しなきゃいけない。

2 回目の担当者の男なんか、すごい無愛想な上に、
電話越しながらも「オレの担当じゃねぇからわかんねぇや」っていうのが
しっかり伝わってくるほどの口調で「別の者に変わります」って言うし。

タライまわしにしてもいいけど、それならそれで、私の用件を次の担当者に
引き継いだ上で、電話をパスするのが常識ってもんだろう。

あーやだやだ。これだから国家公務員はいやだね~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

まだ終わらない… さぁどうする?

きのうから再び復活気味のニャプーのオンナノコ…
もう 1 ヶ月以上、こんな状態だけど、いつまで続くのだろうか?
鳴き声はともかく、あちこちでのオシッコには本当にまいる。
せっかく乾いたと思った毛布と掛け布団に、またやってくれたし…
もぉ、カレも私も育児ならぬ育猫ノイローゼになりそう。

例の猫用ピルを飲ませれば落ち着くかなと思ったものの、
うちにはもう在庫はないし、頼みの綱のカレの両親は、カレと
かなり前からケンカ中で、お願いできる状態じゃない。

…しかぁし!このピルを日本に郵送してくれるフランスのサイトを発見。
送料は高くつくけど、この際やむを得まい。
注文したのが年明けてすぐの頃。そしてようやく日本へ来た。
そう、日本へは来たけど、うちには来てない。

カレの両親から郵送してもらってた時はフツーに配達されてたから
知らなかったけど、個人で薬品を輸入する際には、農林水産省の
「動物用医薬品許可証」ってのが必要らしい。
ぬおぉ~!自分のペットに使用するだけで、営利目的じゃないのに!
普通郵便に紛れ込ませたものは許可なしでスルーできるのに!
あ、もしかしてそれが違法だったりしたのだろうか?
まあいいや、もう過ぎた話だ。

これから農水省に電話すっかー。メンドくさー。

pop0124またかよ…!
また鳴き始めちゃったよ!
一体いつまで続くんだか…
ったく、やってらんないよ!!
by ポップ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 24, 2006

三十路へのカウントダウン

20代も残りちょうど1ヶ月。
あと1ヶ月したら私も三十路…

成人式がまるできのうのことのよう…とは言わないけど、
だけどアッという間に20代が終わろうとしている。

思えば20代ではいろんなことがあったものだ。
23歳、カレと同棲 (初めての犬猫との同居)。
24歳、一戸建て購入。
26歳、カレの失業。
29歳、カレと結婚。

我ながら、なかなか怒涛の20代である。
20代前半にして第二の人生の基盤をドンと築いた!ヨッシャ!
…と思ったのに、まさかまさかのカレの失業。
そしてそれが3年半も続き、その間、ずっと私が大黒柱となり
カレと犬猫の生活を支えることになろうとは…!

20代、ラスト1ヶ月。
一発逆転のスリーランホームランでもかっ飛ばして、
厄難一掃、キレイさっぱりスッキリして30代を迎えたい…
迎えさせて!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

January 23, 2006

万代書店@岩槻

岩槻にある万代書店が火事で焼失したのはいつだっただろうか…
ちなみに、屋号に書店とついているものの、本屋ではない。
どーゆーお店かっていうのは、ココでチェック!
マニア向けのホビーショップみたいな感じである。

その万代書店が、おととい大きくなってリニューアル…というか
店舗をイチから建て直してるから新規になるのか?
とにかく、営業を再開したので、きのう、カレと行ってみた。

さすが、全焼しただけあって、天井を見ればスプリンクラーが
1 m 間隔ぐらいでついている。
だけど、相変わらず商品がゴチャゴチャ所狭しと並んでるし、
通路の幅はすれ違うのに苦労するほど狭いし、換気状態も悪そう…
火事から何を学んだのか?という気がしないでもない。

さて、私たちは、ただ単に見学しに行ったんじゃなくて、
ちゃんと目的があって行ったのである。

去年、スター・ウォーズ エピソードⅢのボトルキャップのために
ペプシを買って買って買いまくり、飲んで飲んで飲みまくったのに、
それでもゲットできなかったボトルキャップが 5 コもあったのだ。
そしてカレはどーしても全種類が欲しいらしく、その不足分を求めて
万代書店へ行ったのである。

もちろんありました。しかもお値段 1 コ100円 (税込)。
何か、必死にペプシ買って飲んでたのがアホみたい…
だけどまだあと 2 コ足りません…

オマケの話をひとつ…
万代書店へ行く前、カレがタバコを買おうと自販機に1,000円札を入れた。
270円のを 2 コ買ったから、おつりは460円…
のはずが、おつりプラス500円玉 3 枚も出てきたそうだ。
超ラッキー!1,500円もうけた!と喜ぶカレ。

その後、万代書店でスター・ウォーズ版モノポリーを発見。
それがまた何と1,500円!!
ハイ、もちろんカレは「あの1,500円で買えばいいネ!」と言い、
それを欲しがりましたよ…
だけど、私が断固として「そんなもの要らない」と言い張り
あきらめさせました。エッヘン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 22, 2006

Cake aux fruits

cake_0122先週、パネトーネを食べた。
その直後、カレが「自分で作ろうかな」と
レーズンを買ってきた。

そして今日、作ってくれた。

でも…これはどっからどう見てもパウンドケーキだ。
ま、パネトーネ用の型がなかったんだからしょうがないか。

と思ってひとくち。
コレ、外側はかなりサクサクしててパウンドケーキとは違うけど、
中身は思いっきりパウンドケーキじゃん。
パウンドケーキをタルト生地で包んだ感じ。

パネトーネが食べられると思って楽しみにしてたんだけどな…
ちょっと残念。
ま、作ってくれたんだから文句ありません。ごちそうさま。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ヒトラー ~最期の12日間~

hitlerそのタイトルどおり、ヒトラーが
自決するまでの12日間を
ヒトラーの秘書ユンゲの目線から
描いた作品。

ヒトラー演じるブルーノ・ガンツが
驚くほどヒトラーに似せている。

ヒトラーというと、ナチスやアウシュビッツが思い浮かび、
冷血漢で血の通っていない人間のようなイメージがある。
でもこの作品では、ヒトラーが「ひとりの人間」として描かれている。

私の、ヒトラーに対するイメージは、この作品でかなり変わった。
だからって、彼のやったことを間違ってなかったとは思わないし、
彼の考えに賛成することはできないけど。

心にズンとくる映画だった。

ヒトラー ~最期の12日間~ のあらすじ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

January 21, 2006

デトロイト・ロック・シティ

detroit映画ターミネーター2の
エドワード・ファーロング主演。
KISS の大ファンである4人の、
コンサートチケットをめぐる
悪戦苦闘を描いた作品。

コメディだから、もちろんストーリーは
オーバーな感じである。
大好きなバンドのライブに行きたい、この目でホンモノを
見たいという気持ちは、すっごくよくわかる。
私がBON JOVI を大大大大大大好きだった頃を思い出す。
私もダフ屋に3万円も払ってチケットを手に入れたクチですから…
そうそう、わかるわその気持ち、って共感できる。

周囲が呆れるほど何かに熱中できたあの頃が懐かしい…
あの情熱ょ、カムバーーック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

初雪

私にとっては、今日がこの冬の初雪になる。
朝起きたら、すでにこんなになっていた。
20060121
雨の日には玄関の前に座って
人間の姿を見るたびに「入れろ」と
キュンキュン鳴いて騒ぐムニだけど、
雪はそうイヤではないようで、
今日は外でおとなしくている。


今、朝よりちょっと大きめの雪がどんどん降っている。
どこまで積もるかな…

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

January 20, 2006

噂のえんじぇるん

angelfish生き残った "えんじぇるん" です。
こちらは今日も元気に
スイスイ泳ぎ、よく食べてます。

小さい "えんじぇるん" がいた時は、どーゆーわけだか
2 匹ともちっとも姿を見せなくて、いるのかいないのか?
もしかして他の魚に食われちゃったか?って感じだったのに、
小さい "えんじぇるん" がいなくなったら、急に水槽の前面に
姿を見せるようになった。ウーム、ナゼ?

今回、えんじぇるんの写真を撮ろうとして思ったんだけど、
特定の魚を写真に撮るのって難しい。
当たり前だけど、とにかくジッとしてないから、「今だッ!」と思っても
シャッター押した瞬間にスーィと泳いでいっちゃったり。

というわけで、この写真は渾身の 1 枚なのであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 19, 2006

どーしたの?アタシ! 編

きのう、カレが掛け布団も毛布も洗ってくれたのはいいけど、
寝るまでに両方とも乾かず、ライフカードのオダギリジョー状態に
なったわけだけど、その後どうやって寝たのかご報告。

うちは、金はないけど乾燥機はある。
でも乾燥機に入れて乾かすなんてできるわけがない。
しょうがないので、タオルケットと薄手の毛布 1 枚で寝ることに…
あ、ちなみに、濡れてる毛布を外に干しっぱなしにしておいたら、
今朝、見事にガチガチに凍ってました。

閑話休題。
もちろんそれじゃ寒くて寝れるわけがないから、靴下を 2 枚履き、
ズボンの裾は靴下の中へしっかり入れ、薄手のフリースを着て、
さらに厚手のフリースも着て、その上にセーターまで着る。

そしてチビとニャプーを布団の中に入れ、ミルキーには毛布の上から
足元を暖めてもらい、いつもと変わらぬ夜を過ごしたのであった…

と言いたいところだけど、いや、実際に寒い思いをせずしっかり
寝れたんだけど、布団に入ってしばらくしたら、突然カレの
「電気つけて…!」という声が。
何だよ~電気ぐらい自分でつければいいのにィ~と思いつつ
電気をつける。カレを見れば、ベッドの下をのぞき込むような体勢。
何やってるんだろ?と思っていたら、「血が見えないの?!」と言う。

よくよく見たら、カレが頭から流血してる (スキンヘッドなので)。

話を聞けば、ベッドの横にあるタンスの上から、ニャプーが
飛び降りたんだそうだ。めがけたわけじゃないんだろうけど、
たまたま着地したところにカレの頭があったもんだから、
思わずツメで10cm ほど引っ掻いてしまった、というワケ。

教訓: ネコには普段から優しくしておきましょう

さて、きのうの夜の話題をもうひとつ…
買った 2 匹のエンゼルフィッシュを「えんじぇるん」と命名して
結構面倒みて (というか水槽をのぞいて) いたのに、
きのう、"小さい方のえんじぇるん" が死んでいた…
もともとあんまり元気がなかったから、期待はしてなかったけど、
それにしても死ぬのが早すぎるよぅ。

とまあ、いろいろあったきのうの夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 18, 2006

もうそろそろ…

きのうの夜、久しぶりにニャプーと一緒に寝た。
オンナノコ…うちでは発情期をこう呼んでるんだけど、
とにかく、ニャプーはオンナノコになると夜もお忙しいらしく、
一緒に寝てくれなくなっちゃうのだ。

ところが、きのう、何日かぶりに布団に入ってきた…!
たぶん、オンナノコが始まってからだから、かれこれもう
10日ぐらい一緒に寝てなかったことになる。

ニャプーが一緒に寝てくれなくてとっても寂しかった…
ってゆうかホント言うと寒かった…
たかがネコ、されどネコ。
冬の寒い夜の、冷たい布団にネコは必需品なり。

ってことは、ニャプーのオンナノコはようやく終わるのか…?!と
今日は楽しみに家に帰った。
girlsおぉ、ベッドでメス 3 匹、
おとなしく寝てるじゃないの。
今日からやっと熟睡できる…!
と思いつつ夕飯を食べていたら、「ニャーオ」という声が…
あ、ニャプーじゃん。
しかもこの声のトーンはまだ終わってない…

今日はまだ熟睡はできそうもないけど、きのうまでのバカみたいな
うるささに比べたらかなり静かである。
今だって、どこで何してるのやら、とっても静かだし。

ニャプーがオンナノコ中、あちこちでオシッコしてくれて、
何となく毛布も臭いから、今日、カレに洗濯しといてと頼んだら、
よりによって掛け布団と厚手の毛布の両方を洗ってくれた。

…ネェ、今日の夜、かなり寒いけどどうすんの?

どーすんの?どーすんのよ?アタシ!?
明日に続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 17, 2006

ニュースを作る。

さっき書いたニュースの天才の捏造がらみってことで…
捏造から無理矢理だけど、情報操作に話をもっていって…

今日はオジャマモンことヒューザーの小嶋社長の証人喚問の日。
それから、阪神淡路大震災の11周年でもあり、幼女連続殺人犯の
宮崎勤被告の最高裁判決の出る日でもある。
そして、きのうの夜になって降って湧いたライブドアの強制捜査。

これは、単なる偶然か?

マスコミを分散させるために、この日を証人喚問の日に
設定したに違いない、と私はニラむ。
大震災と宮崎勤ネタで何とか世間の注目 (テレビ、新聞) を
証人喚問から逸らせらせるかな~と思っていたけど、
どうもこれだけじゃまだ手ぬるいみたいだと、慌ててライブドアの
強制捜査も追加してみたとか?
もしかしたら、ホリエモンはこの強制捜査のことは最初から了解済みで、
情報操作に協力してるんじゃないのか、とすら思ってしまう。

とにかく、そういうことを考える人は、大勢いるんじゃないだろうか。
今朝のみのもんたの朝ズバッ!でも、コメンテーターの女性…
コミヤさんだかコミヤマさんだかもそんなこと言っていたし。

私はみのもんたが朝のニュース番組をやると知った時、
朝からあんな暑苦しい顔としゃべりのニュースなんて…
いくら視聴率のためだからって、そりゃないだろうよ~TBS!と思った。
だけどここのところ、特に耐震偽装問題が発覚して以来、
朝ズバッ!が私のお気に入り。
みのもんた、結構ホントにズバッと言うんだもん。
「私がやってる限り、ズバッと言わせてもらいますよ~」みたいなことを
今朝も言っていたけど、(腰の痛みも消えたことだし) そうだ、ガンバレ!
みのもんた!って感じで、今日も私はブラウン管の向こうから
みのもんたにエールを送るのであった (笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ニュースの天才

news製作総指揮、トム・クルーズ。
スター・ウォーズのアナキン役で
お馴染みのへイデン・クリステンセン主演。

ピュリッツァー賞受賞作家で
「THE NEW REPUBLIC」誌の元編集者、
バズ・ビッシンジャーの実話に基づいた作品。

大統領専用機に唯一置かれているという、アメリカで最も
権威ある政治雑誌「THE NEW REPUBLIC」の編集者、
スティーブン・グラスが記事を捏造していることが発覚。
どんどん追いつめられていくスティーブン…

詳しいことはあまり知らずに、ある編集者がどんどん記事を
捏造し、ドツボにはまってしまう…みたいな映画だと思って観た。

在籍中、同誌に41の記事を執筆し、そのうちの27が捏造だったそうだ。
それだけの文才と想像力があるなら、編集者なんかやってないで
作家にでもなればいいのに…と思って映画を観ていたんだけど、
あとで調べて彼がピュリッツァー賞受賞 "作家" であることを知った。

映画の題材はすごくいいと思うんだけど、映画自体はどうなんだろ…
ちょっと物足りない感じがしないでもない。

ニュースの天才の公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 16, 2006

猫の秘密基地

nyapu_20060115最近、うちのメス猫どもが
ハマっている遊びがある。

ズバリ…天井裏の冒険!


正確には天井裏というか、1 階と 2 階の間の空間なんだけど、
とにかくうまいこと天袋の扉を開けて忍び込んでいるのである。

まさか床から直にジャンプ!?…してるわけがなく、きのう、
ニャプーが上っていた時の方法によると、いったんテレビに載って、
そこから天袋に近い柱にしがみついて、サルが木登りするように、
しっかり柱にツメを立てて (!) よじ登り、柱にしがみついた状態で、
閉まっている扉に手というかツメをねじ入れて扉を開けて天袋へ
入っていた。

誰がいちばん最初に始めたのか知らないけど、引き戸をガラッっと
うまく開けるのはニャプーかポップしかいなくて、だけどポップは
まったく天井裏には興味がないみたいだから、たぶんニャプーが
始めたんだろう。
それを真似てか、チビもミルキーもよく上がっているようだ。

チビの足が真っ黒になっている時…それは天井裏へ行ったサイン。
ということは、それだけ天井裏は汚いってことだ。
その足でニャプーもチビもミルキーも家中あちこち歩き回って、
ベッドで寝たりしてるんだから…ヤダーキタナイナー。

今、いちばん心配してるのは、もしかしてニャプーが天井裏で
オシッコしまくっているんじゃないかということ。
それだけは…それだけはカンベンしてほしい…

写真は、天井裏でひと遊びした後、天袋でくつろぐニャプーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 15, 2006

今日の買い物

会社に履いていくための 2 足しかない大切な靴に、ニャプーが
両方ともオシッコしてくれた。
スニーカーは気軽に洗えるから、1 日ぐらい洗剤液に浸しておけば
何とかなるけど、革靴 (合成ですけどね…) は洗えないから困る。
革靴はどうしたらいいのだ…?
合成だからちょっとぐらいなら平気だろうと、ささっと水で
洗い流してはみたものの、臭いが取れた気配ナシ。

というわけで、今日、スニーカーを買いに行った。
靴の購入予定は、今月の出費プランの中にないから、できれば
あまりお金をかけたくない。
かといって、あんまり安すぎるのを買うのも絶対イヤだ。

行った店で、偶然にも2900円というお買い得なCONVERSEを発見。
もう迷わずこれに決めました。

その帰り、春日部にあるアクアパークという熱帯魚屋へ行き、
超ミニサイズのエンゼルフィッシュ (150円 × 2) と、
ちょっと小さめのグラミー (120円 × 2) を購入。
我が家の水槽は今、小さい魚がヒラヒラいっぱい泳いでいて
そりゃもう見てて楽しいです。

さて…と、買った靴を明日履くために、ヒモを通すとするか。
これからは、これにオシッコされないよう、十分気をつけなくちゃ…!
(脱いだら靴箱にしまう、それだけのことだろ!って話ですが)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 14, 2006

2010年

20102001年宇宙の旅の続編。
タイトルどおりだと、あと 4 年後を
描いた作品ってことになる。
だけど、この映画に描かれた
2010年には決してならないだろう。
あらゆるところに20年前に思い描いた
2010年、という感じがにじみ出ている。

それに「ソ連」という国が出てくるところが、絶対ありえんって感じで。
この前、ドイツ映画を観た時も「そういえばベルリンの壁とか
東西ドイツなんてものがあったよな~」って思ったけど、
それと同じく、そういえばソビエトなんて国があったよな~、と。

ストーリー的には、前のものよりかなり理解できたけど、
この映画が伝えようとするメッセージを理解するのはかなり難しい…
宇宙的に見ると、人間なんてちっぽけで、愚かな生き物である、
ということが言いたかったのかな?と思ってみたんですが、
どうなんでしょう?こんな解釈でいいんでしょうか?
いや、絶対違うな~。誰か教えてください。

2010年のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 13, 2006

自信喪失

新聞は毎日読んでるし、本だって結構読んでる。
だからそれなりに自信あったんだけど…

ATOK presents 全国一斉!日本語テスト

コレやったら、その自信はどこへやら…
全然ダメではないけど、「ふつう」の53点だった。
ボキャブラリーを増やそう、だってさ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

January 12, 2006

One-Eyed Cat

何だか…見てはいけないものを見た気分です。
アメリカのニュースサイトで見つけたこの写真…
あまりにもビックリしてしまって、言葉を失います。

oneeyed_cat生まれつき目が 1 コだけで
鼻もない仔猫が誕生したそうだ。
ネコですよ、本物のネコ!!
映画のキャラとかじゃないんです!

しつこいようだけど、ホントもうビックリしちゃって、
猫だと言われなければ猫だなんて思いもしない…
っていうか思えない!

さすがに生まれた翌日に死亡してしまったそうだけど、
その時に一緒に生まれた兄弟猫は正常で、そして今も
元気だそうです。

英語ですが、このニュースのリンクを貼っておきます。
ABC News より: One-Eyed Cat Had Medical Condition

| | Comments (8) | TrackBack (0)
|

ニャプー、春爛漫。

nyapu_0111約 1 ヶ月の間に、3 回の発情。
鳴いてるだけならいいのに、あちこちで
オシッコするから困りもの。
特に玄関でするのがお好きなようで、
今、うちの玄関は超クサイ。
週末は大掃除の予定。あぁメンドい。

年齢的にもどちらかというともう高齢の域に入っているから、
痴呆症の一環?!なんて思ったけど、痴呆症で
発情期が止まらないなんて聞いたことないもんなァ…

抱っこするとおとなしくなるから、人間がしばしの休息をとるために、
寝る前とかにずーっと抱っこしてやったりしてる。
もともと抱っこ大好きな猫だし、他の猫に比べると知能も高いから、
もしかして抱っこしてほしくて、わざと発情期のフリしてるんじゃ…
なんてうがった見方をしてみたりもしたけど、いくら何でも
そこまではしないよねェ…?

ニャプー自身もツライだろうけど、人間もツライのょ。
早く終わってくれ~!そしてできればニャプーの発情期は
今年はこれにて終了ってことになるといいな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 11, 2006

トロワグロのガレット・デ・ロワ。

galette_0110小田急新宿のトロワグロにて、
2,100円 (税込) で購入。
心なしか去年より小さくなったような…
今年は、ノーマルとセサミの 2 種類。

中のアーモンドクリームがしっとりしてて、ドンクのとは
比べものにならないぐらい美味しい。
いつもなら、ちょっと皿に残ったパイのかけらとかを犬にやるけど、
こればっかりはあげたくない~ (笑)
…かといって、犬のように皿をなめまわすのはさすがにできないから
泣く泣く皿をムニに差し出す…あぁもったいない。

galette_et_popそんなことを私が思っているそばで、
カレからガレット・デ・ロワを
お裾分けしてもらっているポップ…
必死 (笑)


トロワグロでは、1/31 まで販売しているそうだ。
まだまだ買う (食べる) チャンスはある!と思うとうれしいけど、
2000円もするお菓子を、そうしょっちゅう買うわけにもいかない。
…でも…もうあと1回ぐらい食べたいな…

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

January 10, 2006

トンネル

der_tunnelきのう 1 日で、東ドイツ脱出を
描いた映画を 2 本も観てしまった。
というのも、ムービープラスが今、
サッカーW杯ドイツ大会に合わせた
スペシャル企画ってことで、ドイツ映画を
たくさん放送してるからなんだけど、
同じ映画を 1 ヶ月間に何度も何度も
放送するというセコさ。
まあ、タダで観れるんだからゼイタクは言えませんが。

個人的には、気球の 8 人よりも、こっちの脱出劇の方が
スリル感があって好き。

だけど、家も仕事もあって食べ物にも困ってないなら、
地味に暮らしていれば、窮屈さはあるだろうけど、
それなりに生きていけたのでは?なのにわざわざそんな危険を
冒してまで西側に脱出するなんて…ってグウタラで
ものぐさな私は思ってしまう。
もちろん、それは私が秘密警察の恐ろしさや、自分以外は
家族も含めてみんな敵という状況が、どれほど苦しくツラいものなのか
わからないからそんなノンキことが言えるんだろうけど。

東ドイツにいれば、優秀な水泳選手としてある程度の生活は
保証されているハリーが、それでも西側にこだわった理由は…
やはり、それなりの生活があっても、自由が制限されていたら
人間として生きている意味がないということなのか…?

またまた、自由であることの素晴らしさを実感したのであった。

トンネルのあらすじ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

25時

25thエドワード・ノートン主演。

収監される直前のドラッグ・ディーラーの
25時間を描いた作品。

静かに、淡々と話は進行していくけれど、
そのワンシーンごとに重みや深みがある。


たまに人生に絶望感を抱くうちのカレの言動とダブるところもあり、
主人公モンティが恋人のナチュレルとさよならするシーンは、
ちょっと他人事には思えなかったのであった…

25時の公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 09, 2006

そば粉のガレット

blenoir私が思い描いていたものとかなり
違うけど、一応、そば粉のガレット
(クレープ)。
私が思い描いていたのはこんな感じ

大きめのクレープを焼かなきゃいけないから、とホットプレートを
使ったのがいけなかったと思う。
つまり、しっかりテフロン加工されたホットプレートだから生地を
焼くときに敷く油の量が少なくてもコゲつかない。
となると、自然に油の敷く量が少なくなる…と食欲をそそる
コゲめがまったくつかないというわけである。

生地は見た目が半生っぽいし、妙に厚いし…
ハンバーグと半熟卵を包んだんだけど、全然美味しそうじゃない。

実際のところどうだったかと言うと、美味くも不味くも…って感じ。
やっぱり生地が厚いせいで半生っぽいのがいけない。
しかもそば粉の風味も全然しないし…

ホットプレートはクレープを焼くのには向いてないことがわかったから、
これを教訓に、次は理想のガレットを食べれるように頑張る!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

気球の 8 人

NightCrossing給料日前でお金もないしィ、
ってことは必然的に遊びに出かけるのも
無理だしィ、テレビもつまんないしィ…
金かけずに休日を過ごす残された方法は…
ケーブルテレビで映画観るしかないっしょ、
って感じの連休最終日です。


今日は、東ドイツから西ドイツヘの気球での脱出劇を描いた気球の 8 人。
この映画は1982年の作品。
ちなみに、ベルリンの壁が崩壊したのは1989年。

崩壊後10年以上経った今この映画を観ても「へーぇ、そんな時代が
あったんだんねー。東ドイツの人は苦労したんだねー」ぐらいにしか
思わないけど、もし今もまだ分断されたままだったら…
また見方は違ってきただろう。

とはいえ、自由であることの素晴らしさをつくづく感じます。
自由って、本当に素晴らしいことです。

気球の 8 人のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 08, 2006

ビューティフル

beautiful私がジョン・トラボルタと
似ていると密かに思っている
ミニー・ドライバー主演の映画。

ミス・アメリカになることを夢見て、
母であることを捨てたモナ。
何をやってもつまずくばかりの彼女が、
本当の幸せを掴むまで…という感じの話。

相手を蹴落とすために、あることないこと言いふらしたり、
嫌がらせしてみたり、善人であるという印象を与えるためなら、
プロフィールにウソばっかり並べてみたり。
決して誇張ではなさそうなところがコワイですね…
ホント、女の世界っていうのは、コワイですね…

ミニー・ドライバーはさほど美人ではないと (私は) 思うので、
彼女がミス・イリノイになることも、ミス・アメリカの本選で
ベスト3に入ることも、ちょっと無理があるのでは…?と思ったけど、
こういうミスコンはただ美しいだけではダメなのかもしれない
って気がしないもでないから、この設定はアリなのかな…

エンディングが都合よすぎるのが気になるところです。

ビューティフルのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 07, 2006

熱帯魚を買いに…

20060107フラワーホーンが死んで
まだ日は浅いけど、水槽をいつまでも
カラにしておくのはもったいないので、
熱帯魚調達のために、東大宮の
アクアステージ21へ行ってきた。

またスネークヘッドを「カワイイ~!」と買ってしまうところだった。
アブないアブない…
大きくなると、ホント、可愛げがなくなるけど、小さいうちは
目がパッチリしててそりゃもう愛らしい姿をしてるの。

で、結局、今日は小さめの熱帯魚ばかりを30匹ほど購入。
30匹も…!!!と思うかもしれないけど、小さめの魚はたいてい
10匹980円とか5匹480円とかそんな感じで売られているから、
そう金はかからないのである。

ネオンテトラプラティゴールデンバルブなどなど…
やっぱり、デカイ魚が1匹で悠々と泳いでいるより、小さくてもいいから
たくさんの魚がヒラヒラ泳いでいる方が見ていて楽しい。

ところで…
またまたニャプーが発情気味なんですが、一体これは
どうしたことなんでしょうか?????
今、約 9 ~10歳というところだけど、もしやボケ…???

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

January 06, 2006

冷蔵庫より寒い家

今朝、石油ファンヒーターをつけたら、室内温度が「1 ℃」と
表示された…家の中なのに…ありえない…
もしかすると冷蔵庫の中の方が暖かいのでは?なんて気もする。
リフォーム番組の劇的ビフォーアフター的に言うなら
「冷蔵庫より寒い家」ってところか…

20060106外に置いてあるムニの飲み水には、
5mm はありそうな分厚い氷が張っていた。
棒でつついて、ようやく割れた。
そして外の水道は、この冬、二度目の凍結。

今朝のニュースで、どこかの豪雪地帯の映像をやってたけど、
家の屋根に 3 m はあろう雪が積もってたり、車の屋根にも
1 m ぐらい積もってたり…

室内が 1 ℃ぐらいでガタガタ言うな、って怒られちゃうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 05, 2006

フラワーホーン、死す。

flowerhorn長年 (といっても 3 年ぐらい) 飼っていた
熱帯魚のフラワーホーンが
突然死んでしまった。

急に前頭部にケガのようなものを負った数日後、
これまた急に死んでしまった。

フラワーホーンは混泳に向かない魚で、そうとは知らずに
混泳させていたオスカーが死んで以来、ずっとデカイ水槽を
独り占めさせてきた。だから、他魚とやりあうことはありえないし、
何かにぶつかってできたケガにしてはずいぶんヒドイ。

水槽に薬を投入してみたけど、ケガがよくなる気配はなく、
それどころかフラワーホーンはエサも食べないし、
ケガの部分を水面に出して水槽の上の方でジッとしたまま動かない。

そんな日が何日か続いた。
でも、時間はかかっても、いつかきっと治ってくれると思っていたのに…

大食漢で金がかかるし、せっかくデカイ水槽があるのにコイツのせいで
他の魚が飼えやしない…!なんて思ったこともあったけど、
いざいなくなってみると意外に寂しいものだ。

死因についてを調べてみたところ、「穴あき病」がいちばん疑わしい。

サルモニシダ菌が寄生した部分が白くなり、ウロコがとれ
その部分が潰瘍状になり、次第に穴があき始めます。

というのが穴あき病の症状らしいので、ほぼ間違いないだろう。

もっと早くこの病気だとわかっていれば、打つ手はあったのかも…
惜しいことをした。
というのも、この魚、赤色の発色加減や形によっては、
かなり高値で売買される魚みたいだったからね…
かえすがえすも残念である。合掌。

* ちなみに、写真のフラワーホーンはウチで飼ってたヤツではありません。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

January 04, 2006

レ・ミゼラブル

les_miserableリーアム・ニーソンのレ・ミゼラブルも、
ドパルデューのレ・ミゼラブルも観た。
原作も読んだ (もちろん日本語で)。
セリフが歌、という形態が苦手だから
ミュージカルは見たことない。

今回は、ジャン・ギャバンのレ・ミゼラブル。

そもそも、あんな大作を 2 時間程度にまとめてしまうことに
無理があるので、L. ニーソンのは全然ダメ。
ドパルデューのは、TVシリーズの方は良かったけど、
それをダイジェスト版みたいにしてしまった方のはダメ。
TVシリーズの方は 8 時間にも及ぶけど、すべてを描ききるには、
それぐらいの時間が必要だ。
そして、ドパルデュー演じるジャン・バルジャンと、
J. マルコヴィッチ演じるジャベール警視という配役にも脱帽。

そのイメージを引きずったまま観たせいか、何かちょっとなぁ…という
感をぬぐえない。見慣れると「このジャン・バルジャンもありかな」とは
思えてくるけど、最後まで見慣れないのがジャベール警視。
J. マルコヴィッチが役のイメージにピッタリすぎたせいだろう。
ちょっと神経質な感じ (つまり痩せ気味) で、獲物を追うような
目つきをしている…というのが私のジャベール警視のイメージで、
J. マルコヴィッチはそのものズバリ!って感じなんだけど、
ベルナール・ブリエのジャベール警視にはそれが感じられない…

とはいえ、これはこれでかなり良いし、L. ニーソンのより
ずーっとよくできてると思う。

監督が違う、キャスティングが違う、脚本も違う、という意味では
同じ作品ではないけど、何度観ても飽きない映画って、
そうそうあるもんじゃない。
そういう意味で、レ・ミゼラブルって本当に素晴らしい。
ドパルデューとマルコヴィッチの 8 時間バージョン、また見たいなァ…

レ・ミゼラブルのあらすじ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

January 03, 2006

ブレイド 3

blade3ブレイドブレイド 2 も観た。
なのに、これまた内容は忘れている…
シリーズものながら、話に継続性がなく、
過去の内容を忘れていてもまったく
支障がないから別にそれでもいいんだけど、
何だかなァ…悲しくなってきちゃう。


アメコミ映画はあまり好きじゃない。
正義味方のスーパーヒーロー、正義は勝つ!悪は負ける!っていう
わかりやすさが嫌いなのかも。

「正義は勝つ!悪は負ける!」という方程式は
ここでも思いっきり使われているけど、ブレイドシリーズは
なぜだか好きな私である。

今回が最終章らしいのに、終わり方がショボかった。
相手はドラキュラの大親分なんだから、もうちょっと
しぶとくてもいいんじゃないの?と思う。
ブレイドは正義で、どのみち最後には勝つんだから、
もうちょっと見せてくれてもよかったものを…
そこんとこ、残念です。

ブレイド 3 の公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ドンクのガレット・デ・ロワ。

元旦に入っていたロビンソン春日部の広告。
そこにガレット・デ・ロワの写真が…
アトリエ・ド・リーブという店で1,980円で売っているじゃないか。
おおお、これは買いに行かねばならぬ。

というわけで行ってきた、ロビンソン春日部。
が、しかし、どういうわけか店がどこにあるのかわからず。
たいして広くもないし、店舗がひしめき合っているわけでもないのに
なぜ見つからなかったのか…
まあいいや、どっちみち各日 5 台だけの販売みたいだったから、
夕方5時に行ったんじゃあるわけないもんね。

せっかく来たんだから…と店内をウロウロしていたら、パン屋の
ドンクの店頭にガレット・デ・ロワが…!!
しかもお値段1,575円 (税込)。もちろん即買い。

galette2006ドンクのガレット・デ・ロワ。
見た目は、いつものトロワグロのと
そう変わらない。ただ、ここのは、
陶器製のフェーブが中に入っていない。

歯が欠けたりしたら困るんで…と店員が言っていたところをみると、
過去にそういう苦情があったに違いない。
代わりにアーモンドが入っているらしいけど、気分がそがれるナァ。

…で、肝心のお味は…
やっぱりトロワグロの方が格段に美味しい。
ドンクのは、パン屋のガレット・デ・ロワって感じ。
中のアーモンドクリームが、妙にパサパサしてて、
スポンジケーキを食べてる感じ、かな…
それがいただけない!!

トロワグロで買い直しだ。

| | Comments (4) | TrackBack (2)
|

January 02, 2006

カラーズ

colors1988年の作品。
ショーン・ペン、ロバート・デュバル主演。
LAのギャング抗争とその取り締まりに
立ち向かう刑事たちの姿を描いた作品。

この映画をLAに行く前に観てたら、
もしかしたらLAに行きたいなんて
思ってなかったかもしれない。
今思うと、いくら昼間とはいえ、よくまあ 1 人でLAの街を
歩き回ったり、バスに乗ったりできたもんだ。
まあ、路地裏みたいなところへ行きさえしなければ
何も恐れることはないのかもしれないけど、でもやっぱり
よくそんなことができたものである。若さってコワイ。

サントラにちょっと時代を感じる。
全体的にエレクトリックな感じだし、ヒップホップ系の音楽も
今のその手のものに比べるとカワイイっていうか
優しいっていうかマイルドっていうか (笑)

日本語タイトルの副題が「天使の消えた街」ってなっているけど、
ホント、街の名前に「天使」がついているとは思えないほど
荒みきったLAの裏社会がリアルに描かれた映画です。

カラーズのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ジャッキー・ブラウン

jb昔観たのに、すっかり内容を
忘れてしまっている映画シリーズ。
覚えているのは観たってことだけで、
最初から最後まで、断片的な
記憶さえもナシ。

タランティーノの映画だけあって、
何気に出演者が豪華である。
長髪のサミュエル L. ジャクソンを見ていると
原始人のように見えてしまうのは私だけ…?

派手なシーンはほとんどない。
だから私はこの映画が好き。
…なのに、内容を忘れてるんだからどうしようもないよね。
今年は、この記憶力もどうにかしなくちゃいけません…

ジャッキー・ブラウンのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 01, 2006

2001年宇宙の旅

20012005年、締めくくりの映画は
CSでやっていたコレです。

正直言って、この映画のテーマが
理解できなかった。
この映画の言わんとすることを、
たった 1 回観ただけで理解できる人は
天才じゃないのかしらん。

そんな私の感想は、38年前には2001年は本当にこういう
世の中になっていると思っていたんだな~ってことと、
38年前の映画なのにすごくよくできてる!ってことと、
クラシックに詳しくなれそうだなってことぐらいです。

今年は、もうちょっと賢いことが書けるようガンバります!

2001年宇宙の旅のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

賀正 2006

2006明けましておめでとうございます。
新年早々、今にも雪が降りそうな
パッとしない天気です。

今年は戌年。
というわけで、ムニの写真でご挨拶です。
では、本年もよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« December 2005 | Main | February 2006 »