« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

日陰の存在

我が家には、狭いながらも家の南に庭がある。
ただ、前にどぉぉんとアパートが接近して建っているから、
日当たりは相当悪い。
冬なんか、庭半分、しかも午前中だけしか日が当たらない感じ。

そんな庭なのに、プチ家庭菜園がある。
9/6に冬野菜をいろいろ植えたけど、
犬に踏まれたりしたこともあって、生き残ったのは
カリフラワー3つとブロッコリー1つと芽キャベツ1つ。

日はほとんど当たらないし、肥料もやってないし、水も雨任せで
全然やらず、植えたきりほったらかしにしてた野菜たちだけど、
健気にもちゃんと成長してくれていた…!
cauliflower_1いちばん出来のいいカリフラワー。
去年はこぶしぐらいの大きさのしか
できなかったけど、今年は、こぶし
2コ分ぐらいある。

放置してたのに、ここまで育ってくれてありがとう!

cauliflower_2出来の悪い、2つのカリフラワー。
大きさはこぶし大ぐらい。
茶色いシミみたいのがある。
収穫時期を逃してしまったか…?

broccoli成長の悪いブロッコリー。
去年は実 (?じゃないよね…花でもないし。
ツボミなのか…?) がつかなかったから、
今年はついただけマシ、って感じ。

この後、どこまで成長するかわからないけど、あともう2つほど
予備軍がいるので、期待したい。

芽キャベツは全然…葉はそれなりにあるんだけど…ってだけで
芽キャベツらしきものはまったくない。
ちょうど今頃が収穫時期らしいけど…ってことは、もう無理かもしれないな。
ま、できたらラッキーってことにしておくか (笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 27, 2006

タイルを買いに…

vivahomeきのうは雨が降る中、三郷の
スーパービバホームへ行ってきた。

台所にカレの手作りカウンターを
設置することしたんだけど、油や水が染み込むとイヤだし、
熱い鍋を置いたりしたいから表面をタイルで覆うことにした。
で、そのためのタイルを買いに、わざわざ三郷まで行ったのだ。

うちの近所には、たくさんホームセンターがあるし、そこでタイルも
売ってるけど、いわゆるフツーのホームセンターだから、
当然ながら選択肢が限られてる。
別にこれでもいいんだけど、でも何だかナァ…というわけで、
それなら噂のスーパーホームセンターへ行ってみよう!と。

さっすがスーパーホームセンター。広すぎ。品数もすごい。
犬猫を販売してたから当然のぞく。
猫はアメショとスコティッシュフォールドがいたけど、カワイイな~。
ポップも小さい時は、毛がホワホワで、歩き方も ヒョコヒョコしてて、
わぁカワイイ!だったのに、今じゃすっかりボテ腹の大食い猫。
それはそれで可愛いとは思えど、おチビちゃんには敵うわけがない (笑)

そういえば、ここは専用カートに乗せればペット入場可なんだけど、
そこに「子犬・子猫を乗せてください」とあった。
猫って…連れてくる人、いるの??
連れてきてたとしても、カートに乗せてジッとしてられるか…??

で、肝心のタイルは…
わざわざ三郷まで行ったのに、結局、近所のホームセンターで
売ってたのと同じものを買ってしまった。
だけど!ポイントは、春日部では 1 枚58円のタイルが29円で買えたこと!
全部で40枚買ったから、かなり節約になったはず…!
と思ったけど、ガソリン代を考えたら…どうなんだろう?

カレは「これぐらいの距離ならまた来てもいいね」なんて言ってるから
かなり気に入ったようである。プラモデルは売ってないけど、
作るための道具や塗料の品揃えがよかったからかな…
確かに、見て回ってるだけでも結構楽しかったけどね。
…かなり疲れるけど…

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

February 26, 2006

家で仕事。

きのう、カレが1日遅れでバースデーケーキを作ってくれた。
その間、何もすることがないので、仕事することにした。
ストーブつけて、よっしゃやるぞ!とパソコンに向かっていたら、
ワラワラと猫が寄ってきてモニタの前に立ってみたり、
手元をウロウロしたり、ちっとも集中できやしない!!!

cats_0225こんな感じでした。
これはまだ2匹とも横になって
寝てるからマシな方なんですけどね…

猫を部屋から閉め出せばいいだけの話なんだけど、
やっぱりそばに1匹もいないってのは寂しいものなので…

cakeさて、カレが作ってくれたのは
ロールケーキだった。
ケバケバしいケーキ (笑)
これはアメリカ人の色彩感覚では?!
って、つい思ってしまった。
でも、着色料でショッキングピンクにしたわけではなく、
ラズベリーを使ったら自然にこういう色になるのである。

カレの作ったケーキにしては、甘さも控えめで美味しかったです。
どうもありがとう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 25, 2006

内牧サイクリングロード

今週末は、自宅で気の向くままに仕事することになった。

仕事をしてみたんだけど、外を見ればとってもいい天気だし暖かいのに、
何でパソコンに向かってなきゃいけないんだろ…と思ったら、
やる気が失せてしまったので、またまたムニを連れてちょっと遠出。

今日は内牧サイクリングロードへ行ってきました (徒歩で)。
この前の古墳群の近くです。

uchimaki_1見てのとおり、田園地帯の
脇道って感じです。
農作業用の車輌も通りますという
看板があるぐらいです。
写真左上の方に内牧公園という
でっかい公園があって、そこには
アスレチックがあったりして、
なかなか充実した公園のようです。

「ようです」っていうのも、私は中に行ったことがないから、
どんなふうなのかわからないんで…
他人様のHPとかから中の情報をゲットしただけなんで…

歩いていたら、こんな注意書きを見つけた。
uchimaki_2埼玉県猟友会からのお達し。
オイオイオイ、ずいぶん物騒だな。
っていうか、こんなところで何を…?


まさかシカやイノシシではないだろうから、鳥なんだろうか?
でもパッと見渡したところ、カラスとかオナガみたいな
フツーの鳥しかいなかったけど。
唯一、これは珍しい!と思ったのはアオサギ
田んぼでジッとしたまま、しばらくムニと見つめ合ってました (笑)

こういうところで鳥を見かけると、ムニは犬の魂が呼び起こされるらしく、
やたらと鳥を追いかけたがる。もちろん、鳥は飛んで逃げてしまうから
追いかけることは不可能なわけだけど。
リードを放したら、どこまでも追いかけてくんだろうなァ…

というわけで、今日も歩き疲れました。
そろそろ仕事しなくちゃね…あーやだやだ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

February 24, 2006

Joyeux anniversaire

「Joyeux anniversaire」はフランス語で「誕生日おめでとう」の意。
自分で自分におめでとうってのもヘンだけど…

今朝、出かけ際にカレから「サンジュウ!」とだけ言われた (笑)
一瞬、何のことかわからなかったけど…
今日で私は30歳。

さて、きのうの夜はお風呂に入らなかったから、今朝は早起きして
シャワー浴びて、猫トイレを掃除して、女子フィギュアでも見るかな~
なんて思ってたのに、起きたら6:20だし…
見れたのはスルツカヤだけだった…

女子フィギュアは荒川静香選手が金メダルを獲ったわけだけど、
人生の節目、30歳の誕生日の朝イチのビッグニュースがこれって、
何だか幸先いい感じ。
他人がそう思わなくても、私はそう思う。

荒川静香選手、金メダルおめでとう!
そして私の三十路にステキなハナムケをありがとう!

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

February 23, 2006

二十路 -最後の日-

だいたいのことは 1/24に書いたから改めて書くことはないんだけど。
でも今日が20代最後の日なんで、一応まとめとこうかな、と。

ところで、三十路とか四十路とか五十路という言葉はあるけど、
「二十路」ってのは聞いたことない。
読むとしたら「にそじ」とか「ふそじ」か?と調べてみたら、
「はたち」と読むとWikipedia にあった。

さて、10代から20代になった時は、特に何とも思わなかったけど、
20代から30代ってのは、何か重みがある。

二十歳になったら、周囲を気にせずお酒飲んだりタバコ吸ったり、
あとは選挙権ももらえるし、納税もしなきゃいけないしで、
とりあえずコドモを卒業したような気分になるけど、実際には
まだ若いということもあって、あんまりオトナになった
自覚がないとでも言うか…
20と29じゃずいぶん差はあるけど、それでも20代ってことで、
まだ大目に見てもらえる部分があるような気がする。

でも30歳になったら、そういうのは一切ナシッ!って感じで、
正真正銘のオトナになる気がする。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

February 22, 2006

夜の大捜査線

heat_nightアカデミー賞で 5 冠に輝いた1967年の作品
だけど、イマイチどころか、イマニ、
イマサンぐらいセンスのない邦題…
原題は「In the heat of the night」。

ま、英語をカタカナにしただけなのに、
それを邦題としてしまう最近の映画より
マシだとは思うけど。

率直な感想は、とても面白かった。
そしてアメリカにおける黒人への偏見というものを初めて
しっかり感じた気がする。

今までにも、黒人差別を扱ったような映画はいろいろ観たけど、
家や教会に火をつけるとか、思いっきりボコボコに殴るとか、
なんていうか、こう、目で見てわかりやすいものが多かったから、
白人て本当に黒人が嫌いだね~ぐらいにしか感じなかった。
でもこの映画では、パッと見ただけではわからない、日々の
何気ない偏見や差別っていうんだろうか…そういうものが
たくさん出てくる。

ところで、黒人の敏腕刑事を演じたシドニー・ポワチエと
白人の署長を演じたロッド・スタイガーの 2 人。
どっちもこの映画の主役だと思うんだけど、どちらかと言うと、
シドニー・ポワチエの方がさらに主役だと個人的には思うのに、
アカデミーの主演男優賞を獲ったのがR. スタイガーだということに
何となく???な感じがしてしまうのだった。
同じ映画から 2 人同時に同じ賞にノミネートされるないとすれば、
きっとS. ポワチエはノミネートされなかったんだろうな。
これも差別?と思って調べてみたら、S. ポワチエは1963年に
野のユリですでに主演男優賞を獲っていた。

とにかく、非常によくできた映画。
まだ観ていなかったら観るべし。

夜の大捜査線のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 21, 2006

フランスからカード。

きのう、カレのパパとママから手紙が届いた。
しかもカレではなく、私宛に!

もしかして…と思ったけど、やっぱりバースデーカードが入っていた。
うわ!フランス語!わかんないっつーの!と思いつつカードを開けば、
手書きされたフランス語の横に、英語が書いてある紙が添えてあった。
あ、気を使わせてしまった…

とりあえず受け取ったことだけでも知らせなければならない。
カレに頼みたいところだけど、まだ両親と仲違いしてるだけに頼めない。
ってことは、私が自力で書くしかない…けど、フランス語の文法すら
わからないのにどうやって書けと…??

こうなったらITのチカラを借りるしかない。
いやいや、便利な時代になったものだ。
フランス語の時は、この翻訳機能を私は愛用している。
でも日→仏はかなり怪しいから、英→仏でやるんだけど。
こういう便利なものがあるから、私のフランス語習得の意欲が
一向に湧いてこないんだよね…

とりあえず届いたことを伝えて、また改めて手紙を出しますと
メールしておいた。

誕生日もクリスマスも、電話もしないしカードもプレゼントも
送ってないのに、そんな私にカードを送ってくれて、本当に感謝感激。
これからは、誕生日やクリスマスには、カードぐらい送るようにしよう。
本当に気の利かない嫁だよね、私って…
言い訳がましいけど、何かにつけ?カードを送るっていう習慣がない
生活を長いこと送っていただけに、どうしても…ね…

というわけで、今週末はフランス語の手紙を書く予定。
…というか、たぶん、Web の翻訳機能を使って書いて、
それを紙に丸写し、って作業になると思うんだけど (笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 20, 2006

ノー・マンズ・ランド

nomans_landボスニア紛争をユーモラスに、かつ
テンポよく描いた映画。

この辺りで紛争があったのは
知っていたけど、恥ずかしながら、
それがどこの国で、どういう理由で
起きていたのかは知らなかった。

…というよりも、あまり馴染みのない遠く離れた国での
出来事だったから興味がなかった。

自分も詳しくは知らないな、という方はコチラへ。

この映画は、この内紛の悲惨さを描いたものではない。
でも観ていると人間の愚かさや戦争の無意味さをひしひしと感じる。

この映画を観たから気になったけど、今年のベルリン国際映画祭で
ボスニアの映画が金熊賞に選ばれたそうだ。
DVDが出たら、この映画も観てみよう。
…って、まだ日本で公開されてないんだから、当分先の話だね。

ノー・マンズ・ランドの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

February 19, 2006

内牧塚内古墳群

カレに風邪をプレゼントしたら、受け取ってくれようで、
なかなか起きてこないしすることないから、また今日も
近所の史跡巡りをしてきた。
近所といっても…かなり遠いけど。
っていうか、きのう寝る前に体重を量ったら、どういうわけか
朝より 2kg も増えてたから、こりゃマズイ!と。
いっぱい歩けば減るかも!と、離れたここを選んでみた。
もちろん、またムニを連れてね。

今日の目的地は内牧塚内古墳群。地図はコチラ
6世紀中頃から7世紀の古墳時代後期に築かれた古墳が
あるってことでてくてく歩いて行ったけど…
kofun_1あったのはこの石碑だけ。
古墳そのものはもちろん、
その面影すらも何もない…

kofun_2説明の看板もあったけど
古墳がどこにあるのかは
書かれてないし…
何しに来たんだろ、私…

何だかナァ…と思いつつ、帰路につく。
その途中、トマト農家のトマト直売を発見。
1つは自販機、1つは売店。スーパーで買うより安いのかな…と
のぞいてみれば、自販機の方はまだ熟してないこぶしより
ひとまわりほど小さいトマトが6コぐらい入って300円。
売店の方は、やや大きめの完熟っぽい真っ赤なトマトが5コぐらい
入って500円。どっちもそんなに安くないか…

家に帰って調べてみたら、古墳は個人の敷地内にあるみたいだ。
そんなんじゃ見れるわけないじゃん。

今日は、ただ疲れるためだけに歩いたみたい。
あー疲れた。早く寝よ。

追記: 売店のトマト農家のHPを発見。
なかなか有名なようである…?
こんなにこだわってるんだもん、高いはずだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 18, 2006

慈恩寺

まだ風邪は完治してないけど、家にいても元気にならない
気がしたから、天気もいいしそう寒くもないので、今日も
犬連れでちょっと遠出してみた。

自宅から、古隅田川の上院調節池 (造成中) の脇の小道を
経由して、岩槻の慈恩寺親水公園慈恩寺に行ってきた。

畑と民家ばっかりの道を歩いていたら、いきなり視界にそれなりに
大きな噴水が飛び込んできてビックリ。
iwatsuki_shinsui結構たくさん鳥がいた。
たくさんっていっても、数が多いだけで、
2、3 種類しかいなかったけど。


一瞬、アヒルが白鳥に見えちゃって、「オッ、白鳥だ!白鳥!」って
1 人で興奮してしまった (笑)

池の周りをグルリと回ったところで (というか池しかないし)、
公園をあとにし、次に目指すは慈恩寺。

jionji_1普通の土曜日の午後だから、
特に人はいない…当たり前だよね。
ひっそりと静まりかえっていた。
そこそこ有名なお寺みたいだから、
大きいのかと思ってたけど…案外フツー。

jionji_2境内にあった「慈恩寺文書」。

坂東三十三ヶ所霊場の12番目の
観音札所として名高い寺らしい。
それから、「玄奘三蔵納骨塔」
っていう十三重塔があって、西遊記で
知られる三蔵法師の霊骨が奉安されているんだそうだ。
うーん?これは一体どこにあったんだろう?
十三重塔ならかなり目立つはずだけど、それらしいものは見なかった。

徒歩圏内の史跡・名所巡りってのも、結構楽しいかも。
でも…徒歩で行ける範囲の史跡とか名所って、これぐらいか?
もし他に見つけたら、またムニと一緒に行ってこよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ワイルド・タウン

wildtownザ・ロック主演。

やっぱり、Be Cool のあのサモア人と
同一人物とは思えない…
(このサイトのバットを持った人がそう)

実話にインスパイアされて作られた映画。
あくまでもインスパイアされたものであって、
大筋は変えてないけど、細部はかなり
いじってある。

1973年にウォーキング・トールというタイトルですでに映画化されているけど、
これともストーリーがちょっと違う。

そんなに話が都合よく進むわけないだろ!って感じで、正直
言って話の展開の仕方はあんまり好きじゃなかった。
でもまぁ、ストーリーを楽しむためじゃなくて、ザ・ロックの
アクションを楽しむための映画だから、これでいいのか?
何も考えずにアクション映画として観るならば、まあまあよい。

ワイルド・タウンの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 17, 2006

オーストリア産のイワシ

今日は風邪のため仕事は休み。

夕方、近所のスーパーへ買い物に行く。

鮮魚コーナーで「オーストリア産のイワシ」を売っていた。
何てことないような気もするけど、オーストリア?!
オーストリアは海に面していないはず。
横にいたカレに確認したけど、やっぱりオーストリアに海はない。

それとも…淡水で育つイワシがオーストリアにはいるとか…?
わざわざ海水を作るか引くかして養殖してるとか…?

ま、単にオーストラリアと間違えちゃっただけ、なんだろう。
あんまり魚を買わないから、私が知らないだけなのかもしれないけど、
オーストラリアのイワシってのも珍しいような?

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

February 16, 2006

ダイヤが乱れて…

風邪ひいたっぽい。きのうからノドと鼻の奥が痛い。

今、仕事があんまり忙しくないから、きのうの夜に今日は
休んじゃおうって思ったんだけど、とりあえず朝起きてから
考えるか…と6:45に起きたら、せっかく起きたんだからまた
寝るのもメンドくさいなってことになって、風邪が治った
気配はないけど今日は出社することにした。

いつもの電車に乗って大宮に着いたら、赤羽駅で人身事故とかで
電車のダイヤが乱れまくってる…!!
こんなことなら休めばよかった!と思いつつ埼京線のホームへ。
しかし!超ラッキーなことに、大宮発の通勤快速新宿行きっていう
いつもにはない電車が今日はあって、しかも 3 人掛けシートの
ドア側じゃない方の端っこの席に座れちゃったおかげで、いつになく
快適な出勤ができてしまった (笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 15, 2006

今日の気になるニュース

その 1
朝日新聞より:
ウサギをサッカーボール代わりに虐待 容疑の 3 少年逮捕

詳細な記事を読んでたら、無性に腹が立ってきた…!!!!
こんなやつらは、ウサギにやったことと同じことをして
罰してやればいいんだ…!
『目には目を、歯には歯を』だッ!!!
そうでもしないと、こういう人間は何も理解しないと思う。

その 2
朝日新聞より:
春日部に大型商業施設 県内 6 番目の規模

ついに春日部にもできるのか~。うれしいな~。
周りにはどんどんできるのに、あの幸手にもシネコンができたってのに、
どうして春日部にはできないのだ?!と思ってたけど、密かに、
着々と計画が進んでいたんだね。

でも2006年 4 月開業予定で、未だ農地転用の手続きしてるんだから、
本当に開業するのはいつのことやら…

| | Comments (6) | TrackBack (1)
|

Be Cool

BeCoolきのうが近所のビデオレンタル屋の
半額デーだったので、いろいろ借りる。

新作は、早く返さなきゃいけないから
本当は平日には観たくないんだけど…
だけど、1 本しか置いてないこの映画が、
半額のこの日にあるなんて奇跡だから、
借りなきゃ損なワケですょ。

ゲット・ショーティの続編とは知らず…これ、まだ観たことないし…
でも、ゲット・ショーティを知らなくても、全然問題なかったけどね。

とにかく出演者が豪華。主演のJ. トラボルタとU. サーマンはもちろん、
他の出演者たちも「あ、この顔知ってる」っていうのばっかり。
ビックリしたのは、エアロスミスのスティーヴン・タイラーが実名で出て、
しっかりスティーヴン・タイラーを演じてる上に (笑)、映画の中で
エアロスミスのライヴが見れちゃうこと…!こりゃすごい!!
披露したのは「Cryin'」の1曲だけだけど、話の流れからして
「Sweet Emotion」をやった方がよかったんじゃ…?

さらにビックリしたのは、ザ・ロックが出演してたこと!
エンドロール見てビックリ。本編を見てた時は、何の役なのか
さっぱり気づかなかったけど、ゲイで役者志望で片眉上げが得意な
サモア人の役だったとはね~。
筋骨隆々で力強い役のイメージが強いから、まさか…!って感じ。

とまあ、出演者も豪華だし、エアロスミス + クリスティーナ・ミリアン
競演ライヴも楽しめちゃうし、ストーリーはコミカルで面白いしで、
ほとんど文句なし!
きのう半額で借りれたの、ホント、超ラッキーだったな~。

Be Cool の公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 14, 2006

童話を飲む方法

さてはて?思わず真剣に考えてみた。
飲むってことは、やっぱり液体になってるのかな?
桃太郎の桃ジュース?白雪姫のりんごジュース?
浦島太郎の海洋深層水?あとはあとは…

正解は、D-BROSというプロダクトデザイン集団が作るグラスの品名で、
絵柄が白雪姫と赤ずきんちゃんなんだそうだ。

akazukin水を入れる前は、手前に
赤ずきんちゃん、奥にオオカミさん、
という感じの普通のグラスなんだけど、
水を入れた途端、あら不思議。

赤ずきんちゃんがオオカミさんに襲われちゃう…
なるほどね~。そういうことか~。
単純なトリックだけどアイディアがいいね。

shirayukihimeちなみに、白雪姫はこんな感じ。
私は赤ずきんちゃんの方が
好きかな~。

ところで、今日はドアの横の手すりに寄りかかりながら埼京線で
帰ったんだけど、電車が武蔵浦和のロッテの工場に通りかかった瞬間、
猛烈なチョコレート臭が…!
バレンタインデーだから匂いをサービス、なんてことはないだろうし、
当日にいつもより多めに作っております~、なんてことは絶対ありえない。
ってことは、工場が普通に稼働してるだけでこの臭い!?
電車の中にいてあれだけ臭うんだから、近隣はどんななんだ?
外に洗濯物なんか干せないんじゃないか?
窓なんか絶対開けられないだろう。

いくらチョコレート好きの私でも、これはカンベンだな~。
近隣の皆さんは毎日どうしてるんだろう?

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 13, 2006

トリノオリンピック

自分がウィンタースポーツに興味がないから、冬季オリンピックにも
ほとんど興味ないし、逆に、オリンピック開催中はいろんなメディアが
そのニュースばっかりでちょっとウンザリ…なんて思ったりする。

だけど、フランス勢の活躍が気になるカレがテレビを見るもんだから、
一緒にトリノオリンピックを見ている。たぶん、冬季オリンピックをこんなに
(テレビで) 観戦するのは初めてだと思う。
長野でやってた時ですら、何も見てないぐらいなのに。

さて、そんな感じの私だけど、1 つだけ気になるもの…というか人がいる。

フィギュアスケートのペアにアメリカ代表で出場している井上怜奈選手。

彼女の経歴は、新松戸南中学校 (以下、新南中) に在学中の
中学 3 年生の時にペアでアルベールビルに、リレハンメルでは
シングルで、そして今回のトリノには再びペアで出場。
…と、3 回もオリンピックに出ている人。

で、彼女の何が気になるかというと、それは彼女が新南中の
卒業生だということ。
小学校卒業と同時に秦野へ引っ越さなければ、私は新南中に
通うはずだったのである…!
29歳ってことだから、記憶にはないけど、もしかして小学校の
同級生だったりするのだろうか…?と調べてみたら、1 コ下だった。

新松戸のダイエーのスケートリンクで練習してたんだろうな~。
もしかしたら、ディッパーダンのアイス食べながら彼女の練習風景を
見たこともあるのかもしれないな~。*
今知ったけど、ダイエーのスケートリンク、2002年に閉鎖されてるし…
ダイエー新松戸店のHPを見る限りでは、ディッパーダンもないし…
* 1 階にあるスケートリンクは 2 階まで吹き抜けになっていて、
2 階のガラス張りになったところから見渡せるようになっていた。

閑話休題。
そんなわけで、井上怜奈選手のことを遠い存在には思えなくなった。
とはいえ、新南中に通うはずだった…っていうだけで、実際に
通ってたわけじゃないし、学年も違うし、何のつながりもないんだけど。

| | Comments (7) | TrackBack (0)
|

February 12, 2006

Tarte au Chocolat

tarte_chocolateちょっと気が早いけど、
もうすぐバレンタインデーだから
カレのためにチョコレートタルトを
作ってみた。

っていうか、バレンタインデーを口実に、自分が食べたかったから
作っただけ。

大成功!
タルト生地もバッチリ、フィリングも甘さ控えめでいくらでも食べられる。
マドレーヌ型で作った小さめのタルトも、いい感じ。

今回は、こちらのサイトのレシピを参考に作ってみた。
マダムTOMATOの"グルメ・ガーデン"
フランスの料理やお菓子のレシピがいっぱいある上に、どのレシピにも
写真が付いてるから見てるだけでも楽しい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

February 11, 2006

古隅田緑道散策

今日はとってもいい天気で、寒さも緩んで心地よい。
というわけで、お出かけ日和の今日は「古隅田緑道」へ。

yuhodo_1工業団地の端っこにある謎の遊歩道。
ここの前を通るのは、週末か日が
暮れた後のムニの散歩の時だけ。
いつ行っても人の気配がまったくない。
工業団地の反対側は、雑木林。

今の時期、葉が落ちた木ばっかりで、見てて何となく心寂しい。
それがまた、近寄りがたい雰囲気を醸し出しているのだ。

そして先週、ついにその謎が解けた。
日曜日の夕方、ムニの散歩でここの前を通ったら、
ムニにグイグイ引っ張られたので、好奇心も手伝って
初めてその遊歩道に足を踏み入れた。
そして古隅田緑道という遊歩道であることを知ったのだった。

それをキーワードに検索してみたら、stream さんのブログに
たどりつき、ここで古隅田緑道のミニ知識をゲット。

yuhodo_2こんな感じの遊歩道。
私は16号から古隅田川へと向かう
コースで歩いてみました。
ちんたら歩かなければ、
20分ぐらいで歩ける距離かな。

yuhodo_3昼間なのに誰もいない…
結局、遊歩道ですれ違った人は
ゼロだった。休憩中らしい工場の
従業員の姿は何人か見たけど、その時、
頭の中で所ジョージのダーツの旅の
「第一市民発見!」のフレーズが
思わず浮かんでしまった。ホント、それぐらい人がいない。

yuhodo_4で、これが終点の古隅田川。
あれだけ歩いて、その終点がこのドブ川…
何だか虚しくなっちゃった。


古隅田川って名前は風情があって悪くないのにねェ…
それなのにこんなに澱んじゃって…

でもまぁ犬の散歩コースには悪くないから、これからも
ちょくちょく行こうかな。
春になって、桜や菜の花が咲けば、ここの風景ももうちょっと
マシになるだろうし。
そうそう、日の出日の入りの時間からも春が近づいていることを
感じる今日この頃だけど、この散策の帰り道にあった空き地に
オオイヌノフグリが咲いていた。
本当に、春は一歩ずつ近づいているんだね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

February 10, 2006

市販薬の値段

同じ薬でも、店によって値段が全然違うってことをきのう初めて
知った。
カレの喘息の薬 (アスクロン) を買わなくちゃいけなかったんだけど、
給料日前日で財布には1,050円しかない。
アスクロンは確か1,200円ぐらいするはず。
どっかで980円ってのを見たことがあったような気もするけど気のせいか…

例えば、正露丸とかルルみたいな薬。
個人商店っぽい街のクスリ屋さんと、大手ドラッグストアのチェーン店なら、
チェーン店の方がいくらか安そうな感じがするけど、でも基本的には
ああいう薬はどこで買っても同じだとばっかりずーっと思ってた。

で、セキ薬品では1,230円だったアスクロンが、ウェルシアでは1,029円。

シャンプーとか歯磨き粉とか洗剤とか、そういうものに差があるのは
理解できるんだけど、医薬品の差は理解できない。

何気なく買っていたけど、これからは店を選んで買わなくちゃ。
だって、アスクロンは月1回は買うんだから、チリも積もれば…
その前に、アスクロンの底値調査をしておこう。
もしかするとウェルシアより安い店があるかもしれないし。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

February 09, 2006

キターッ!

ついに!ようやく!!とうとう!!!

何をそんなに感激してるかって、そりゃもちろんニャプー。

例のピルが、皮膚用ながらも発情期抑制用のものと成分が
まったく一緒だったから、ものは試しってことで、3 日連続で
与えたらようやく効果が…!

この 2 ヶ月ぐらい、家に帰ってドアの前に立つと、ドアを
開けずにして家の中からニャプーの鳴き声が聞こえてたのに、
きのうはシーンと静まり返っている。
私の姿を見ても、無視するように寝てるし。

nyapu_0208いやぁ、本当に長かった。
ニャプーも鳴いてばっかりで
疲れただろう。かなり痩せたもんね。
しばらくゆっくりお休み。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

February 08, 2006

こどもの名前

皇室に対する思いとか考えは特にない。
天皇家を消滅させたくないなら、女系天皇でも女性天皇でも
何でもいいじゃん。個人的にはなくなったって…とも思ってるけど。

さて、皇室典範改正が騒がれる中の紀子さまご懐妊のニュース。
やれ耐震偽装だライブドアだ東横インだ…年が明けてから
暗いニュースばっかりだったから、ちょっと心が和む。

すでに「次は男の子だろう」という感じになっているような気がするけど、
私は 2 人続けて女の子だったら、次も女の子じゃないかなーって気がする。
で、次も女の子だったら、何て名前にするのかな?って考えてみた。

母がキコで、娘がマコとカコ。
この流れなら、やっぱり 3 人目だって 2 文字の名前で
終わりは「子」とくるのが普通だろう。
アからヲまであてはめてみる。
無難なのは「アコ」と「ミコ」ぐらいか。

無難じゃないけど、これ結構カワイイな!って私が思った名前は
「リコ」「ココ」「モコ」そして…「ネコ」!
漢字はどうするかはさておき、「リコ」は珍しくない名前だし
(皇室っぽくない名前だから、無難じゃない名前ってことで…)、
「ココ」はココ・シャネルみたいで良いイメージだし、「モコ」は
愛らしい感じでいいと思うんだけど。

そんなことを考えながら、今朝、新宿から会社までを歩いたのであった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 07, 2006

もうすぐひなまつり。

節分の次はひなまつり。
おっと、その前に私の三十路もやって来るんだっけ。
と言いつつも、豆を撒たり恵方巻きを食べることなく節分を
過ごしたんだから、ひなまつりだからって甘酒飲んだり
桜餅やちらし寿司を食べたりするわけないんだけど。

だけどせっかくだから雛人形は用意してみることに。
…というのはウソで、偶然の産物、ネコ雛 (と命名)。
mikly_pop女雛はミルキー (左)、
男雛はポップ。

いつもミルキーは日中はほとんど人間のベッドの上で
寝て過ごしているんだけど、ここのところニャプーの
布団の上での粗相が絶えないため、ミルキーには
申し訳ないけど、寝る時間以外はベッドルームを封鎖している。

もともと、メス 3 匹と一緒にいられないポップのために、
ビールの空き箱に安物のクッションを敷いただけの簡易ベッドを作って、
日当たりのいい窓辺に置いていたんだけど、このベッドをメス 3 匹も
気に入ったようで、たいていがチビかニャプーに占領されている。
じゃあポップはどうしてるかと言うと、タンスの上で寝てる。
気の毒に…哀れ、ポップよ…!

で、ミルキーが日中の居場所を失くした今、1 コだけじゃ
足りなかろうと、もう 1 コ作ってみたのだ。
(というか、それ以前から足りてなかったんだけど)

というわけで、これがうちのお雛様。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 06, 2006

ステルス

stealth人工頭脳を搭載したステルスEDI が、
2001年宇宙の旅のHALとダブる。
人間と会話できたり、人間の命令に
背いたりするところは、まるでHAL。

いかにもハリウッド映画って感じの
安直な話の展開の仕方だけど、
スピード感とかドキドキハラハラ感はなかなかよい。

ジェシカ・ビールのビキニ姿が、個人的には意味不明。
というか、休暇を与えられたベン、カーラ、ヘンリーの 3 人が
バカンスでタイを訪れる…という設定そのものが不要なような。
せっかくジェシカ・ビールを起用してるんだから、彼女のナイスバディを
見せてあげようというサービスなのか?
確かにナイスバディだったけど、役柄、体を鍛え上げたのか、
もともとこういう体なのか、セクシーというよりたくましい感じが…

エンターテイメントの映画としては、結構楽しめるけどね。
ステルスのシーンだけでも十分楽しめただけに、
色気と恋愛はなくてもよかった。いや、ない方がよかった…!

ステルスの公式サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 05, 2006

ギブアップ

きのう、「処方箋を書いてください」とお願いしに、かかりつけの
獣医さんに行ってきた。
この前の検査に8,000円も払ったし、ピルの個人輸入で
いろいろ手間取っていることは話していたから、もしかしたら
タダで書いてくれるかもって期待しつつ、とりあえず1,500円持って
行ったんだけど…

あっさり玉砕。甘かった…
書いてもいいけど2、3,000円はもらうよ、とのこと。

処方箋に3,000円、ピルに1,500円、バカ業者がFEDEXで
送ってきたばっかりに送料が1,500円、それから税関の保管料が
いくらするんだろ…
1 日50円と考えてももう1,000円にはなってるか…?

このピルのためだけに7,000円も…!!!!!!!

アホらしい、アホらしすぎる。

さらにトドメの一言。
「酢酸メゲストロールなら、日本でも買えるよ」

日本では、犬猫の口内炎などの治療に使っているらしいけど。
それなら、10回分で2,000円ぐらいだとか。

というわけで、これだけ苦労したけど、輸入はギブアップ。
税関に連絡して、それは破棄してもらうことにする。
もったいないけど、ピルにそんなにお金は使えない。
処方箋に3,000円を払って手に入れるよりは、破棄してしまう方が
安上がりに済むと思うし。
傷口が広がる前に…って感じか。

というわけで、もう二度とこのピルは買わないし、これからは
獣医さんから酢酸メゲストロールを買うことにする。

今、例の間違えちゃった皮膚の薬が目の前にあったから
何気なく見ていたら、成分にフランス語で
Mégestrol acétate
の文字が…これって、酢酸メゲストロールのことでは?

ってことは、これで代用してしまっても…?!

追記: カレに確認したら、やっぱり酢酸メゲストロールだった。
それならば、ものは試しということで、皮膚用の薬
Féliderm を 1 錠与えてみた。
もちろんまだ効き目はない。
さあ、どういう結果になるか…?!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 04, 2006

バナナタルト

banana今日はとっても簡単バナナタルト。
見切り品の、かなり熟れ熟れっぽそうな
バナナを50円でゲットしたので、
久しぶりにお菓子を作る。

皮が真っ黒だったから、中身もいい感じに熟してると思ったのに、
皮をむいたら普通の白い、しかも硬めのバナナが…
となると、あまりお菓子作りには向いてないような気もするけど、
先にタルト生地とカスタードクリームを作っちゃったんだから
最後までやるしかない。
どうせバターでソテーして、ラム酒と砂糖でちょっと煮込む?んだから、
熟してなくたって平気だろうし。

バナナタルトを作ったものの、まだ私のあんこスイッチは入ったまま…
どちらかというと、こういうものより、大福とかたいやきが食べたい。
ヤマザキパンの99円の串だんごとかじゃなくてね…!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 03, 2006

あんこと餅

私はあんこ大好き人間である。
餅もプラスされてればさらにうれしい、と思う。
ケーキとかの洋菓子も好きだけど、やっぱりあんこを使った
和菓子がイチバンでしょ!と思ってる。

赤福のお店で「朔日餅」というものが販売されていることを、
やなさんのブログで知った。
「朔日餅」は商品名じゃなくて、月替わりで販売している
餅のことをそう呼ぶらしい。詳しくはコチラ

私が、これを食べたい!と思わないわけがない。
いいな~食べたいな~
伊勢路への旅に行く人いないかな~

しかし!
本店では毎月 1 日のみの販売!
しかも、午前3:30に整理券配布!!
そんでもって開店は、午前4:45!!!
たかが餅…されど餅…すごいな…!

これじゃあ、伊勢方面に旅行に行くからってだけじゃ、
その人に「買ってきて」とは頼めないね…

今月は「立春大吉餅」だそうだ。
やなさんのブログに写真があったけど、これを見てたら
すっごく食べたくなってしまった…のが、きのうの昼過ぎ。
赤福も、20年以上はお目にかかってない気がする。
あ~食べたい食べたい食べたいよ~。

という気持ちを引きずったまま夜になる。
よし!赤福は無理だけど、仕事の帰りにちょっといい大福でも
買っちゃおうかな!と財布を開ければ、500円しかない…
パンも買わなきゃいけないし、パンを買ってお金が余ったとしても、
どうせ2、300円。それだけあれば 1 コぐらいは買えるだろうけど、
対面販売の店で「1 コください」とはさすがに言いにくい。

結局、東武ストアでヤマザキの 3 本入り串だんごを買った。
偶然にも安売りしてて、99円だった。

あんこを食べたいという欲求は満たされたけど、何だかなぁ…

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

February 02, 2006

ウェルカム・トゥ・コリンウッド

collinwoodジョージ・クルーニーと
スティーブン・ソダーバーグが
設立したプロダクションの第 1 回作品。

話の展開の仕方が、ちょっとコーエン兄弟
作品に似てるかなという気がした。

ユーモアがあるし、役者も個性的でおもしろい。

映画の感想とは関係ないけど、この映画はDVDをレンタル。
半分ぐらいまでくると、どうしても画像が乱れて先へ進まない。
DVDの裏を見ると、かなり傷が入っている。
もちろん、続きが観たいから、事情を説明して再生に問題のない
(ことを確認してもらった) 他のDVDと交換してもらう。

…なのに、また同じあたりで画像が乱れる。
でもクリーニングしても状況は変わらない。

ふと、DVDを置くトレーを見たら、そこには 1 本の猫の毛が…
これをどけたら、ちゃんと再生できちゃった…

いやー、やっちゃったねー。
店員さんがすっごく恐縮して「おわび券」までくれたのに。
本当は私 (というか猫) のせいだった。

ウェルカム・トゥ・コリンウッドのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 01, 2006

コブサラダ

初耳、コブサラダ。
キユーピーからドレッシング (業務用) が出るぐらいなんだから、
かなりメジャーなサラダなんだろうけど、何だ、ソレ?

ちなみに、私はラクダのコブが入ったサラダを想像してみた。

だけどまさか "ラクダのコブ" サラダなわけがなく、実際はアメリカ料理で、
その名の由来は、コブさんが作ったサラダだからコブサラダ (Cobb Salad)。

どうせまた、コテコテのドレッシングかけて、シーザーサラダみたいに
カロリーが高いサラダだったりするんだろう、きっと。
そんでもって、日本人ならこれ一品でお腹いっぱいってぐらいの
ボリュームがあって、ドレッシングは間違ってもビネガー系じゃなく、
クリーム系だろう。

…と調べてみたら、このドレッシングをかければコブサラダ!ではなく、
ドレッシングはお好みでどうぞ (クリーム系の方がベター)、らしい。

だけど、オリジナルのドレッシングのレシピは、
水、赤ワインビネガー、砂糖、レモン汁、塩、粗びき黒コショウ、
ウスターソース、マスタード、にんにく、オリーブオイル、サラダ油

だったので、私の予想は裏切られたことになる。

じゃあ、何がどうなっていればコブサラダなのかというと、
具材が多めで、かといって載せるものは決まってなくて、
とりあえず肉系 (ベーコンとかグリルチキン。エビでも可) と
チーズ (オリジナルではブルーチーズ) があればOK なようだ。

すっごくアイマイかつテキトーだな。
具材にもドレッシングにも明確な定義がないなら、コブサラダと
そうじゃないレタスに具だくさんなサラダの境界線は何なんだろう?

CobbSalad←こんな感じのサラダを
コブサラダと言うらしい。
特別、目新しい感じはないよね。

まぁ実際、1937年に考案されたサラダらしいから、新しくないけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ストレスフル

きのうは、本当にイライラした 1 日だった。

イライラ その 1
農水省から連絡アリ。
① 「反すう動物由来物質不使用証明書」を発行している会社と、
私が書いた製造業社名が異なっていた。②誓約書に書く日付には、
3 年後の日付を記入すること。③酢酸メゲストロールを使用した
医薬品の輸入には、獣医の指示書か処方箋が必要。

農水省がこれをきのうの夕方、うちにFAXしてきたんだけど、
会社にいる私に、カレがそのスキャンしたものをメールしてきて、
「これってどういう意味?」と聞いてきた。

んなもん、手元に書類がないのにわかるわけないじゃん!
それに処方箋って?!面倒さくてやってられん!!

イライラ その 2
BeautyCenter から注文したものと違うものが送られてきた件。
アッチのミスだと思ったけど、ミスってたのはコッチだった…

サイトに掲載されているFéliderm (間違って買っちゃったやつ) の写真が
Félipil と同じ配色してるんだもん。
名前は似てるし、パッケージの色が同じだったのが原因だ。

初めて見る商品じゃないんだから注文し間違えるわけがない!
だからアッチのミスだと思ったのになァ。
実際、手元に届いたモノは紅色のパッケージだったから、余計に
「間違えるわけがない」と思ってしまったワケ。
まったくも~、まぎらわしいな~。

またお金をドブに捨てた…!んもー!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« January 2006 | Main | March 2006 »