« F1 2006 マレーシアGP | Main | キャットニップ »

March 21, 2006

モンスター

monster実際にあった、アメリカ初の
女性連続殺人犯の話。
主演シャーリーズ・セロン。
殺人犯アイリーン・ウォーノス
演じるために、C. セロンは13kg も
体重を増やして挑んだそうだ。

妹は「怖かった」と言っていたけど、私は怖くはなかった。
切なくて悲惨な話だと思う。

こんな境遇に置かれてしまったばっかりに、いわゆる普通の生活とは
まったく無縁で、10代の頃から売春で生計を立てて暮らすアイリーン。
こうでもしないと生きていけない社会が、彼女の悲惨な人生を
作り上げていったのかな…ある意味、彼女も犠牲者だったのかな…
なんて思ったりもする。
だからって、生きるためなら人を殺してもいいとは思わないけど、
彼女に殺されたのは、彼女を買ったのにレイプした男ばかりらしいから
(映画では、善良な男性も殺されてしまっていたけど、あれは演出?)、
こう言っちゃナンだけど、まぁそうなってもしょうがないか…

C. セロンが15歳の時、家庭内暴力の耐えなかった父親を母親が
射殺するという事件があったそうだ (正当防衛が認められたらしいが)。
そういう彼女だからこそできた演技だったのかもしれない。

ところで、レンタルしたDVD、どういうわけだか殺人シーンになると
画像が乱れて音声も途絶えがちだった。
ここイチバン (?) って時にーッ!!とイライラ。
返す時、文句言っておこう。

モンスターの公式サイト

|

« F1 2006 マレーシアGP | Main | キャットニップ »

Comments

日本だと、
髪型も変えない俳優さんいっぱいいるので
見習ってほしいと思うときがあります。
そういう人は「俳優」さんじゃなくて
「タレント」さんと呼ぶことに決めています。

Posted by: やな | March 21, 2006 at 15:16

日本だと、
本物はたいして美人じゃないのに、
キレイな女優さんがそのまんまで、
しかもちゃんと化粧して新品の服を
着てたりすることがありますよね。
私はそういうのがすっごくイヤです。

Posted by: chibiaya | March 21, 2006 at 23:28

ちょうどWOWOWで放送があったので見てみました。
うん、怖いというよりも哀しいですね。
個人的にはセルの我儘っぷりが頭に来て、
それでもなお、彼女を守ろうとするリーが切なかった。
しかし、C.セロン。
原形(笑)を画像検索してぶっ飛びました!!
美しすぎる…(T_T)まさに体当たりですね。
よくあの役をやったなあ~、と感心しきりでした。
(ファンの男性方は、私の倍以上ぶっ飛んだだろうけど 笑)

Posted by: ねこやしき | April 20, 2006 at 01:04

私も、セルにはイラつきました。
短気そうなリーなのに、どうして彼女には
キレないんだか…ってそれにもイラッ。

素顔がわからなくなるほど特殊メイクして、
体重を13kg も増やして…
C. セロンの原形は留めてないけど、
本当のアイリーンにはソックリですよね~。

Posted by: chibiaya | April 20, 2006 at 12:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/9185907

Listed below are links to weblogs that reference モンスター:

« F1 2006 マレーシアGP | Main | キャットニップ »