« 1 年前の今日 | Main | 沖縄セット 消化レポート -ゴーヤ&スパム編- »

March 29, 2006

ダニー・ザ・ドッグ

Danny幼い頃から、"飼い主" である
悪玉バートの金稼ぎのために、
相手が死ぬまで闘うことだけを
教え込まれ、闘犬のように
育てられてきたダニー。

ふとしたことから、ダニーは盲目の
ピアノ調律師サムと出会い、
次第に彼の人間性や過去が取り戻されていく…

一言で言ってしまうと、とっても感動的な映画。
アクション映画なのかと思っていたんだけど、
どちらかというとヒューマンドラマだった。
アクションシーンもあるにはあるけど、映画のメインは
そっちじゃないな、と。

ジェット・リー演じるダニーが初めてピアノに触れた時に見せる
"犬" から人間へと変化していくその表情が、とっても素晴らしい。

ミリオンダラー・ベイビーに続く、人間や家族の愛について
いろいろ感じる映画なのだった…

ダニー・ザ・ドッグの公式サイト

|

« 1 年前の今日 | Main | 沖縄セット 消化レポート -ゴーヤ&スパム編- »

Comments

ジェット・リーの表情、本当によかったですね。私は、アイスクリームを食べるシーンも好きでした^^しかし、ヒューマンドラマの面に入り込んでみていたら、アクションシーンの激しさに適応できず、体に変な力が入ってしまって、見終わった後どっと疲れを感じました~(^^ゞ

Posted by: ねこやしき | March 29, 2006 at 16:37

あ、そういえばアイスクリームのシーンもよかったですね。
微笑ましかったです。
スープをズズズズーには笑いました。

Posted by: chibiaya | March 29, 2006 at 17:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/9312145

Listed below are links to weblogs that reference ダニー・ザ・ドッグ:

« 1 年前の今日 | Main | 沖縄セット 消化レポート -ゴーヤ&スパム編- »