« ほうき草が… | Main | オレンジパン »

September 24, 2006

ゴースト&ダークネス

Ghostdarknessマイケル・ダグラス、
ヴァル・キルマー主演。
1996年の作品。

カレが観ろと勧めるので…
観て思ったけど、カレが私に
勧めるのって、どういうわけか
みんなアフリカが舞台だ。コレとかコレとか。
カレはたぶん、私が「実話に基づいた映画が好き」だから
勧めているだけだと思うんだけど。

というわけで、これも実話に基づいた作品で、舞台は
1898年のアフリカ。
空腹を満たすためでなく、殺すためだけに (一応食べるが)
人間を襲うライオン2頭と、彼らを追うハンターを描いている。

私はてっきり、アフリカを荒らす白人どもを追い返すために、
ライオンを調教して殺人マシン?化に成功した現地の人が
襲わせてるんだと思った。

映画では、食べるために人間を襲うのではなく、殺しが
楽しいから襲っているのだ、みたいな印象を受けたけど、
そんなのでライオンが人間を襲ったりするのだろうか?
ちょっと疑問。

シカゴの博物館に、この2頭の剥製があるそうです。
どんなふうなんだろう…見てみたい。

…シカゴの博物館を検索したら見つかった。
Field Museum という博物館のHPにありました。

え、何だ、メス 2 頭なの?!
映画ではオス 2 頭だったけど。

となると話は別だ。
人間を襲ったのは、腹を空かせた子どものためだろう。
決まった場所にいつもエサがあるんだから、そりゃ狙うに
決まってるじゃん。
そう思うと「恐ろしいライオンがいたもんだ!」という気持ちは
なくなってくるな…見なきゃよかったかも…
あれ?本文を読むとオス 2 匹だって…
じゃあこの写真のライオンは何…????

ゴースト&ダークネスのあらすじ

|

« ほうき草が… | Main | オレンジパン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/12020252

Listed below are links to weblogs that reference ゴースト&ダークネス:

« ほうき草が… | Main | オレンジパン »