« メルキアデス・エストラーダの 3 度の埋葬 | Main | 屋根裏に断熱材 その 1 »

October 16, 2006

イチジク、ブドウ。

きのうはホームセンター巡りをしてきました。

我が家の断熱材がまったくない天井/屋根裏にDIYで断熱材を
入れることにしたのです。
断熱材はドイトで買ったけど、それを留めるためのステープラーを
求めてあちこち行った。
結局、ジョイフルホンダまで行ったわけだけど、買ったのはドイトでも
売ってたやつだったりして…

Fig_grapeで、ジョイフルホンダへ行ったついでに、
イチジクとブドウの木も買っちゃった。

イチジクの種類はドーフィン
お値段1590円。すでに小指の先ほどの実が
ついてたから、うまくいけば来年収穫も…?!

ただ、祖母からイチジクは虫が幹に入って
枯れることがあると聞いた。
…でも何をどう気をつければいいのだ?
やたら殺虫剤ってわけにもいかないだろうし。

ブドウの種類はスチューベン。お値段599円。
私の知ってるブドウは巨峰、デラウェア、そしてマスカットぐらい。
しかし結構いろいろあるんですね~。
スチューベンがどういうブドウなのかわからないまま買ったけど、
結構メジャーなブドウみたいね ^_^;ゞ

ハナミズキも、花が咲いたり紅葉したりと、なかなか変化に富んでて
悪くはなかったけど、やっぱり、果樹の方が楽しみがあっていいな~。

|

« メルキアデス・エストラーダの 3 度の埋葬 | Main | 屋根裏に断熱材 その 1 »

Comments

巨峰だ~と思って買ったら
スチューベンってシールが貼ってありました。
美味しいブドウでしたよ。
楽しみですね~。
ムシ付きませんかね?
相方に取ってもらえばいいか…。

Posted by: やな | October 16, 2006 at 18:47

ブドウの木を欲しがってた私ですが、
普段ほとんどブドウは買いません (爆)

でも今日、久しぶりに巨峰を食べました。
とーっても美味しかったです。

あんなブドウができるのかしら、本当に…?

虫、素手ではもちろん触れませんが、
手袋とかしてれば平気で触れるので、
私がガンガン取ることになると思います。
なぜなら相方は「キャー虫!」みたいな人なので…

Posted by: chibiaya | October 16, 2006 at 23:28

え゛ぇーっ!?
相方さんムシ嫌いですか~?
ワタシはダンナがいるときは
「ギャーッッ!取ってくれーッ!!」と叫んで取ってもらいますが
いない時は「チッ…」と言いながら
スリッパもしくは丸めた雑誌を持ちます。

Posted by: やな | October 17, 2006 at 10:25

触るのがダメというか、冷静ではなくなります。

私がいたって冷静に
「こんなの土に埋めちゃえばいいよ」
って木の棒で地面に落として土をかけてると
「そんなんじゃダメだよッ!」
と興奮気味にナイフですくい上げて
道路にポイしてます。
轢死させれば一安心、ということらしいです。

Posted by: chibiaya | October 17, 2006 at 12:16

だぁ~い好きなイチヂクジャムを自家生産するために
裏庭に苗木を植えて、早数年…。
毎年見事に実を付けてくれます。
やってることといえば、冬場と、春先に
根元に鶏糞を入れることくらいです。
でも虫がついたことはないです^^
今年は天候のせいで、収穫を危ぶんでいましたが
小ぶりながら、けっこうな数が取れました♪
あ、イチヂクもあのでっかい葉っぱがバサバサ落ちますので、
お掃除頑張ってくださいね^^;
(落ちた実をうっかり踏んづけちゃうと大変ですので、
そちらもお気をつけください。)

Posted by: ねこやしき | October 18, 2006 at 11:39

鶏糞を入れるだけでいいんですね。
虫の問題さえクリアすればやっぱり
簡単そうですね、イチジクって。

あ、これも葉っぱが落ちるんですか~(T T)
でもまあデカイから拾いやすくていいかな (笑)

Posted by: chibiaya | October 18, 2006 at 12:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/12296925

Listed below are links to weblogs that reference イチジク、ブドウ。:

« メルキアデス・エストラーダの 3 度の埋葬 | Main | 屋根裏に断熱材 その 1 »