« F1 2006 日本GP決勝 | Main | ニュー・ワールド »

October 09, 2006

紅玉でタルトタタン

Tartetatan2006約 1 年ぶりのタルトタタン。

今回は紅玉を使いました。
というのも、見切り品で安く
手に入れられたので… ;^_^A

煮たりんごを別の容器に移す (しかもキレイに並べる) のは
大変なので、最初から底の抜けないケーキ型に敷き詰め、
それに生地を被せることにした。

ちょっと煮詰めすぎちゃったようで…
カラメルが焦げました (/_;)クスン
ケーキ型を直接火にかけたのもマズかったかな…
動かしたらせっかくキレイに並べたりんごが崩れると思うと、
そうケーキ型を揺らすわけにもいかないし。

面倒でも、別の鍋で煮た方がいいことがわかった。

去年と同じレシピで作ったんだけど、去年「甘い」と
ブログに書いていたのにも関わらず、今年も同じ分量の
砂糖でりんごを煮た私…やっぱり今年も甘かった。

|
|

« F1 2006 日本GP決勝 | Main | ニュー・ワールド »

Comments

 ケーキ型を直火にかけるとは、大胆すぎ!!ですね(笑)  紅玉って「すっぱい林檎」だけど
レシピ分量の砂糖を入れると甘すぎになりますか? それが気になったりして…
 

Posted by: stream | October 10, 2006 at 04:22

ずいぶん早起き (遅寝?) なんですね…
ビックリの時間です。

ハイ、レシピ通りにやると甘いすぎです。
でももう1人の試食人は何も言わないので
フランスではこれぐらいでよいみたいです。

味がしっかりしてないとダメらしいです、フランス人って。

Posted by: chibiaya | October 10, 2006 at 12:18

う~~~む
「しっかり」とも言うのですね!!
私には「こってり」としか思えないけど(笑)
 気難しい(失礼)フランス人も食べたのだから
「タルト・タタン」焦げても大成功だったみたいですね!!(^_^;)

Posted by: stream | October 10, 2006 at 19:48

お菓子は甘いものなんだから
甘くなくちゃお菓子じゃない!
みたいな理論です。困りものです (笑)

あ、ちなみに、フランス人は一口
食べただけで「もう結構」だそうです o(`へ´)o

作った本人も、コゲ味ばかりでだいぶ
飽きてきました… (笑)

Posted by: chibiaya | October 10, 2006 at 22:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/12203885

Listed below are links to weblogs that reference 紅玉でタルトタタン:

« F1 2006 日本GP決勝 | Main | ニュー・ワールド »