« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

よいお年を…

2006年も、残り12時間をきりました。

コメントやトラックバックをしてくださった皆さま、
読んでくださった皆さま、ありがとうございました。

来年も毎日更新できるよう、ガンバります!

では皆さま、よいお年を…

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

時計じかけのオレンジ

ClockworkS. キューブリック作品。

言葉が、造語の連発で、それが何を
意味するのか考えながらじゃないと
理解できないし、意外と残酷なシーンが
多いもんだから、初めのうちは「ゲーー
何コレーー」という感じだった。

1971年ということは、35年前の映画ということになるけど、
全然そんな感じがしないし、逆に新鮮な感じさえする。
今観ても全然違和感がないから不思議。

ちょっと衝撃的な映画だったなぁ…

時計じかけのオレンジのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 30, 2006

買っちまったゼ!

前から欲しいと思っていたHDDレコーダー。

とうとう買っちゃいました!

SONYのスゴ録。RDR-HX67を。

これからハイビジョンの時代なのに、ハイビジョン対応じゃない
HDDレコーダーでいいのだろうか…と店で悩みに悩んだけど、
カレの「どうせうちのテレビはハイビジョンじゃないんだし」と
「4 年以内に壊れるかもしれないし」に一理あり、と納得。

それに録りたいのはCATVの映画だから、ハイビジョンも何も
関係なかったりするし。

カレは、ハイビジョンしか見られなくなる2011年には、もしかしたら
新しい録画方法が出てるかもしれないよ、とも言ってたけど。

これからはバンバン映画を録りまくりだ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 29, 2006

フルメタル・ジャケット

Fullmetaljacketスタンリー・キューブリックの
映画って、よくよく考えてみると、
2001年…しか観たことがない。

今、ムービープラスでキューブリックの
作品を放送しまくっているので、
チャンスとばかりに観ることにした。

今日はフルメタル・ジャケット。

教官が新入りの見習い兵士 (この時点では兵士じゃない?) を
罵倒するシーンっていうのは、いろんな映画で観たことあるけど、
この映画ほど「すごいな」と思ったことはない。
何でこんな意味不明なこと言う必要があるんだろ…と思いつつ
観ていたんだけど、Wiki にこう書いてあった。

徹底した言葉による辱めにより、一人の人間を完全に
否定し叩き壊し、海兵隊員という鋳型にはめ込み作り変える
作業であった。こうして人格崩壊ギリギリまで追い詰められた
若者自身が兵器と化し、戦場に送り込まれてゆく…
しかし、中には出征前に人格が崩壊する者も…

そういうためだったのか…
確かにあんなのを言われ続けたら、アタマおかしくなるわ。

前半のそういうシーンが強烈だっただけに、後半の
戦地でのシーンはあまり印象に残らなかった。

フルメタル・ジャケットのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 28, 2006

アルティメット

Banlieue13リュック・ベッソン脚本・原案。

気持ちいいぐらい軽やかにビルから
ビルへジャンプしまくるのが、
ヤマカシみたいだ。

まあ、その映画の原案・脚本にも
リュック・ベッソンが絡んでいるから
不思議はないのかもしれないけど。

走って跳んで逃げるシーンはとにかくカッコイイ。
あれをスタントもCGもワイヤーアクションも使わずに
やってるってんだから本当にすごいよなー。

アルティメットの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 27, 2006

卵12コ、その正体は…

カレが作ると言った、卵を12コも使うケーキ。
そんな高コレステロールなもの…と不安だったから、
失敗してくれてよかったーと内心思っていたりする。

だけど、どんなケーキなのか気になるから聞いてみた。

こんなケーキでした。
「Tropézienne aux fraises des bois」ってやつ。
「木いちごのトロペジエンヌ風」とでも訳すのか?
私は見たことも聞いたこともなかったけど、トロペジエンヌって
こういう感じの有名なケーキみたいだ。
ふーん、世の中にはまだまだ知らないお菓子がいっぱいあるんだわ。

レシピを見てみると…
どれどれ、スポンジには卵 3 コ。
で、クリームに卵黄 8 コ!!!!計11コじゃん
しかも牛乳1㍑だし。バターは275g だし。

なんちゅーーー恐ろしいケーキなのーーーー!!

本当に失敗してくれてよかったよ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 26, 2006

今年のクリスマスケーキは…

去年は失敗してケーキなしのクリスマスだった。

そして今年はカレが卵を12コも使うケーキを作ると
言い出した。12コも卵を使うケーキって何なのよ…
恐ろしいったらありゃしない…

が、しかし、スポンジを失敗したということで、
今年もいわゆるクリスマスケーキはなし。

Banana1224_2というわけで、バックアップ用に
作っておいたバナナケーキが
今年のクリスマスケーキ!

ホールタイプです。
バナナ 4 本分入っている。

クリスマスって感じじゃないけど
ないよりマシということで。

何でまたバナナケーキかというと、近所のスーパーで
バナナを安売りしていたから。

Banana1224_1これだけ大量のバナナが、
たったの100円だった。
しかも、熟れ熟れというわけでもない
普通のバナナが。

だけどケーキに使ったのは
たったの 4 本で、まだ2.5房もある。

そのマルヤの隣にある空き店舗に、近々たいやき屋が
オープンする模様。うちから歩いて 3 分ぐらいのところに
たいやき屋ができちゃったら…ヤバイよ…

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 25, 2006

犬猫へのプレゼント

犬猫にもクリスマスを…というわけで、プレゼントを
用意いたしました。

Xmasforpets上段、犬のおやつ。
左は輸入のステーキ味のトリーツ。
右はムニの大好物ペットキッス。

下段、猫のおやつ&ディナー。
左は輸入のウィスカス、ミルク味。
右はカルカン、まぐろと舌平目味。

日本ではミルク味のカリカリなんて売ってないよなーと、
物珍しさで買ってしまいました。
普通のカルカンがクリスマスディナーになるのはですね、
普段、猫たちには、4 缶で100円ぐらいの超激安猫缶しか
あげていないので…
それに「舌平目」つうのがゴージャスな感じだし (笑)

ムニは夕飯を食べなかったので、プレゼントのおやつはお預け。

猫たちは舌平目カルカンもミルク味カリカリもペロリ。
しかし今日からはまたいつもの安い缶詰よ…残念!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

December 24, 2006

ボク、遊ばれてます。

数年前にカレの両親からもらった、フランスの湯たんぽ。
その湯たんぽのカエルみたいな恐竜みたいなカバー。

Pop_kaburimono1それをポップに乗せてみました。
それほど嫌がらないです。

このカバーが着ぐるみだったら
おもしろかったのに…と飼い主は
思っています。 乗せるだけじゃ何かつまんない。

Pop_kaburimono2こんな顔したカバーです。

色が緑だから、カエルだとばかり
ずーっと思っていたんだけど、
よく見ると、ヒゲみたいのがあるのよね。

せっかくもらった湯たんぽだけど、全然使ってません…
一度使ったことあるけど、朝起きたら、人間がやったのか
猫がやったのか、ベッドから落ちてました。
だから使う意味が全然ないのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 23, 2006

ファンタスティック・プラネット

Planetsauvageアニメ映画。
といっても、普通のアニメとは違います。
初めて観たのは数年前。
話にも、その絵にもビックリした。
斬新というか何というか…今まで一度も
観たことがないタイプのものだった。

最近になってまた観たくなって、
近所のレンタル屋に行ってみたけど置いてなくて、
もうこの先観ることはないかな…と思っていたら
再び観れる日がやって来た。

前に観た時は驚きの方が強くて、ただ観ていただけ。
でも今回はじっくりしっかり、落ち着いて観ることができた。

やっぱり、話も絵もシュール。
人間って、普段、そこらへんの虫にこんなふうにしてるんだ…
と、自分がアリになった気分になってくる。

ド肝を抜かれる話と絵だけど、非常によくできてると思います。

ファンタスティック・プラネットのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 22, 2006

ビミョ~な距離感

Quadrangleある日の午後、猫たちは
ベッドの上で寝ていました。

なぜか皆、バラバラに寝てます。

この距離感は何なんでしょうか。

距離があるとはいえ、チビとポップが並んで寝てるし。

猫っておもしろいな~と思った瞬間でした。

ちなみに、この写真が円いのは、写真にしっかり日付が
入ってしまって、それを消そうと努力したんだけど
うまくいかなかったので、円形にトリミングしてみました。
Yahoo! フォト デスクトップアルバム使用。
これを使うと、星とかハートにもできます。
なかなかいいんじゃない…?

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 21, 2006

たったこれだけ!!

明日がボーナスの支給日なのだが…
そしてきのう明細をもらったのだが…

なんじゃい、これ!?前の半分もないし。
ボーナスって言うより小遣いじゃん。
先走っていろいろ買わなくてよかった…

そりゃ私は正社員じゃないですからね、ないよりマシだし
もらえるだけ有り難いとは思うけど、それにしても… (/_;) クスン

出ないと思ってたら出た!って思えば、この金額でも喜べる。

…ってのはわかってるんだけど、あまりにも少なすぎて
そんなポジティブ・シンキングはできません。あーあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 20, 2006

トランスポーター 2

Transporter2ブルース・ウィリスの次に私が
好きなジェイソン・ステイサム主演。

わたし的には、ストーリーは最初の
トランスポーターの方が好き。
だって、2の方は「やりすぎだろ」って
思わずにはいられない。

その「やりすぎ」を「映画だし」と思って観れば楽しめる。

今回の敵役の女殺し屋、強そうな戦いぶりだったのに
何であんなあっけなく終わるのか…
肩すかしを食らった気分。
もうちょっとしぶとく戦ってもよかったのに。

それにしても、やっぱりカッコイイわ、J. ステイサム。

トランスポーター 2 の公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 19, 2006

リバティーン

Libertineジョニー・デップ主演。
J. デップってすごい役者だな~
と思わずにはいられない。
(ついでに、ジョン・マルコビッチも)

話はたいしたことない (?!) し、
お下劣っていうか何ていうか…
オイオイ、何なのコレってシーンもあるし、
誰とでも一緒に観れる映画じゃないなって映画。

いろいろ問題を抱えて「あー困った」と言ってる王のそばで
犬がウンチしてたのはウケた。
「おぉ、犬よ、お前までも…!」みたいなセリフがあるのかと
思ったけど、特にそれに触れなかったところを見ると、
あれは偶然だったのだろうか?だとしたらタイミングよすぎ。

リバティーンのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 18, 2006

ケーキ、2 種。

Demel引き出物のデメルのケーキ。
ヴィーナーシュニッテンです。

この従兄、美味しいものを食べることが
好きとかスピーチで言われてたけど、
デメルのケーキを引き出物にするあたり、ウソでもなさそうである。

Cakeauxfruitsこちら、やまやで買ったフランス産の
パウンドケーキ (398円)。

スーパーで普通に売ってそうな代物。

デメルの方は、品のある甘さで、紅茶でも飲みながら
食べると美味しいかもしれない。

一方、パウンドケーキは甘い。甘すぎ。
カレがいつも私が作るお菓子を「甘くない」という理由が
これでわかった。
フランス人の甘さの基本はこれなんだと思うと、確かに
私が作るものは全然甘くないや。
甘さがしっかりしすぎてるから、苦いブラックコーヒーでも
飲みながらじゃないと口の中がおかしくなりそう。

個人的には、ブラックコーヒー飲みながら甘すぎの
パウンドケーキを食べる方が好き。これのマーブルケーキも
あったから、次はそれを買ってみようっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 17, 2006

サイレントヒル

Silenthillゲームの映画化。
映像にはかなり残虐性アリ。

私は今どきのテレビゲームのことは
まったく知らないけど、ふーん、
今どきの子どもって、こんなゲームを
やってるんだねぇ…
こんなのばっかりやってるから、
とんでもない事件を起こしたりするんだよ、なんて思ってみた。

話はハッキリ言ってつまんない。
バイオ・ハザードみたいなアクション系の映画だと
思ってたんだけど。
ま、元がゲームだと思えば、まあこれもアリかな、と。

サイレントヒルの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 16, 2006

従兄の結婚式

今日は横浜であった従兄の結婚式に行ってきました。

会場はアートグレイス ポートサイドヴィラ

さすがキヤン勤務、豪華ですな~、という感じ。

引き出物にデジカメがもらえたりして、なんて思ったけど、
やっぱそんなわけないよねー (笑)

うーん、それにしても今日は疲れた…

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 15, 2006

唐辛子湯

我が家の青唐辛子。
これを使って柚子胡椒を作ろうと思ったけど、必要なのは
青い柚子。今の時期、青い柚子なんて売ってないし、
だからって黄色の柚子を使うのもどうかと思ったので、
今年はやめておいた。柚子胡椒は来年作ることにしよう。

Togarashi1214というわけで、なかなか出番がなく、
だんだんオレンジ色になってきた。

食べることに使わないなら、
それ以外で何か使い道は…
と思いついたのが唐辛子湯。

唐辛子 5 本をぶつ切りにして、ネットに入れて湯に浮かべる。

おおお~これは~~!
とても体が温まりますですよ!
ただの湯や、入浴剤入りの湯と比べても差は歴然。
温まるスピードが違うし、湯冷めもしにくい。

すごいぞ、唐辛子湯!

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

December 14, 2006

トゥー・フォー・ザ・マネー

2formoneyマシュー・マコノヒー、
アル・パチーノ主演。

レンタル屋でこのDVD見つけて
こんな映画があるのを初めて知った。
豪華な出演陣のわりに、全然
知名度のない映画だね…

しかし、英語をカタカナで表記しただけのタイトルって
イメージしにくくて好きじゃないんだけど、これもしかり。
「トゥー・フォー・ザ・マネー」を「To For The Money」
だと思ってたら「Two For The Money」じゃないの。
それならタイトルの言わんとすることがわかる。
だからカタカナにするだけじゃダメなんだよ。

映画は…可も不可もなく。
すごく面白いというわけでも、つまらないというわけでもない。
演じてるのがM. マコノヒーとA. パチーノだから観てみたけど、
二流俳優のだったら観ないな、という感じかな。

トゥー・フォー・ザ・マネーのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 13, 2006

ヒストリー・オブ・バイオレンス

Historyofviolenceヴィゴ・モーテンセン主演。

若いイメージがあったんだけど、
そんなに若くないな、この人。
…と思ったら48才だった。
ロード・オブ・ザ・リングで名前を
知ったから「新人=若い」って
思ってたせいかも。

タイトルに「バイオレンス」なんてついてるし、R-15だから、
暴力的なシーンがたくさんあるのかと思ったけど、
それほでもない。確かに血が飛び散るシーンは多いけど、
それほど残虐性は感じないというか。

暴力的な映画というよりも、家族について描いている
印象が強いかも。

ヒストリー・オブ・バイオレンスの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 12, 2006

結局、ベルン。

Bern何を送ろうか考えに考えて、
ベルンのミルフィーユを送った。

偶然にも高島屋が送料無料の
お歳暮で扱っていたんですね~。

ムムッ!
調べなければよかったけど、今になって知った事実
私が送った22コ入のやつ、普通に買ったら2,100円。
ってことは…送料に1,050円払っちゃったということね!!
普通に送料払った場合って、確か900円ぐらいのはず…
もちろん100%送料が無料だなんて思ってはなかったけど、
まさか損してるとは思いもよらず。
やー、やるじゃないか、高島屋!!

つーか、調べなきゃよかったよ… (≧◇≦)

追記
やだーー大勘違い。
私が送ったのは、12+12+10の34コじゃないーー。
失礼しましたわ、高島屋さん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 11, 2006

アイス・ハーヴェスト 氷の収穫

Iceharvest主演ジョン・キューザック。
プラス、ビリー・ボブ・ソーントンも
出てるし、あらすじもなかなか…
と思ったけど、思ってたほど
面白くはなかった。

ただ、湖に死体を運ぶシーン、
あれには結構、本当にヴィクは
裏切り者なのか…?とドキドキ。

それ以外はまあ…そんなでも…
100円レンタルだから許すけどさ。

アイス・ハーヴェスト 氷の収穫のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 10, 2006

一緒にお出かけ

隣の解体が始まってから、ムニの食欲が落ちた。
そりゃまあ朝から夕方までずーっとうるさいんだから
調子が狂うのも当然ってもんだ。

で、ちょっとでも騒音から解放してあげようと思って、
近所の買い物にムニも一緒に連れて行くことにした。

ムニの人生において、車に乗るのはこれが 4 度目。
初めては、館林からうちに連れてきた時。
すぐに酔っちゃって、道中、ずーっとゲロゲロだった。
2 度目は前の家から今の家に引っ越す時。
この時は乗ってる時間が10分ぐらいしかなかったから、
何の問題もなかった。
3 度目は、伊豆への旅行の時。
家を出て数分のうちにゲロゲロ。いやーこの時は本当に
着くまで大変だったわ…犬も人間も。

そんな感じで、車はまったくダメなムニだけど、うるさいより
マシだろうという飼い主の勝手な判断と愛情の押し売りで
ムニを車に乗せた。
最初のうちはガタガタ震えが止まらなかったけど、
しばらくしたら震えは治まり、ジッと座るように。
そしてキョロキョロ窓の外を見る余裕すら。

おおーッ!ついに克服したか?!と喜んでみたけど、
しばらくしてゲロゲロしてしまいました…

Muni20061209良かれと思って車に
乗せたけど、やっぱ無理かァ…

車嫌いにトドメを刺したかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 09, 2006

こちらの方にも好評です。

隣の解体が朝の 8 時から始まって寝ちゃおれん。
せっかくの休みなのに~。

さて、母からもらった外郎、きのうで食べきりました。
アッという間になくなっちゃったなァ…
でもこれでしばらく外郎は食べなくてもいいかな。

カレには「甘くない」と不評の外郎だったけど、
こちらの方には人気ありました。

Pop_uiroポップです。
外郎、大好きみたいです。

もともと何でも食べるけど、
まさか外郎も食べるとは…

恐るべしポップ!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 08, 2006

ホテル・ルワンダ

Rwanda1994年のルワンダにおける
フツ族によるツチ族の大量虐殺に
関する実話に基づく映画。

私には、フツもツチも同じに見えるだけに、
何でそんなことぐらいで、子孫残すまじ!
とばかりに大虐殺までしてしまうのか
さっぱり理解できない。

ほんの12年前に、アフリカ大陸でこんなことが
起きていたんだから、信じられない。
12年前って…
私18才、アメリカに行きたいな~とか思ってた頃。
生まれた場所が違うだけで、こんなにも人生が大きく
違ってくるんだから、人生ってわからないもんだ。
日本人に生まれてよかった…

今のルワンダはどうなっているのだろうか?
おおお!ルワンダについて、Wiki で調べてみたら、
4月7日が「大量虐殺記念日」だって!
そんなのを記念日に…と思ったけど、よく考えたら
日本の「原爆記念日」と同じことか…

ホテル・ルワンダの公式サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 07, 2006

朝からドッキリ

今朝は壁の内側からのガサガサという音で目覚めた。
ニャプーは布団の中にいる。
ポップは私の横で丸まってる。
ミルキーは…あ、いた、私が起きるの待ってるし。
チビが…チビがいない…音の主はチビだ。

天井に上がって、何かの拍子に壁の隙間に落ちたんだ…
そして出るに出れなくなって壁の間でもがいてるんだ…

めっきり寒くなって、朝、布団から出るのが億劫になってきたけど、
ガバッと飛び起き、壁を叩きながら「チビ」「チビ」と呼んでみる。
さっきまでガサゴソしてたのに、シーンと静まり返ったまま。

疲れて力尽きたのだろうか?!
キャー!大変だーー!

…と思いつつも、とりあえず顔洗って着替えてから…と
下へ降りようとしたら、いたよ、チビ。
1 階から私を「あ、起きてきた」みたいな感じで見上げてるし。

チ~~~~ビ~~~~め~~~~

Chibi20061207単に 1 階と 2 階の間の天井裏に
入ってただけみたいだ。
いざとなったら壁を打ち壊すしかないな、
なんて思って心配したのがアホらしいったら!
まあ冷静に考えたら、壁の隙間に猫が
入り込むなんてことありえないわけだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 05, 2006

ダ・ヴィンチ・コード

Davincicode本も映画も話題になってたから
期待しすぎたせいだろうか。
つまらなすぎ。
オチが読めちゃったら、こういう
謎解きモノは何も面白くない。

それに、出てくる用語が見慣れない
文字ばかりだから、字幕をスーッと
読むことができなくて、もたもた読んでると画面の
変化についていけない、なんて事態も…
かといって、吹き替えで観るのは絶対イヤだし。

本で読んだ方が楽しめるのかもしれない。
何だかなァ~期待はずれ。

ダ・ヴィンチ・コードの公式サイト

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

December 04, 2006

また建て替え…

お隣さんが家を建て替えることになった。
で、きのうそのご挨拶に見えたんだけど、建て替えは
旭化成のへーベルハウスなんだそうで、へーベルハウスから
サランサップを 2 つもらいました。
前の日にサランサップ買ったばっかりなのに…チェッ。
(隣は本当に日当たりが悪いからへーベルハウスを選んだ理由が
わからなくもないワ…屋上に庭ができたりするのかな?)

それはともかく。
ほら、やっぱり、こうだよ、こう!
建て替えって、近隣の住民に長いこと迷惑かけるわけだから、
家主 (と建築会社) が挨拶回りするもんなんだよ!
なのに、まだ根に持ってるわけだけど、向かいの家の人間は
何の前触れもなしに建て替えたもんね。
まったく、思い出すだけでも腹が立つ。
腹が立つ出来事

隣の工事は今日から 3 月中旬までとのこと。
長いなーーー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

December 03, 2006

御堀堂の外郎

Uiro_1じゃじゃーん!!

ついに届きました、外郎!
しかも御堀堂!!

うれしすぎて、思わずギュッと
抱きしめちゃいました。

今、春日部のイトーヨーカドーで中国地方の物産展
(というほどの規模でもないけど…) をやってて、
本多屋のおいでませという外郎が売られている。
もし母から外郎が送られてこなかったら、たぶん
コレを買ってただろうな…

Uiro_2黒外郎、白外郎、抹茶外郎。

小ぶりの外郎でよかった…
もし大ぶりのだったら、
切らずに 1 本、自分 1 人で
モリモリ食べちゃうかも、だし。

久しぶりの外郎、身がよじれるほど美味しかった!
んもー今なら死んでもイイッ!ってぐらい満足。

Uiro_3ちょっと見づらいけど、
御堀堂の外郎の由来です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 02, 2006

グッドナイト&グッドラック

Goodnightgoodluckエド・マローの実話に基づく映画。
全編モノクロ。

つい最近、松本清張の本で日本版の
赤狩り (レッドパージ) についてを
読んだこともあり、アメリカの赤狩りにも
ちょっと興味があった。

世界中で共産主義をこんなに
恐れていた時代があったなんて、今の世の中を見てると
信じられない。しかもあのアメリカで!という感じ。

映像的にもセンスがあって、ところどころで流れる
ジャズもいい感じだし、勉強にもなった。

結構話題になった映画だと思ってたのに、うちの近所の
レンタル屋には1本しか置いてなかった。
興味のある人、少ないのかなー、これ?

グッドナイト&グッドラックの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

December 01, 2006

Live Free or Die Hard

おっとととー。
ダイ・ハード 4 の撮影が始まってるそうだ。
「Live Free or Die Hard」というのが原題。

2007年6月29日が全米公開日なんだそうで…
まだまだ当分先の話だわね~。

Livefreeordiehardずいぶん血まみれだなあ…

相変わらず、なかなか
死なない男を演じている様子。

ブルース・ウィリスといえば、今、
16ブロックが公開中。

この映画のB. ウィリスはヘンに髪の毛があるから
嫌いだけど (笑) ツルッパゲの方がよく似合うのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« November 2006 | Main | January 2007 »