« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

カンパニー・マン

CompanymanCUBEに似た感じの映画だと
思ったら、同じ監督の作品だった。

自分自身を消して、産業スパイや
二重スパイまでしておいて、
そうしなければならなかった
理由がそれかい!という感じで、
最後は肩すかし食らった気分。

そこは「エーッ」って感じだったけど、そこに至るまでは
結構ドキドキして楽しめる。

最後がああじゃなければなぁ…ちょっと残念。

カンパニー・マンの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2007

初めての沖縄 猫編

妹宅にも猫がいる。

私も妹も、家を出るまでは犬も猫も飼ったことがなく
(マンション住まいだったこともあるけど)、2 人とも特に
「猫ってカワイイ~」と思っていたわけでもないのに、
なぜか 2 人して猫を飼ってる人と結婚。
そして今では 2 人とも猫大好き人間に。

さて、そんな妹宅の猫を紹介。
Fafa完全外飼いのファーファ。
痩せてはないけど、ここまで
大きく見えるのは、毛が
モコモコしてるから。

尿道結石だったか何だったか、とにかく病気を患い、
尿管か何かを手術したそうで、うまくオシッコができず
垂れ流し状態で、とっても臭いので家には入れられない、
という理由で外飼いだとか。
そんなの可哀そうだよーと思ったけど、確かに (-_-;)

Nyanya私の大好きな毛色をしたニャーニャ。
ヒジョーにおとなしい猫で、
初対面の私が抱っこしても
まったく嫌がらなかった。
というか、喜んでるようにも
見えなかったけど llllll(-_-;)llllll

Pon最後はポン。
白い毛と碧い目がとっても
キレイな猫。
約 1 歳のおてんば娘。

呆れるほどジャレる。
ジャレるのは構わないんだけど、爪を出したり
噛みついたり…相手する方はかなり痛い (>_<)

やりたい放題のポンだけど、この家には天敵がいた。
それは妹婿さんの弟夫婦の子ども達!
とにかく追いかけ回されていた。もちろん捕まったら
何をされるかわからないからポンも必死で逃げる。
逃げれば逃げるほど面白がって子ども達は追う。
いやいや、ポンも大変だなあ…

でも 3 匹ともとっても人懐こくて、とっても可愛かった。
私はニャーニャがいちばんお気に入り。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 29, 2007

ソーキそば

沖縄で買ってきた沖縄そば (乾麺) とダシ (インスタント) と
ソーキ (レトルト) を使って作ってみた。
カレにとっては、これが初沖縄料理。

Sokisoba_home麺を茹で、ソーキを温め、ダシを
お湯で溶き、ネギを散らすだけ。
超カンタン。
アッという間にできた。
失敗なんてありえない。

こうれいぐす (こーれーぐーす) をお好みでちょちょっと。

このフェトチーネみたいな沖縄そば、パスタみたい。
パスタの代わりにも使えそうだ。
ダシはインスタントだから、普通に美味しい。

でもソーキは…これは…どうなの…
骨付きだと思ってたのに骨がないなーと、ソーキの入ってた
袋をよーくよく見たら軟骨付きって書いてあるし。
うーん、不味くはないけど、何だか気分半減…

で、カレはというと、「これ、脂っぽい」と言って半分以上
残しました。いつもバターたっぷりのもの作るくせに
何言ってんだか。

妹から、さらに沖縄そば&ソーキが送られてきたけど、
これは私 1 人で消費するかな!
私はソーキそば、大好きだ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 28, 2007

コーヒー&シガレッツ

Ccコーヒーとタバコにまつわる
11話の短編からなる映画。
私はよく知らないのだが、
ジム・ジャームッシュという
有名な人の作品らしい。

どの話も、別にこれといって
たいしたものではない。
他人の普通の会話を聞いてる感じ。
だからどうってことない映画、といえばそれまで。

だけど、どの話にも必ず白と黒の格子模様の
テーブルが出てきたりしてるところがなかなかオシャレ。

ただ、こういう芸術性の高い映画は私にはちょっと
不向きだったかもしれない。

コーヒー&シガレッツの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2007

小さくなったトロワグロ。

2007troisgros今年のトロワグロの
ガレット・デ・ロワ。

去年は大きいのと小さいのと
サイズが 2 種類あったけど、
今年はその小さい方のサイズ、15cm のやつしかなかった。

お値段は1,680円。結構高いぞ、これ。
来年からトロワグロで買うのはやめようかな…などと
帰りの電車で思ってみた。

でもやっぱり、トロワグロは美味しい!
パイ生地もそうなんだけど、中のアーモンドクリームが
違うんだな、全然。

小さくなっても、値上げされても、やっぱりトロワグロの
ガレット・デ・ロワは食べなくちゃ…!!

ちなみに、またもフェーブをいきなり当ててしまった。
二度も一発で当てるなんて…何かいいことあるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2007

初めての沖縄 ④

沖縄、最後の日。

From_musubiyaこれは前日の夕方の写真。
こんな感じで日が暮れたから
もしかして今日こそは…?!
と起きてみれば、外はドシャ降り。
本当に、最初から最後まで天気には恵まれなかったワ…

ま、もう帰るだけだから、どーでもいいやーー。

朝食は妹宅にて。マルコポーロのパンはすごく美味しいと
妹夫婦は絶賛していたけど、確かにこれは美味しい。

那覇空港へは高速バスで行くことにし、朝食を済ませ、
休む間もなく家を出る。
9:20に名護バスターミナルを出発。
沖縄時間で運行してたらどーしよーとドキドキだったけど、
時間通りに出て、定刻より5分早く到着した。

お土産を買って一段落したところで、機中で食べる昼食を
求めて空港内をウロウロ。しかし結局、サンドイッチか
おにぎりにするかーとファミリーマートに寄ってみる。
Okinawa_onigiri
そして買ったのがコレ。
「沖縄限定」に弱い私。
ポーク玉子シーチキンマヨネーズと油みそのおにぎり。

しかし、機中では何となく食べづらくて (昼時なのに、
なぜか誰も食べていない…)、結局、油みそだけ食べて、
ポーク玉子の方は家まで持って帰った (-_-;)

油みその方は美味くも不味くも、特に特徴のない味。
ポーク玉子の方は、なかなかイケル。沖縄限定にせず、
全国で販売してもいいように思うけど。

飛行機は定刻から15分遅れの12:00に那覇を離陸し、
14:15頃に無事、羽田に到着。

Okinawa_miyageこれが持って帰った
お土産。
泡盛以外は自分用。
黒糖と紅いもで何作ろう~?

アッという間の 4 日間だった。
結構楽しかったから、また近いうちに行けたらいいな!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

January 25, 2007

初めての沖縄 ③

今日こそは眼下に広がる青い海…と期待して起きたけど、
この日も天気はイマイチ。雨じゃないだけマシか…

朝食を食べに妹の家へ。
この日は妹夫婦と沖縄ツアー。南部へお出かけ。
沖縄へ行ったら、本当はひめゆりの塔へ行くべきなんだろうが、
妹婿さんが「あそこへ行くと気分が重くなる」と言うので、
今回はパス。

Gyokusendo車は一路、玉泉洞へ。
ここは鍾乳洞があったり、ハブの
博物館があったり、シーサーを
作れたり、生のエイサーを見たり、
まあ何というか、沖縄に触れる
テーマパークみたいなもんだろうか。
回ってて思ったけど、ここって
なかなか商売上手だな。

沖縄にどっぷり浸った後は、車で北へ。
Chinenmisaki途中、知念岬から雄大で美しい
海原を眺める。
天気が良ければもっともっと
キレイらしいんだけど。
とにかく、雨じゃないだけマシか。

この日の昼食は沖縄市漁業協同組合がやってる直売店で。
「パヤオ直売店」と看板が出ていた。
パヤオって、沖縄弁でどういう意味なんだろう…?
Iseebiuniいろんなメニューがあったけど、
選んだのは妹夫婦オススメの
「伊勢海老のウニ焼き」定食。
オマケのような刺身は、
トンボマグロ。
「トンボマグロ」って初耳だな~と思って調べてみたら、
いわゆるビンチョウマグロのことだった。

この定食、激ウマ!本当に!!
私、ウニって好きじゃないんだけど、泡盛と混ぜてある
(らしい) このウニソースは美味しい!
伊勢海老は頭から尾まで身がぎっしり&プリプリ、
何杯でもご飯がいけそう。

Payao_fishesちなみに、漁協の売店なので
魚や海産物も売っていた。
沖縄だなーッ!という魚たち。
聞いたことない名前ばっかりだし。

伊勢海老定食の値段は1,600円。
安いと思うか高いと思うかは人それぞれだけど、
私には破格の安さに思えた。

妹夫婦に用があるからと、昼食後はまっすぐ今帰仁へ。
途中、マルコポーロという店で翌朝用のパンを購入。

今帰仁に戻り、ヒマな私と母は、歩いて今帰仁城跡へ。
のんびりしてると日が暮れる…!という感じだったので、
中には入らず、さらっと外だけ見て宿へ戻る。

車に乗ってる時間が長かったせいか、とても疲れ、
早々と消灯。そんな 3 日目だった。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

January 24, 2007

初めての沖縄 ②

カーテンを開ければ眼下には青い海と青い空…!と
起きてみれば、普通に雨が降っている…というか、雨音で
目覚めたような。
この日も 1 日中雨が降っていた。

キッチン付きのコンドミニアムだったので、朝食は部屋で。
Kenkopan前日にジャスコでいろいろと購入。
ぐしけんパンの健康パン。
レトロな絵がいい感じ。
このタイプの食パンを多く見かけたけど、やっぱりアメリカの
影響が大きいのだろうか?

チェックアウト後は、妹の住む今帰仁村へ行くため、
太平洋側から東シナ海側へドライブがてら移動。
途中、屋我地島を通り古宇利島へ。
Kouriohashiこれが、古宇利島から見る海。
妹は晴れてたらもっとキレイなのにー!
と言ってたけど、なんのなんの、雨でも
曇りでも十分美しさを堪能できたよ…
と思ってたけど、そのリンク先の
写真を見ると確かに…

古宇利島をさらりと 1 周し、昼食を食べる予定になっている
大家 (うふやー) へ。
冬なのに、1 月なのに、屋外の滝壺の真横の席で食べた。
それでも寒いと思わないから沖縄ってスゴイなー!
Sokisoba食べたのはこちら、ソーキそばと
じゅーしーのセット。
どっちも美味しかった。
じゅーしーは炊き込みご飯で、
ちまきっぽい感じ。
「じゅーしー」って名前がいいよね~聞いただけでヨダレが出る (笑)

お腹いっぱいになった後は、八重岳の開花し始めの
寒緋桜を見て、有名な美ら海水族館へ。
ChuraumiANAのCMで見たとおり、
すごい迫力の大水槽!!
1 日中その水槽の前にいても
退屈しないだろうな~。
行く価値あり。

水族館の次に、同じ敷地内にある熱帯ドリームセンターへ。
ここは植物園で、行ってみると結構楽しめるんだけど、
水族館から離れてすぎているせいか、人影まばら。
ほとんど貸し切り状態だった。

この後が、この旅行の目的である妹の婚家の皆さん (おじぃ、
おばぁ、弟夫婦と 4 人の子どもたち、飼い猫 3 匹) とのご対面!
おばぁ特製のテビチ (豚足を煮込んだやつ) などを、もう食えん!
というぐらいご馳走になり、歓待していただいた。

この日の夜は、今帰仁村にある結家に宿泊。
カヌチャとは雲泥の差ほどある宿だけど、手作り感いっぱいで
雰囲気は悪くない。
でも人見知りの激しい私は、こういうのは苦手だわ…
という感じで 2 日目は終わったのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 23, 2007

初めての沖縄 ①

10:25羽田発、13:10那覇着。沖縄の天気は雨。

着いた早々、空港内のA&W にて昼食。
沖縄でハンバーガーというと、A&W かマクドナルドだそうだ。
こっちのファストフードと変わらないけど、ここで食べるなら
「ルートビア」を飲んだ方がいい、という妹の薦めに従って
飲んでみたけど…うーん、これってDr. ペッパーじゃん…

Shurijo昼食後、迎えに来てくれた
妹夫婦と合流し、首里城へ。
何だかイメージしてたより
地味というか小さいというか、ズバリ言うなら意外に
しょぼいな~と (笑)
首里城見学後は今夜の宿泊先の名護を目指し、北上。
途中、勝連半島と平安座島を結ぶ海中道路を回り、
Whitekitchen金武町のWhite Kitchen という
店で夕食。
キャンプハンセンがすぐそばに
あるため、どちらかというと地元民より
米兵をメインに商売してる店のようだ。

Diner0118そのせいか、ボリューム満点で激安。
この写真のタコライスもシュリンプ
焼きそばも一皿500円。

ちなみに、シュリンプ焼きそばはいわゆる焼きそばとは違い、
パスタのような太めの麺に (たぶん沖縄そば)、中華風の
味付けがされている。
これ以外にタコスも食べたけど、どれもこれも激ウマ。
それでこの値段は安すぎ!

その後は、宿泊先のカヌチャリゾートへ。
妹婿さんが、取ってくれたのだ。
HPを見てもらえばわかるけど、本当にすっごい。
こういうのをリゾートホテルって言うんだわ!と感動。
こうして 1 日目は終了したのでした…おしまい。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

January 22, 2007

目黒五十番

甘いものをほとんど食べないという妹夫婦一家への
お土産って難しいな~と、悩みに悩んで持ってったのが
コレ。目黒五十番の中華まん。

旅行の前日の仕事帰り、目黒の本店まで小雨のパラつく中、
はるばる歩いて行ったのに、野菜まんと椎茸肉まんだけしか
残ってなくて、結局、恵比寿の三越に出てる店で購入。

Meguro50私も食べたことがなかったから、
便乗してミニ肉まんを購入 (210円)。
ミニっていうけど、コンビニで
売ってるのぐらいある。

うわ~肉汁たっぷり~~。
具もたっぷりだ。

さすが、人気の店だけあってウマイ!!

今頃、妹夫婦 (特に妹婿さん) は「美味しい~ッ!」と喜んで
食べてくれてるかな…だといいけど。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 21, 2007

レイヤー・ケーキ

Layercake6 代目ジェームズ・ボンドの
ダニエル・クレイグ主演。

彼の007はまだ観てないけど、
この映画の彼を観る限りでは
あんまりジェームズ・ボンドって
感じじゃないナァ…

それはさておき。
いろんな名前が出てきて、ちょっとアタマが混乱したけど、
結構面白い映画だった。

でもエンディングに、ナントカ カントカありゃしない~
みんな おいらが悪いのさ~と志村けんが歌うあの歌の
メロディーが流れたもんだから、何だか一気に興ざめ。
よりによって何でこの曲なの…

レイヤー・ケーキの公式サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 20, 2007

ボン・ヴォヤージュ

Bonvoyageイザベル・アジャーニ、
ジェラール・ドパルデュー主演。

テンポよく話が進んでいく。
I. アジャーニ演じるヴィヴィアンヌが
早口でうるさいな、と思わないでも
なかったけど、でもたいして
期待してなかっただけに意外に楽しめた。

パリからボルドーに逃げてきた人たちがホテルに押しかけ、
フロントでマネージャーらしき従業員にわいのわいの
言ってるシーン。
思わず「大変だねぇ…」と従業員に言ってあげたくなった (笑)

自己主張の激しいフランス人に囲まれて、あんなふうに
あーだこーだ言われたら…おぉ恐ろしや。

アングレームの名が出てきた時は、ちょっと興奮。
その街へは何度か行ったことあるし、アングレーム駅から
TGVにも乗ったことあるんだもん。
まあ、映画には街並みも駅も出てこなかったけど。

ボン・ヴォヤージュのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2007

アラクノフォビア

Arachinophobia劇場公開時に、重々しい声で
「アラクノフォビア」と言うCMを
やっていたのを覚えている。

まだ観たことなかったし、ちょうど
CATVでやってたから観てみた。

毒グモパニック映画だったとは…!
下調べしてから観ればよかった…
こういうの、好きじゃないんだよね。

基本的に虫は嫌いじゃないけど、クモだけは別。
これだけはどーーーーにも好きになれない。
形も嫌いだけど、何よりイヤなのはクモの巣の感触。
子どもの頃、クモの巣が思いっきり顔にかかったことがあって、
あれ以来、クモもクモの巣も大ッ嫌い!!

だから主人公のクモへの恐怖心はわかるんだけど…
あんまりたいしたことない映画だった。

害虫駆除業者を演じるジョン・グッドマンがいい感じ。

アラクノフォビアのあらすじ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 18, 2007

行ってきまーす!

今日から 3 泊 4 日で沖縄へ。

その間、ブログの更新は、溜まっていた映画の感想で
ごまかして、その代わり、帰ってきたらドーン!とまとめて、
だけどいっぺんに書くのはしんどいので、ちょびっとずつ
書いていく予定。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 17, 2007

これで二度目の…

今年に入ってから私のケータイにかかってくる、ツキダさんという
見知らぬオジサンからの電話。
そして毎度メッセージを残してくれる。

1 回目は仕事始めの日。
「明けましておめでとうございます。今年もよろしく」
みたいなどうでもいいメッセージだった。
2 回目はきのう。
「至急連絡とりたいんですが…連絡ください」

二度もかかってくるということは、ツキダさんのケータイに
私の番号が、でもって、それはヤマダさん (仮) とかで
登録されているんだろう。

電話に出て、「番号違ってますよ」と言ってあげればいいのは
わかってるけど、いくらケータイでも、見知らぬ人からの
電話には絶対出たくない。

ツキダさん、無事に某氏と連絡とれたんだろうか…?
なわけないか…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 16, 2007

げっ!雨!?

いよいよ 2 日後には沖縄。ヤッホー。

週間天気予報で天気をチェック!

なんと…曇りと雨…晴れの日がない…
何でよりによって…

忘れてるだけかもしれないけど、私の「ここぞ!」
という日はいつも晴れていたような気がするから
自分は晴れ女だと思ってたんだけどな~。

いやいや、まだわからない。
きのうの時点では18日は曇り一時雨だったのが、
今日はただの曇りになってるし、もしかしたら明日は
全部曇りとかに変わってるかもしれないし…
どこまでもポジティブな私なのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2007

ベイクドチーズケーキ

人生で初のチーズケーキ作り。

スフレタイプを作ったつもりだったんだけど、できたのは
濃厚なニューヨーク・チーズケーキタイプだった。

Nycheesecake1底の抜けるケーキ型で焼く。

焼けたらすぐに横の敷き紙を
はがさないと、ケーキがヘコむと
レシピに書いてあったから、早く
はがさねば!と底を持ち上げたはいい。

が、これ、どうやって皿に移すの…?
どーしよ、どーしよ…?!とプチパニック。
どうしていいかわからず、皿にひっくり返して出した私。
なので、表面がメチャメチャに。

後になって冷静に考えたけど、型の高さより上に
持ち上げて皿にスライドさせればよかっただけじゃん。
「型が熱い=触ると火傷」で頭がいっぱいだったから、
型を腕に通すことなんて考えもしなかった。

Nycheesecake2みっしり。

ふんわりふわふわしたスフレタイプは
あんまり好きじゃないけど (じゃあ何で
作ろうとしたんだよ!って話だけど)、みっしりタイプの
チーズケーキは結構好きかも。
自画自賛ながら、これ、みっしりしてて美味しい~。

自分用の覚え書きとしてここにレシピを書いておこう。
-- 材料 --
クリームチーズ 250g
砂糖 100g
卵 3コ
生クリーム 200cc
レモン汁 1コ分
薄力粉・強力粉 各25g

-- 作り方 --
* オーブンを160℃で予熱しておく
① クリームチーズを柔らかくして練る。
② 練ったクリームチーズに砂糖を加えよく混ぜる。
③ 卵を1コずつ入れては混ぜる。
④ 生クリーム、レモン汁、ふるった粉類の順で入れていく。
⑤ 型に流し入れ、160℃で40分焼く。
⑥ 焼けたらすぐに横の敷き紙をはがし、冷まして完成。

オリジナルはこちら
Cpicon あっさり簡単☆ベイクドチーズケーキ♪ by けゆあ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 14, 2007

床の色

私が沖縄に行っている間に、カレがフローリングにペンキを
塗ってくれることになった。

私の希望の色は、グレーっぽい白というか、白っぽい
グレーというか。

リボス社のカルデットというオイルステインのライトグレー
まさにこれ!なんだけど、扱っている店はほとんどない。
ということは通販で買うしかないけど、4 日後には沖縄に
行くわけだから、今注文したって…

ダメもとで、ジョイフル本田へ行ってみたけど、やっぱり
カルデットは置いてなかった…

Paintsというわけで、選んだのは
コンゾランのライトアイボリー。

床に使っていいものなのか
イマイチ自信がないが、
「屋内外」って書いてあるから床に使っても問題はないだろう。
それにどうせ上から防水剤を塗るし…って、これも床に
使っていいものなんだろうか?用途を見ると、屋外の
木材に使うものっぽいんだけど…
ダメとは書いてないからいいんだよね、きっと… ドキ(*゚д゚*)ドキ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 13, 2007

アメリカの友人

Americanfriendデニス・ホッパー、
ブルーノ・ガンツ主演。
1977年の作品。

ヒトラー 最期の…でヒトラーを
演じていたのがブルーノ・ガンツ。
普通はどんな感じの人なのか
見てみたくてこの映画を観ました。

30年も前の映画だから、今と風貌が違うのは当然としても、
それでも全然違う人みたいだ。

ストーリーは、ちょっと雑だなという気がしないでもない。
だって、素人に特急列車という逃げ場のない状態での
殺人を依頼して、それが結構あっさり成功しちゃうなんて、
そんなのあり得ないでしょ~?って思うんだけど。

30年前なら、そういうのもありなのか?

アメリカの友人のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2007

隠された記憶

Kioku「衝撃」だったか「驚愕」だったか、
とにかくラストにエッ!となる、
みたいなことがパッケージに
書いてあったけど、本当に
エッ!!だった。

ある夫婦のもとに、差出人不明の奇妙な
絵や自宅が映ったビデオテープが届けられ…
という話なんだけど、だから当然最後にその犯人がわかって、
で、その犯人が「エッ!コイツだったのか!」となるんだと
思っていたら…

結局、犯人がハッキリわからないままエンディング。

「エッ、これで終わり?!」の「エッ」なのであった。
こんな映画ってありなの~?

特典映像で監督が、テープを誰が置いたかは大事なことじゃなくて、
観る人の解釈に任せるってなことと、テーマは「罪」だとか
言ってたから、これでいいんだろうけど、何だかな~。

隠された記憶の公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2007

無言の圧力

きのうの夜、布団に入った時のこと。

珍しくミルキーがいちばんに枕元にやって来た。

あらあら今日は甘えん坊?と頭ナデてやったんだけど、
あんまり喜んでる感じじゃない。

ハッ!!もしかして…

階下に降り、カリカリ皿のチェック!

やっぱり空だ。

ごめんごめん、ミルキー。

皿にザザーッとカリカリを入れてやったら、速攻で
4 匹がやって来た。
みんなカリカリが出てくるの待ってたんだ。

でも、ただウロウロしただけで、カリカリがないってことを
理解できる私ってなかなかやるじゃん!って自分で
思ったりしてみた…

Milky20070111催促しなくてもカリカリは
常にある、これ常識!
空になっても気づかないなんて
なんて飼い主!

とミルキーは思っているのかもね…

| | Comments (4)

January 10, 2007

サハラに舞う羽根

Fourfeathersヒース・レジャー主演。
英国文学の古典が原作だそう。

話はまあまあ。
「古典」だから、こういうのもアリかな、
と納得してみる。

原題は「The Four Feathers」。
でも日本語は「サハラに舞う羽根」。

カレは「スーダンでの話なのに、何でサハラなのか」とご立腹。
地図を見ると、スーダンもサハラ砂漠にかかってるから、
これでいいんじゃないの、と私は思うけど。
でもこの映画の場合、原題の直訳でもよかったような。

サハラに舞う羽根のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2007

パイレーツ・オブ・カリビアン / デッドマンズ・チェスト

Deadmanschestジョニー・デップ主演。
他にオーランド・ブルーム、
キーラ・ナイトレイ。

前作の呪われた海賊たちの内容は
あまり覚えてないんだけど、だけど
今回のを観て思ったのは、前の方が
面白かったかな。

前作はもうちょっと現実の世界に近い感じだったのが、
今回は思いっきり別の世界へ行ってしまったようで…
実話じゃないんだし、巨大なタコだかイカだが船を襲ったって…
顔面にタコだかイカだかの足が生えてる人間みたいな
ワケわかんない生き物が出てきたって…とは思うんだけど、
だけど何だかな~そこが私にはつまらない。

それからちょっと時間が長いのも気になりました。
それほど面白くないから長く感じたのかもしれないけど。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの公式サイト

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 08, 2007

フローリング

年末年始にかけて、リビングとして使っている和室を
フローリングにしました。

Flooring_1ちょっと写真を撮るのが
遅れたけれど…
もとはごくごく普通の和室だった。

畳がボロくなってきたのと、猫がしょっちゅうゲロリンして
畳だと後始末が大変だから、という理由でフローリングに。

Flooring_2市販のフローリング材ではなく、
普通の木材を使うことに。

フローリングにするために買った物は
根太のための木材と断熱材の
発砲スチロール、フローリング材代わりの木材、釘、
隙間を埋めるためのパテ、カラーニス。
しめて 3 万円弱。

Flooring_3途中経過。
どんな感じになるのか、木材を
並べてみたところ。

キレイになるって気分いいナ。

Flooring_4完成。
それにしても、部屋が明るくなった。
あとはパテとニスを塗るだけ…だけど、
それは明日からカレが始める予定。

Flooring_5要らなくなった畳は、とりあえず庭に。

どういう方法で捨てるにせよ、
お金が要るのは間違いないから
どうしようか考え中。

しばらくはムニの昼寝スペースとして活用しておこう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 07, 2007

ザ・マークスマン

Marksmanウェズリー・スナイプス主演。

「マークスマン」とは、ミサイルを
誘導するためのターゲットを
設置するのが仕事の兵士のこと。

一概に兵士と言っても、いろんな
仕事があるもんですねぇ…

カレは今はGPSとかがあるから、こんなことしないって
言ってますが。カレの言うことが正しいのかどうか
わかんないけど、まあこうする場合もあったりするんだろう。

アメリカ万歳!的な映画。
というわけで、話はたいしたことないです。
ケッ、そんなうまくいわけねーだろーと毒突きたくなる。

米軍への入隊をそそのかすための映画かと思っちゃう。

ザ・マークスマンの公式サイト

| | Comments (0)

January 06, 2007

神戸屋のガレット・デ・ロワ。

今年もガレット・デ・ロワの季節がやってきた。
トロワグロの前のウォーミングアップとして、まずは
神戸屋のガレット・デ・ロワを買う。

Galette2007お値段1,260円。お手頃。

フェーブは別添で、フェーブの
代わりに栗が入っている。

一発で栗を当ててしまった…
王冠かぶりながら切ったのがいけなかったかしらん。
一発で当てちゃうとつまんないのになー。

真っ二つに切れたので、今回は私もカレも王様ということで。

Feve_collection2007そしてこれが、今までに集めた
フェーブたち。
同じ店で何年も買ってると
ダブってしまうのが困りもの。

犬とか猫とかのフェーブがあれば楽しいのにな~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 05, 2007

ケリー・ザ・ギャング

Nedkellyヒース・レジャー主演。
他にオーランド・ブルーム、
ナオミ・ワッツ。

オーストラリアがまだ英国の
植民地時代だった頃の実話。
オーストラリア人なら誰でも知ってる
(らしい) ネッド・ケリーの話。詳細はこちら

なかなか豪華な出演者たちなのに、日本では未公開。
たぶん、ネッド・ケリーを知っている人が少なすぎるから、
公開しても稼げないと判断されたのだろう。

映画はまあまあ。
つまらなくもないけど、すごく面白いわけでもなく。
オーストラリアにこんな人がいたのね、ということで
お勉強になりました (笑)

ケリー・ザ・ギャングのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2007

初詣に行く

今日が仕事始め。
まだ電車がガラガラ。
9 日が仕事始めの人が多いのね~。

さて、きのう初詣に行ってきた。
カレは「クリスチャンだから行かない」と言うので、1 人で。
でも 1 人で行くのは寂しいから、ムニも一緒に (笑)
初詣なんて何年ぶりだろ~。

歩いていける範囲で、これといった神社もお寺もないので、
とりあえず岩槻の慈恩寺へ。
以前、普通の日に行った時はこんな感じ

Jionji20071/3 だからもうそんなに
混んでないかな…と思いきや、
意外にたくさんの人!

めでたい感じに飾られているし。

おせちもお雑煮も食べないから、1/1 も 1/2 も特に正月って
気がしなかったけど (テレビ以外は)、これでようやく
「あぁ正月だなぁ」と感じたのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2007

ウルトラヴァイオレット

Ultravioletミラ・ジョヴォヴィッチ主演。
ストレートの黒髪がよく似合ってる。

M. ジョヴォヴィッチの美しさは
十分堪能できるけど、内容はなぁ…
話がたいしたことなくても、アクションが
よければそれなりに楽しめるのに、
そのアクションもしょぼいし。

この前観た、トランスポーター 2 とかアルティメットみたいな
スピード感と躍動感が欲しいところ。

M. ジョヴォヴィッチ・ファンのための映画って感じですか。

ウルトラヴァイオレットの公式サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 02, 2007

パリブレスト

Parisbrest苦手とするシュー生地にあえて
挑戦して、大晦日にパリブレストを
作ってみました。

今回は、底が抜けるというトラブルはなかったけど、
焼き時間を誤ったようで、半生状態の生地…
とことん相性が悪いシュー生地なのであります。

しかも半分に切ろうとしたら、上の方がバリバリと割れて、
見た目は本当にカッコ悪いパリブレストの完成。
中には、カスタードクリームとホイップクリーム、そして
イチゴたくさん。まるでクリスマスケーキのよう (笑)

今度は普通のシュークリーム or エクレアにしようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

賀正 2007

明けましておめでとうございます。

今年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »