« 初めての沖縄 猫編 | Main | X-MEN ファイナル ディシジョン »

January 31, 2007

カンパニー・マン

CompanymanCUBEに似た感じの映画だと
思ったら、同じ監督の作品だった。

自分自身を消して、産業スパイや
二重スパイまでしておいて、
そうしなければならなかった
理由がそれかい!という感じで、
最後は肩すかし食らった気分。

そこは「エーッ」って感じだったけど、そこに至るまでは
結構ドキドキして楽しめる。

最後がああじゃなければなぁ…ちょっと残念。

カンパニー・マンの公式サイト

|

« 初めての沖縄 猫編 | Main | X-MEN ファイナル ディシジョン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/13487713

Listed below are links to weblogs that reference カンパニー・マン:

« 初めての沖縄 猫編 | Main | X-MEN ファイナル ディシジョン »