« 初めての沖縄 ② | Main | 初めての沖縄 ④ »

January 25, 2007

初めての沖縄 ③

今日こそは眼下に広がる青い海…と期待して起きたけど、
この日も天気はイマイチ。雨じゃないだけマシか…

朝食を食べに妹の家へ。
この日は妹夫婦と沖縄ツアー。南部へお出かけ。
沖縄へ行ったら、本当はひめゆりの塔へ行くべきなんだろうが、
妹婿さんが「あそこへ行くと気分が重くなる」と言うので、
今回はパス。

Gyokusendo車は一路、玉泉洞へ。
ここは鍾乳洞があったり、ハブの
博物館があったり、シーサーを
作れたり、生のエイサーを見たり、
まあ何というか、沖縄に触れる
テーマパークみたいなもんだろうか。
回ってて思ったけど、ここって
なかなか商売上手だな。

沖縄にどっぷり浸った後は、車で北へ。
Chinenmisaki途中、知念岬から雄大で美しい
海原を眺める。
天気が良ければもっともっと
キレイらしいんだけど。
とにかく、雨じゃないだけマシか。

この日の昼食は沖縄市漁業協同組合がやってる直売店で。
「パヤオ直売店」と看板が出ていた。
パヤオって、沖縄弁でどういう意味なんだろう…?
Iseebiuniいろんなメニューがあったけど、
選んだのは妹夫婦オススメの
「伊勢海老のウニ焼き」定食。
オマケのような刺身は、
トンボマグロ。
「トンボマグロ」って初耳だな~と思って調べてみたら、
いわゆるビンチョウマグロのことだった。

この定食、激ウマ!本当に!!
私、ウニって好きじゃないんだけど、泡盛と混ぜてある
(らしい) このウニソースは美味しい!
伊勢海老は頭から尾まで身がぎっしり&プリプリ、
何杯でもご飯がいけそう。

Payao_fishesちなみに、漁協の売店なので
魚や海産物も売っていた。
沖縄だなーッ!という魚たち。
聞いたことない名前ばっかりだし。

伊勢海老定食の値段は1,600円。
安いと思うか高いと思うかは人それぞれだけど、
私には破格の安さに思えた。

妹夫婦に用があるからと、昼食後はまっすぐ今帰仁へ。
途中、マルコポーロという店で翌朝用のパンを購入。

今帰仁に戻り、ヒマな私と母は、歩いて今帰仁城跡へ。
のんびりしてると日が暮れる…!という感じだったので、
中には入らず、さらっと外だけ見て宿へ戻る。

車に乗ってる時間が長かったせいか、とても疲れ、
早々と消灯。そんな 3 日目だった。

|
|

« 初めての沖縄 ② | Main | 初めての沖縄 ④ »

Comments

いや〜沖縄って観光地が盛りだくさんなんだなー。

伊勢エビは高いか安いか聞かれたら高いが
そもそも伊勢エビなんって普段食べないから
標準的な価格が分からないよね。

Posted by: tsuyoshi | January 25, 2007 at 14:16

そういうインドだって、観光地が盛りだくさんじゃん!

伊勢海老は、クリスマスや正月あたりに
近所の鮮魚類が比較的安いスーパーで見かけるけど、
20cm ぐらいしかないのが2500円ぐらいするよ。
いつも「高いな、コレ!」と言って買わないけど。

Posted by: chibiaya | January 25, 2007 at 16:38

写真で見ると違うところに行っているように見えるけど
殆ど同じ所を2度行ったりしてるんだよね....

Posted by: tsuyoshi | January 25, 2007 at 19:31

あ、そうなの…
来客があるたびに観光名所に連れてくなら、
そりゃダブってきちゃうよね。

Posted by: chibiaya | January 25, 2007 at 21:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/13641038

Listed below are links to weblogs that reference 初めての沖縄 ③:

» 知念岬公園 [沖縄観光データバンク]
知念半島のほぼ東端、知念村立体育館裏手の岬周辺を整備した高台にある公園です。久高島から与勝半島まで、見渡すパノラマを楽しめ、眼下に広がる海はとてもきれいです。 週末に観光客で賑わっています。ここは景色を楽しむ場所としては最適ですよ。 [Read More]

Tracked on February 04, 2007 at 07:01

» 沖縄ゴーヤ [沖縄@情報ツアー]
沖縄で有名と言えばゴーヤそうです。ゴーヤチャンプル♪ゴーヤは高温多湿の気候に適している為、昔から沖縄ではよく栽培されていました。沖縄では戦後の食料のない時代には、大きく成長するまでに収穫を待てないのと、水分や肥料が不足しているため、ほっそりとした小さいゴーヤーが食べられていました。その頃にはゴーヤチャンプルーと呼べるものではなくただのゴーヤ炒めだったようです。なぜゴーヤと呼ばれているかは沖縄では様々な言い伝えがあって分からないそうです。ゴーヤが本島に入りだしたのはまだ10年位... [Read More]

Tracked on February 17, 2007 at 17:59

« 初めての沖縄 ② | Main | 初めての沖縄 ④ »