« 隠された記憶 | Main | 床の色 »

January 13, 2007

アメリカの友人

Americanfriendデニス・ホッパー、
ブルーノ・ガンツ主演。
1977年の作品。

ヒトラー 最期の…でヒトラーを
演じていたのがブルーノ・ガンツ。
普通はどんな感じの人なのか
見てみたくてこの映画を観ました。

30年も前の映画だから、今と風貌が違うのは当然としても、
それでも全然違う人みたいだ。

ストーリーは、ちょっと雑だなという気がしないでもない。
だって、素人に特急列車という逃げ場のない状態での
殺人を依頼して、それが結構あっさり成功しちゃうなんて、
そんなのあり得ないでしょ~?って思うんだけど。

30年前なら、そういうのもありなのか?

アメリカの友人のあらすじ

|

« 隠された記憶 | Main | 床の色 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/13361390

Listed below are links to weblogs that reference アメリカの友人:

« 隠された記憶 | Main | 床の色 »