« 初めての沖縄 スイーツ編 | Main | 巻きが命のロールケーキ »

February 13, 2007

シャイニング

Shiningジャック・ニコルソン主演、
S. キューブリック監督。

怖い映画として有名だから、
よっぽど怖いんだなーーと
覚悟して (?) 観たんだけど、
何だ、ちっとも怖くないじゃん。

確かに、ジャックの狂気に満ちた表情に怖いものはある。
だけど、私には、その怖さを吹き飛ばすほど、ジャックの妻、
ウェンディがウザくてウザくてしょうがない。
ギャーギャーうるさい女だな!!って観ててイライラしてくる。
ジャックの執筆中に、どうでもいいことを話しにきた時なんか
「この女、アホ?!」と思ってしまった。だってどう考えたって
今話しかけたらジャックがブチ切れるのわかるのに、
何でわざわざ行くかな~?

J. ニコルソンの演技もすごいけど、息子ダニー役の
男の子の演技もなかなかどうして。
あんな小さな子どもなのに…役者ってすごい。

シャイニングのあらすじ

|
|

« 初めての沖縄 スイーツ編 | Main | 巻きが命のロールケーキ »

映画<さ行>」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/13696539

Listed below are links to weblogs that reference シャイニング:

« 初めての沖縄 スイーツ編 | Main | 巻きが命のロールケーキ »