« 今日のツール・ド・フランスは… | Main | 嫌いなら 作ってあげよう 好きなパン »

July 28, 2007

名もなきアフリカの地で

Nowhereinafricaドイツの映画。
2002年度のアカデミー賞
外国語映画賞受賞作品。

ナチスの迫害から逃れるため、
アフリカに渡っていたユダヤ人が
いたなんて初めて知りました。

母イエッテルのアフリカを受け入れない
態度と比べて、娘レギーナの自由な感じがとても良い。
それにとっても可愛い。
子供って、余計な知識とか先入観とかがない分、
こんなにもあっさり今までとまったく異なる環境、人種、
言葉に馴染んでいくものなんですねェ…

あれだけアフリカや黒人を受け入れなかったイエッテルが、
唐突な感じに受け入れるようになるのがちょっとなァ…
これといってそうなるキッカケらしきものがなかっただけに、
妙な感じです。

名もなきアフリカの地でのあらすじ

|

« 今日のツール・ド・フランスは… | Main | 嫌いなら 作ってあげよう 好きなパン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/15470596

Listed below are links to weblogs that reference 名もなきアフリカの地で:

« 今日のツール・ド・フランスは… | Main | 嫌いなら 作ってあげよう 好きなパン »