« 敬老の旅、山口 ④ | Main | ミスドのリッチドーナツ »

September 23, 2007

マリー・アントワネット

Marieantoinetteキルスティン・ダンスト主演。

ベルばらを読んだことある人が
観るとどうなんだろう…
「マリー・アントワネットの人生の
一部しか描いてないじゃん!」
と思ってしまう気がする。


それに、K. ダンストがマリー・アントワネットというのも、あまり
納得いかない。K. ダンストは目が細すぎるのね。
別に、ベルばらのように目がパッチリしてなくていいんだけど
(当たり前!)、もうちょっと目が大きい人の方がよかったかも。
例えば…うーん…そうだなー…
もうちょっと若ければユマ・サーマンなんかいいかも。

不満は多いけど、ベルサイユ宮殿も本物が登場してるから
そういう意味では観る価値あり。

マリー・アントワネットの公式サイト

|

« 敬老の旅、山口 ④ | Main | ミスドのリッチドーナツ »

Comments

私も見ましたよ~。
感想は『え?これで終わり???』でした^^;
な~んか、中途半端ですよね。
あ~、ユマ・サーマンはいいかもしれないですね!
一番印象に残ったのは
『お菓子、ウマそ~~~!!』です(^^ゞ

Posted by: ねこやしき | September 24, 2007 at 11:31

やっぱ、ベルばらを読んでると、あんなのじゃ
物足りないですよね~。
だいだい、12歳から38歳までを一人の人間が
演じることに無理があるんじゃないかと。
私には最初から最後まで20歳ぐらいに見えました。

確かにお菓子は美味しそうでしたね!!

Posted by: chibiaya | September 24, 2007 at 16:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/16030854

Listed below are links to weblogs that reference マリー・アントワネット:

« 敬老の旅、山口 ④ | Main | ミスドのリッチドーナツ »