« 週末の食卓 | Main | 何度言えばッ…! »

April 22, 2008

サバイバルなウズラの世界

ウズラはオス 1 羽に対してス4、5 羽で飼うのが理想だそうだ。
マーヤが去って、メスがきなことあずきだけになり、だんだん
きなことあずきの首回りがボロボロになってきたから、大事に
至る前にメスを増員することにした。

前は500円だったウズラも780円に…
ウズラまで値上がりするとは…

早速、皆のいる外の小屋に入れてやる。
入れるなりプジョーが追いかけ回していたけど、翌朝見た時は
特に問題なく (とはいえ、寝坊したためエサを置いただけで
チラ見した程度だけど…)、仲良くやってそうで一安心 ε-(^、^; ホッ

が、しかし、午後、カレから新入りは 2 羽とも一大事になってるから
小屋から出したと連絡があり、その数時間後、そのうち 1 羽は
空の星に…

どうやらメスから攻撃を受けたらしい。
気に入らなかったのか…敵とみなしたのか…
だけど死に至るまで襲わなくてもいいものを…
つくづくウズラというのは不可思議な生き物だ。

20080422残った 1 羽、命名アブリル。
うちに来たのが 4 月ということで、
フランス語の 4 月、Avril より。
アヴリル・ラヴィーンみたいで
いいんじゃないの (笑)

そんなアブちゃんはしばらく室内飼い。
さっき部屋の中で自由にしてやったら、まあ走ること走ること。
それだけ元気なら安心だね。早くケガが治りますように。

|

« 週末の食卓 | Main | 何度言えばッ…! »

Comments

鶏の♂:♀の比率も 1:5くらいだそうですよ

やはり ハーレムが宜しいようで・・・

うこの ひよこ 進展がございました

(悲しい進展ですが・・・)

詳しくは ブログでどうぞ・・・

Posted by: ぽりぽり | April 23, 2008 at 00:09

ブログ、拝見しました!
残念でしたね…
でも孵っただけうらやましいです。

私は気合いが足らなすぎです…
孵したいのにちゃんとやらない。
孵ったらラッキー!ぐらいの適当さ。

でもやっぱり、人が孵化させたヒヨコを
見ると「私も欲しいーッ!」と思います。

Posted by: chibiaya | April 23, 2008 at 12:14

朝 仕事に出掛けに見た姿が 元気な最後の

姿となりました

一生懸命籠に上って 足を滑らせて 卵と卵の

間に挟まって じたばたする姿が

余りに愛らしくてねぇ・・・

仕事で疲れて帰途の途中

雛用のえさと 水入れを作ってやろうと

ストローかって いそいそ帰って見てみれば

ああいう結末になっていた次第ですねぇ

で 本日 10個残っていた卵を全て割って確認しましたら

3つは発生していました

二つは 形になっていて

一個は 痕跡があるだけ・・・

のこり7つは 黄身がとろけていました

まぁ でも 有精卵であるなら この保温器で

充分いけるんだということが確認できただけでも

今回の孵化作業は有益であったと思っていますけどねw

Posted by: ぽりぽり | April 23, 2008 at 18:04

ぽりぽりさんも今回は勉強というわけですね。

うちは前より少し気合い入れて管理した卵が
三日後に孵化予定です。
でもたまーに温度が不安定だったのであまり
期待はしてませんが。

孵化って難しいですね、本当に!

Posted by: chibiaya | April 23, 2008 at 22:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/40953455

Listed below are links to weblogs that reference サバイバルなウズラの世界:

« 週末の食卓 | Main | 何度言えばッ…! »