« たまにはアカデミック… | Main | F1 2008 バーレーンGP »

April 06, 2008

何が原因か…?

きのう、孵化が怪しげな卵を 3 つ割ってみた。
初めの 2 つは無精卵だったけど、最後の 1 つが有精卵…!

ヒナが見えた瞬間、間違えて新しい卵を割ってしまったのかと
すごく焦った ΣΣ(・ω´・lll) ドキッ

20080406今回も死産。
それも生まれてくるサインすら出ず、
卵の中で息絶えてしまったヒヨコ二号。

貴重な有精卵だったのにまたも孵化失敗…
孵化にたどりつけない弱い個体ばかりなのは
なぜなんだろう?遺伝子のせい?孵化のやり方が間違っている?

いつになったら生きたひよこに会えるんだろう…

|
|

« たまにはアカデミック… | Main | F1 2008 バーレーンGP »

Comments

chibiayaさん、私のブログにコメントありがとうございます。
ヒヨコ2号とても残念でしたね。この写真まで発生が進んでいるのであれば、孵化直前の環境に原因があるのかもしれませんね。ところでchibiayaさんの前記事の孵卵器の写真より、サーモスタットをお使いになられていないようですが、できればサーモを使用して庫内の温度を一定に保ったほうが良いかと思います。庫内の温度は外気温にも左右されますので、昼夜の気温差が大きい時期は特に管理が必要です。また孵化予定日の2~3日前から湿度を高めに設定してみてください。それでは、・・・

Posted by: henhouse7777 | April 07, 2008 at 23:34

サーモですが、40℃以上まで設定できるものが
見つからないんです~ (T_T)

マットタイプのヒーター (温度設定可能) は買ってみたんですが、
サーモがなくても一応ヒヨコができてるんだから
孵卵器そのものには問題ないんじゃない…?と使ってません (^^ゞ

温度管理がかなり重要みたいですね…
ヒーターを使ってみます。

Posted by: chibiaya | April 08, 2008 at 12:15

おはようございます

2号雛 死籠もり 残念でしたね

私も 今ウコッケイの卵を暖めていまして

多くの方から アドバイスをいただきましたので

それをここに書き記します

まず死籠もりの原因の一旦は 温度の低下にあるようです

もともと 雛は体温調整はできないようなので

孵化直前の温度低下は危険なのだそうです

あと 実は私も驚いたことなんですが

光も実は発生した雛(この場合胚になると思いますが)

大敵なんだそうです

アドバイスを頂いた方によれば 20w前後の電球に

アルミホイルを巻いてちょっとでも 光をもらさぬよう

加温してやる事も 孵化率アップのきめてなのだそうです

ただ 20wですと 温度が安定しないのと 玉切れの危険もあるので

電球3つくらいセットすると良いんだそうです

20wより大きい消費wの電球にアルミを巻くと

玉切れが異様に早くなるようです

湿度も重要で 平均50~60%前後

基本的に温度をあげると湿度は下がるので 湿度を上げるため絞りタオルをいれたり 容器の底に

水をはって エアーポンプでぶくぶくやると 水の蒸発が加速され 湿度も安定するとか・・・

ここの鶉君は 孵化直前まで行ってます

もうちょっとです

頑張りましょう

(私も暖めてる立場上 不安で一杯です)

Posted by: ぽりぽり | April 09, 2008 at 03:05

ついに!ですね。
私も楽しみにしてます~
(ブログ等で公開されてはいないのですか?)

孵化に関する情報、ありがとうございます。
光が大敵とは…!
思いっきり光が当たってる今の環境を変えなければ (^_^;)
温度もパネルに変えて徹底管理です。

一羽脱走してしまったので、その代わりというかなんというか…
孵化させたいものです!!!!

Posted by: chibiaya | April 09, 2008 at 12:20

目下暖め続けて11日目です

さて ブログに関してですが

一応執筆しております

ですが まだ 鶏の記述はすくなく

写真なども殆ど載せない殺風景なブログですが

URLを残しておきます

Posted by: ぽりぽり | April 11, 2008 at 02:04

拝見させていただきました。

今は家庭菜園がメインのようですが、
そのうちヒヨコの話題も出てくるでしょうか…?

うちもジャガイモを植えました。
芽がちらほら出てきました。
今から芋掘りが楽しみです (^_^;)

Posted by: chibiaya | April 11, 2008 at 12:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/40784240

Listed below are links to weblogs that reference 何が原因か…?:

« たまにはアカデミック… | Main | F1 2008 バーレーンGP »