« ようやく違いのわかった女 | Main | 山羊ミルク »

May 16, 2008

真夜中のピアニスト

Debattre2005年ベルリン映画祭の銀熊賞受賞。
マッド・フィンガーズという映画の
リメイクだそう。

居住者を追い出すためにネズミを
放ったり、窓を割り床をはがし…
なんて仕事があることを知った。
(地上げ屋??)

この映画を観た翌日、たまたまCNNでカナダの幼稚園みたいな
施設の問題を取り上げていた。
カレの説明によると、入居しているビルから立ち退かせようとする
不動産屋だかオーナーに電気を止められているらしい。
幼い子供達がいるにも関わらず、だ。

世界中で実際にこういうことやってるんだなー。

この映画ではその非道さを、主人公トマのピアノへの想いや
情熱と対照的に描くことによって、話を美しくしている。
「こんな悪いことしてるけど、根は悪い人じゃないのよ」って
言われて納得させられてしまう感じ。

そこが映画ながらも何となく腑に落ちなかったな。

真夜中のピアニストのあらすじ

|

« ようやく違いのわかった女 | Main | 山羊ミルク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/40071092

Listed below are links to weblogs that reference 真夜中のピアニスト:

« ようやく違いのわかった女 | Main | 山羊ミルク »