« 近くて遠い不思議な国 | Main | 撤収! »

May 10, 2008

自信喪失、意気消沈…

ペシュとポムがうちにきて約 1 週間。
特に問題なくやってるワ…と思っていたきのう、ペシュちゃんが
突然血まみれになっていた。

何があったのだ…

20080510保護したペシュ。

エサの上でぐうぐう寝ている。
相当疲れていたのだろうか、いつもなら
ちょっと近づいただけで大騒ぎなのに
カメラがここまで近づいても起きない。
羽根を逆立てて、まんまるに膨らんで可愛いなーペシュちゃん。

…が残念ながら、今朝起きてみたら場所は移動していたものの、
その目が開くことはなかったのだった。

ペシュとポムがきてから、やたらとプジョーを追いかけ回すようになった
きなこ。そして卵を産まなくなったきなこ。

きのう、血まみれになったペシュを小屋から出したら、久々に卵を
産んだきなこ。

プジョーが新入りにちょっかい出すのが気に入らなかったんだろうか…
だから「浮気は許さん!」とばかりに追いかけ回していたのに、
プジョーがそれを止めないから、そんなら根源を絶ってやれ!とでも
考えたのだろうか…だとしたら恐ろしや。

とにかく、ウズラを飼うことに自信がなくなってきた。
自分が直接殺してしまったわけではないけど、すごく落ち込む。
ウズラの仁義なき世界についていけない。
これ以上ウズラを増やすことないと思う。
今いるウズラたちも、これで幸せなのか?と思えてきた。

もう、どうしていいのやら…まったくわからないよ…

|

« 近くて遠い不思議な国 | Main | 撤収! »

Comments

こんにちは
ウズラはそう言う面があるので仕方ないことなのですが、1羽ずつ飼育すればケガは防げますので、手間は増えますけど、残った子たちは1羽ずつ飼育されてはどうでしょうか。
飼育されている方も結構個別で飼育されている方が多いんですよ。
あとは庭にうんと広い小屋でかうしかないようです。それでもケンカはするみたいです。
かわいい見かけによらず、縄張り意識の高い鳥なのでオスでもメスでもケンカをしたら片方が死ぬまで止めない所があります。
でも、1羽ずつにしたら懐いてくる可能性もあるし、かわいいんですよ。

Posted by: はと子 | May 10, 2008 at 11:45

はと子さん、コメントありがとうございます。

一週間経った今になってなぜ…?というのが
不思議でしょうがありません。

一羽ずつ個別に飼うしかないのか…でもせっかく
オスメス複数いるのに…と思っていたんですが、
一羽ずつにすると懐く可能性があると聞いて
心が動きました。

ただ、オスが…
一羽にするとうるさいんです。
ずーーーーーーっとキュッキュッ鳴くんです。

一羽ずつ…検討してみます。

Posted by: chibiaya | May 10, 2008 at 14:23

なんだか とても残念な結果になってしまってますね

人間ならぬ鳥のこと

きちんと習性を理解した上で飼うというのが

大事なのかもしれませんね

しかし ワタシ的に疑問な事があるのです

うずらを平飼いしている 養鶉の業者の方々

どうやって 飼育してるんでしょうね?

そこらへんの勉強も必要になるのかな・・・

私も鶏を飼おうとしてる身です

鶏も場合によっては どちらかが死ぬまで

つつきあう なんて事もあるようです

ただ 私の場合ペットの感覚で飼うわけでは

ないので そこらあたりの思い入れは

いささかの違いはあるのかもしれませんが

懲りずに飼育を続けて欲しいと思っております・・・

Posted by: ぽりぽり | May 10, 2008 at 17:34

相性が合わないのなら、入れた途端に
トラブルが起きるのだと思ってたので、
一週間も平気だったから問題がないんだと
思っていたのに…本当に残念です。

平飼いの養鶉ってあるんですか…
生き残ったウズラだけが飼育されてるんでしょうか?

ウズラは可愛いので、ずっと飼っていきたいと
思ってます。
ただ、今はちょっと…自信喪失気味です。
この前の小鳥屋さんで知恵をもらってこようかな…

Posted by: chibiaya | May 10, 2008 at 19:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/41155754

Listed below are links to weblogs that reference 自信喪失、意気消沈…:

« 近くて遠い不思議な国 | Main | 撤収! »