« チコリの花 | Main | ミュージック・コンクレート »

June 19, 2008

Z

Z1969年の作品。
イヴ・モンタン主演。

ギリシャであった実話です。

文革から始まって、今、私の中で
プチ共産ブームが起きています。
文革の次はパリ・コミューン。
ただいま図書館で物色中です。

あ、あくまでも歴史の一部として興味があるだけで、思想や
活動には何の興味もありませんョ。

この映画は共産主義の映画じゃないけど、国家権力による暗殺、
そしてそれを交通事故として片付けるために証人や証拠の捏造、
隠蔽などなど、最初から最後まで非常に面白かったです。

こういうテーマにも関わらず、ただシリアスなだけではなく、
ちょっとコメディの要素も感じるよくできた映画です。

ヤゴが恋人?の新聞記者の男性 (同性愛者という設定らしい) と
別れた後、カフェみたいな店に行くシーンで、鐘がキンコンカンコン
鳴る音楽がBGMに流れるんだけど、前に聴いたことがある上に、
うちにCDがある気がしてならない。
この曲の感じだとFatboy Slim かChemical Brothers が怪しい…

探した結果、やっぱりFatboy Slim でした。
Fatboy Slim/Norman Cook Collection に収録されている
「Psyché Rock」という曲でした。
オリジナルはピエール・アンリというフランス人の曲らしいが、
この人、ミュージック・コンクレートの先駆者なんだそうだ。

ここで聴けます、観れます。のど自慢みたいです (笑)

ミュージック・コンクレートといえば松本清張の砂の器、真犯人
和賀はこの音楽の作曲家だった。
本を読んだ時は「ミュージック・コンクレートって何?」と思いつつ
読み流していたけど、なるほど、こういう音楽か。

思わぬところであちこちにリンクしてて、お得な映画でした。

Z のあらすじ

|
|

« チコリの花 | Main | ミュージック・コンクレート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/41499535

Listed below are links to weblogs that reference Z:

« チコリの花 | Main | ミュージック・コンクレート »