« F1 2008 イタリアGP | Main | 旬のスチューベン »

September 16, 2008

バサバサバサーッ!

近所のホームセンターが閉店のため「全品30%~引き」
セールをやっているので行ってきました。
出遅れたようで、もうあまり残ってなかったけど、
目の細かい砂のような土を買ってきて、ウズラ小屋に
入れてやりました。
立派な小屋に移してから、砂をまったく入れてなかった…
ごめんウズラ。

20080916_1一番乗りのプジョー。
皿に入れた土を散らしまくって
早速ハデにバサバサーッ!

おお気持ちよさそう!

20080916_2その皿からはみ出た土の横で
あずきも負けずにバサバサーッ!

あ、もしかして、そこ、いつもの
砂浴び場だったのかな?
(適当に地面を掘り起こして、その土で砂浴びしてます)

20080916_3最後にきなこ。
このヒトも砂を散らしまくり。

3 羽ともとっても気持ちよさそうに
バサバサしてるのを見て、ウズラも人間も大満足 (^^)v
やーウズラは可愛いなーーー。

|

« F1 2008 イタリアGP | Main | 旬のスチューベン »

Comments

ん~~ なんか みんな満足そうに 砂あびてますねぇw

鶉も可愛いなぁ・・・


近況ですが

このたび 鶏さん ライトブラマという品種を

購入することに致しました

某サイトで この鶏に一目ぼれして

うこっけいとライトブラマ どっちにしようか

悩みましたが うこっけいは割りと手に入れようと思ったら入れられると判断

一念発起し あまり 交換とかも出にくい

ライトブラマ 一羽を 購入を決断しました

ちなみに 30日齢くらいの 幼雛です

Posted by: ぽりぽり | September 16, 2008 at 15:51

ライトブラマ、大きそうな鶏ですね。
そして足が特徴的?

この前、ウズラを買ったホームセンターで
可愛いチャボを見ました。
メスは、ウズラをそのまま大きくしたような
形であまり鶏ぽくないチャボでした。
ウズラが死んだら、これ飼ってもいいかな、
って思ってしまいました ^_^;

ライトブラマは一羽だけなんですか?
何だかサミシイような…

Posted by: chibiaya | September 16, 2008 at 23:27

雌雄無判別でして

旨く雌雄がわかる時期がきたらお婿さん(お嫁さん)を迎えようかなんて思ってるんです

まだ 月齢30日以内の雛のように

思うし 二羽買って二羽ともオスだと

可愛いとおもっても きっと涙がでちゃうw

(雌だまだ救いかも・・)


ちゃぼ 可愛いですよねぇ・・・

でも 住宅密集地だと 雌くらいかな・・

飼えるのは・・・

雄を飼うと 鳴き声に注意しないとねぇ・・・

前にネット内のどこぞの場所で

雄の声帯を潰して 鳴かないように・・・ 

なんてありましたが

さすがにちょっとねぇ・・・

でも 庭先養鶏には ちゃぼはいいかもw

うずらとちがって 小屋にも帰ってくるだろうし・・・

Posted by: ぽりぽり | September 17, 2008 at 05:47

なるほど。
確かにオス二羽じゃ悲しくなるかも。
鶏を飼うからにはやっぱり卵を産んでくれないと…

やっぱり普通の鶏ほどじゃなくてもウズラに比べると
雄叫びの声が大きいのが……ですね。
声帯をつぶすなんて、そんなこと…!!!

ついでに飛べないように羽も切って
庭で放し飼い…?!

Posted by: chibiaya | September 17, 2008 at 12:09

そうですねぇ

でも 放し飼いするなら

やっぱり 羽はあったほうが良いかもですねぇ

猫の襲撃がこわいですからねぇw

猫が上がれない位の 止まり木に自分で逃げるには

やっぱり 羽は合った方がいいのかもw

Posted by: ぽりぽり | September 17, 2008 at 19:13

そういわれればそうですね。
羽がないと逃げられないか。

今日、ウズラ小屋の前で近所の
放し飼いの猫が座ってたそうです。
うちの犬は何してんだ…?!

Posted by: chibiaya | September 17, 2008 at 21:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/42488119

Listed below are links to weblogs that reference バサバサバサーッ!:

« F1 2008 イタリアGP | Main | 旬のスチューベン »