« 家のメンテナンス ⑤ | Main | 最近のポップ。 »

October 14, 2008

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

Therewillbebloodダニエル・デイ=ルイス主演。
2007年アカデミー賞の主演男優賞を
受賞しています。

今年はノーカントリーが話題を
さらっていたからこの作品が
ノミネートされているとは全然
知らなかった…

石油のためなら何でもする、あまり好感の持てない男
プレインヴューを演じるD. デイ=ルイスが主演男優賞を
獲ったのも納得。
圧倒的な存在感だものなァ。

ポール・ダノ演じるイーライという若い神父が、新興宗教の
教祖ってこんな感じなんだろうなーというふうにしか
見えなくて、どうにも気持ち悪かった。

音楽が意外とよかった…と思ったら、RADIOHEADの
ジョニー・グリーンウッドの担当だそうだ。なるほどね。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの公式サイト

|

« 家のメンテナンス ⑤ | Main | 最近のポップ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/42263317

Listed below are links to weblogs that reference ゼア・ウィル・ビー・ブラッド:

» DVD:There Will Be Blood ゼア ウィル ビー ブラッド 3つの点において傑作! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
前評判に違わず。 ポール・トーマス・アンダーソン監督の演出とダニエル・デイ=ルイスの熱演ががっちりかみあった結果、そうとうな傑作に仕上がっている。 この迫力で最後まで全く飽きさせないどころか、まわりまでぐいぐい引き込みかねないパワーがある。 アメリカ石油開拓時代の時代が、この主人公を通して透けて見えてくる。 おまけの映像特典に、15ミニッツというのがあって、一瞬デニーロの出たクソ映画のことかと思ったら(笑)、スタッフが参考にしたこの時代の映像集で、よく調べて映像化したことがよくわかって、控えめな見... [Read More]

Tracked on October 15, 2008 at 22:15

« 家のメンテナンス ⑤ | Main | 最近のポップ。 »