« U-20 | Main | 平日のIKEAは… »

January 08, 2009

狂人日記 / 魯迅

この前読んだ本で、文革時の人食について衝撃を受け、
そこに魯迅の「狂人日記」が現実のものとなった、みたいに
書いてあったので、読んでみることにしました。

図書館で借りたのは「阿Q正伝・狂人日記 他十二篇 (吶喊)」。

阿Q正伝」って聞いたことはあるけど読んだことはない。
これはいいチャンスです。

まず驚いたのは、一篇一篇の短さ。
狂人日記なんか16ページしかない。
最長の阿Q正伝でも55ページ。
他のもそんな感じ。

感想らしい感想はないんですが (爆)、まぁ何というか
著名な作品を読んでおいても損はないでしょう。
ここでの人食はあくまでも狂人の妄想だしね…

と思っていたら、きのうこんなニュース見かけました。
読売新聞より:
中国で連続人食い事件?女児バラバラ殺人容疑で男拘束
ひゃー、やっぱりあるんだわ、現実に。

|

« U-20 | Main | 平日のIKEAは… »

Comments

でた〜〜人食いネタ。

まあ、人を食べる文化は昔の中国にはあったからな。

阿Q正伝って中学の時の推薦図書だったと思うけど、俺も読んだことないや。

Posted by: tsuyoshi | January 08, 2009 at 13:23

飢えで人間を食べるしかなかった、
とかじゃなくて?

魯迅は読みやすいけど、内容の本質を
理解するのは…
私には難しい…

Posted by: chibiaya | January 08, 2009 at 23:14

Posted by: tsuyoshi | January 09, 2009 at 11:00

ギャー本当だ。
本物か偽物かわからないけど
食べてる写真まで見てしまった…!

うーんショック…wobbly

Posted by: chibiaya | January 09, 2009 at 19:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/43672895

Listed below are links to weblogs that reference 狂人日記 / 魯迅:

« U-20 | Main | 平日のIKEAは… »