« マッシュルームと生海胆のスープ | Main | まだちと早い… »

April 03, 2009

食べたくなる本。

その名も、「メロンパンの真実」(東島和子著)。

世の中、いろんな本があるもんです。

メロンパン好きではないけど、タイトルに惹かれて図書館で
借りてみました。

半球状で、黄色い表面にはジャリジャリの砂糖に格子の模様、
中はパンだけ…っていうのがメロンパンだと思っていたら、
なんと、そういうパンをサンライズとかコッペパンって呼ぶ地域も
あるんだって。
で、そういう地域にはメロンパンと呼ばれるパンも存在して、
それはラグビーボール状で中にはカスタードや白あん入り。
ちなみに、コッペパンと呼んでる地域での、いわゆるコッペパンは
「給食のパン」となるそうです。

メロンパンのことだけが書いてあるわけでもなく、その他いろいろ
ヒジョーに興味深い内容でありました。

広島・呉のメロンパンのメロンパンが食べてみたくなった。
…って何言ってんだ?!って感じですが、メロンパンという名の
お店があって、そこのメロンパンが有名らしいのです。

この本によると、4/4はあんぱんの日ということなので、明日は
あんぱんを食べようかな (笑)

【訂正】
どこでどう記憶が入れ違ってしまったのか…
ムニの誕生日は今日、4/3でした。訂正します <(_ _)>

|

« マッシュルームと生海胆のスープ | Main | まだちと早い… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/44547271

Listed below are links to weblogs that reference 食べたくなる本。:

« マッシュルームと生海胆のスープ | Main | まだちと早い… »