« 今、いちばん行きたい場所。 | Main | 3 時10分、決断のとき »

February 06, 2010

美貌の女帝

半ば強制的に読むことになった永井路子著「美貌の女帝」。

出版元の文藝春秋のHPでは

その身を犠牲にしてまで元正女帝を政治につき動かしたものは
何か。壬申の乱から平城京へと都が遷る激動の時代、皇位を
巡る骨肉の争いにかくされた謎に挑む長篇。

と紹介されている。

壬申の乱…平城京…そんなものを習った記憶もあるかしらん…
という程度の私の日本史理解度。
それにこの時代にはほとんど興味ないし。

それでもまあ、読んでみてと貸されたからには読まなければ。

意外と楽しく読めたけど、日本史から遠ざかって十数年、
登場人物の相関図に大混乱なのであった… (+_+)

これまで蘇我氏には悪者のイメージがあったけど (その根拠は
特になく、単なるイメージ)、これを読んでいるうちに蘇我は善、
藤原は悪と思えてくるから、私も単純だなァ (笑)

そしてこれまた単純なもので、この時代にちょっと興味を持ち、
日本の女帝の物語」と「大人の教科書 古代史の時間」を
寒風吹きすさぶ中、さっき武里図書館まで行って借りてきた。
行きはよいよい、帰りは…向かい風で死ぬかと思った (爆)

本当は「天上の虹」が読みたい。
マンガだけど歴史ものだから図書館にあるかなーと思ったのに
春日部市だけでなく、さいたま市にも越谷市にも、さらには
県立図書館にも置いていない。
会社の近くではどうだ…と調べたら、千代田区立図書館に
あるようなので、月曜日の健康診断の帰りに寄る予定。

|
|

« 今、いちばん行きたい場所。 | Main | 3 時10分、決断のとき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/47491126

Listed below are links to weblogs that reference 美貌の女帝:

« 今、いちばん行きたい場所。 | Main | 3 時10分、決断のとき »