« ショックの反動で… | Main | 鳥を求めてポタリング… »

May 29, 2010

その名もズバリ「猫」

…というを借りてきた。

有名な作家たちが猫のことを書いた短編集。
一部、私の知らない名前もあったけど… (-_-;)

谷崎潤一郎が「猫の尻尾があったら便利だなぁ」と思っていたり、
坂西志保が「私は猫に飼われている」と言い切っていたり、
それ、わかるワァというものが多く、ただタイトルに惹かれて
借りた本だったけど面白く読めた。

個人的に、この中でいちばん好きなのは寺田寅彦編。
猫には興味のなかった著者が、ふとした縁で飼うことになって

私自身の内部生活にも何等かのかすかな光のやうなものを
投げ込んだやうに思はれた。
(原文ママ)

と言わしめてしまった猫。
猫ってすごい。

著者一覧: 有馬頼義、猪熊弦一郎、井伏鱒二、大佛次郎、尾高京子、
坂西志保、瀧井孝作、谷崎潤一郎、壷井栄、寺田寅彦、 柳田國男

|

« ショックの反動で… | Main | 鳥を求めてポタリング… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/48484132

Listed below are links to weblogs that reference その名もズバリ「猫」:

« ショックの反動で… | Main | 鳥を求めてポタリング… »