« May 2010 | Main | July 2010 »

June 30, 2010

スズメはなかなかの…

ずいぶんスズメがウズラ小屋の周りで長居しているなーと
思ったら。

20100630小屋から出るに出られないスズメが
1 羽。
なーんだ、仲間を心配していたのか。

時々、小屋の扉が開いていることがあって、私もカレも
お互いがお互いを犯人だと疑っていた。
でも、どうやら犯人はスズメだったようだ。
それにしてもなかなかの知恵者だな、スズメって。
滑りが悪く、開けるのに苦労する引き戸なのに。
人間の私ですら、すんなり開かなくてイライラするのに。

解放してやると、仲間と共に元気よく飛び去っていった。

…それにしても今日はネムイ (-_-)zzz
サッカーをうっかり?見てしまったばっかりに、そして
最後まで見てしまったばっかりに、頭がボンヤリ…

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

June 29, 2010

いっぱいもらった。

ジョイフル本田へはたいてい土曜日に行くのだが、たまたま
日曜日に行ってみたら、おぉ~サンプル配りまくりだ。

20100628_1アイムス。

20100628_2ピュリナ。

犬用も猫用も 2 袋ずつ
もらったよ~。
犬猫はもちろんのこと、
人間も大喜び (笑)

これでしばらく犬猫の特別食には困らない (爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 28, 2010

F1 2010 ヨーロッパGP

Euバリチェロ、久々の 9 番手スタート。
チームメイトのヒュルケンベルグも
8 番手スタートだし、いよいよ
ウィリアムズも本始動?! (笑)

いつもは録画したのを早起きして見ているのに、今回は
サッカーのおかげで録画できず。
疲れてるから早く寝たい…とゴロゴロしながら見ていたら、
いつの間にか寝てしまっていて、目が覚めたらちょうど
セーフティカーが引っ込むところで、バリチェロは
何があったのか 5 番手になっている。
何で寝ちゃったんだろーーーもったいない (>_<)

しばらくすると、ウェバーのマシンが宙に舞い、空中で
クルリと回転するシーンのリプレイ。
そういえばカレが放送が始まる前に「今日はクラッシュが
あるよ」と言っていたっけ (ネットで結果を見たらしい)。
大事に至らなくてよかったねぇ。

どうせこのポジションも今だけよね、と思って見ていたら、
意外や意外、最後まで守りきってしまった。
それどころか、ウェバーのクラッシュの後から? 3 番手を
走っていた小林可夢偉が最後の最後にピットインしてくれて、
4 番手に上がってしまった…!(爆)
肝心のシーンを見ていなかっただけによくわからないが、
クラッシュのときにいろいろあったらしく、バリチェロを含む
ポイント圏内の 4 台のマシンが審議対象になっていて、
4 位というのは暫定順位だから、喜ばないでおくことにした。
もしもペナルティでポイント圏外に順位が落ちたりしたら、
ショックで立ち直れなさそう (笑)

…と冷静に 4 位という順位を受け止めたけれど、実際、
ペナルティとして 5 秒が加算されたものの、バリチェロの
順位に影響はなく、4 位確定!
ヤッタネーーーー (^^)v

ところで小林可夢偉の粘りの走りは見事でした。
チェッカーフラグの直前まで積極的に攻め、本当に直前で
ブエミをかわして 7 位フィニッシュ。やるな!

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

June 27, 2010

あら、キレイねー。

…という外からの声で目が覚め、聞き耳を立てていると、どうやら
うちのアーティチョークが褒められているらしい。

食用の方はタイミングが大事だからしょっちゅう見ていたけれど、
鑑賞用の方は危うくその存在を忘れるところだった…

20100627どれどれ…と見てみれば、いつの間にか
花が咲いていた。
うん、確かにキレイだ。

食用の方も、種を取るために 1 つだけ
花を咲かせることにした。
こちらはまだ当分咲かなさそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 26, 2010

内牧黒沼公園の蓮

20100626_1先週ここを通ったときは、ちらほら
咲いてるなーという程度だったのが、
今日行ってみると、咲いてる咲いてる、
たくさん咲いてる。

20100626_2咲いているのは白い蓮ばかりで、
ピンクの方はこれから…??

市役所の開花情報
を見ると、
ピンクの蓮が咲いている写真が
載っているんだけど、まさかもう終わり…?!?!

20100626_3カワセミの鑑賞ポイントへ足を
延ばすと、今日いたのはカモだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 25, 2010

差別と日本人

辛 淑玉、野中広務の共著。

今まで生きてきた中で、部落とも在日ともほとんど無縁で、
この時代になってもなお差別が続くのはなぜなのか、
これを読めば何かわかるかな?と。

…が、それについてはわからなかった (-_-;)
それに、対談形式の本だとは思わなかった。

出版された頃、よく新聞の下の方に広告が出ていて
気になっていたから読んでみたけど、やや期待はずれ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 24, 2010

201006246/23の朝、サナギに穴が開いていた。
(サナギの下の方にある)
サナギを触ってみると、ブヨブヨしている。
羽化前の生物がいるとは思えない。

6/23の夜、もう一度触ってみたけど
サナギは力なくダラーンとポリタンクに
くっついている状態。

6/24の朝、つまり今朝見たら、サナギは半壊状態で、
もぬけの殻だった。

穴の原因が何なのか調べてみたら、アゲハヒメバチという
アゲハの幼虫に寄生する蜂に食われたようだ。
ガッカリ。
しかし世の中、いろんな虫がいるもんだ…

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

June 23, 2010

鹿角らーゆ

20100623もらいました。

初めての食べるラー油。

くれた人は、成城石井で買ったそう。

普段の食事であまり白米が出ない我が家では、
キュウリにまぶして食べてみた。
…まったく辛くないんだね。
辛くなさすぎて、イマイチ物足りない (-_-;)
だからって、大量に入れるのも、カロリーとか考えると
できないし。

ま、流行りのモノを食べたってことで (笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 22, 2010

何になる?

玄関の前に置きっぱなしにしている灯油のポリタンク。
片付けようかなーと思ってふと見たら、緑色のイモムシが
くっついていた。

ウズラにあげようかなー食べるかなー?とよく見れば、
イモムシは糸?でしっかりポリタンクに固定されている。

20100622_16/19、夕方の様子。

蛾の幼虫じゃないから、このまま
様子を見ることにした。
蛾だったら速攻で除去だ除去。
この差は何なのか…我ながら蛾が
哀れになってくる (笑)

ちなみに、何で虫偏に「我」で「蛾」?????

20100622_26/22、朝の様子。

すっかりサナギになった。

カラスアゲハ
の幼虫っぽいような
気がする (ネットでイモムシの写真を
見比べて調べた。触角を確認できたら
はっきりわかったのに。でもたぶんカラスアゲハ)。

是非とも羽化の瞬間が見たいけど、サナギになってから
羽化するまでにどれぐらい時間がかかるのかなー?

| | Comments (7) | TrackBack (0)
|

June 21, 2010

我が家の果実で…

房スグリは大豊作、ブラックベリーは今年が初めてにも
関わらずかなりの豊作。

熟したものをどんどん摘んで、早くも房スグリのジャムが
2 瓶、ブラックベリーも 1 瓶ができた。
あんまり食べないからジャムなんか要らないのに…

20100621で、カレが作ったのがタルト。

タルト生地にカスタードクリームを詰め、
その上に房スグリのジャムを塗って、
房スグリとブラックベリーを並べる。

ケーキ屋さんで売っててもおかしくないぐらいの出来栄え。
…でも食べても食べてもなくならないのが難点 (-_-;)

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

June 20, 2010

久喜市の菖蒲

久喜市といっても旧菖蒲町、去年も行ったあの場所

湿度は高いが薄曇りで、まあまあのサイクリング日和。
長袖を着ていくかどうか悩んで、帰るまでこんな感じだろうと
予想し、半袖を選ぶ (日焼け止めは塗る)。

行きは内牧でキジとカワセミを久々に見る。

20100620_1今年は何だか数が少ない…と思ったら
HP

今年の菖蒲城趾あやめ園の花しょうぶは、園の約半分が
育成中です。

と記述があった…

20100620_2それでもまあ、咲いているものは
キレイに咲いている。

ここには品種を記したものが一切
ないのが残念。

20100620_3「菖蒲はね、枯れたらすぐにその花を
取ってやると、来年もっと大きな花を
咲かせるんですよー」と連れの人に
言いながら、おもむろに手でバキッと
折り取ったおばちゃんがいた。

勝手にそういうことしていいのか…?
調べると、確かにそうした方がいいらしいけど。

20100620_4今回は、この、藤色をとことん
薄くしたような菖蒲が気に入った。
こっちの方。
20100620_5







帰る頃、突然真夏のように太陽が照り始めて焦る。
だって走る道にはほとんどと言っていいほど日陰がない。
日焼け必至。
どこからこんな力が湧いてくるのだろうか…というぐらい
スピードを出して帰路を急ぐ。

でもしっかり日焼けした ゚゚(´O`)°゚
腕が真っ赤。痛い。
走行距離は (図書館に寄って帰ったりして) 46.58km。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 19, 2010

検証。

ウズラの栄養性脚弱症について、原因を考えてみた。

去年までに孵化させた 7 羽には、まったくそういう兆候は
見られず、「孵化さえすれば後は勝手に育つんだなー」と
思ってしまったぐらい何の問題もなく成長していった。

今回も、そのときとほとんど同じように育てているはずなのに
なぜこんなことが起きたのか?

栄養性脚弱症は、ビタミンとカルシウムが不足していると
発症するものだとわかり、カルシウムについては鶏卵の
殻を砕いたものをあげているから違うはず、ということは
ビタミンの方が原因か、ビタミンが多く含まれるものって
何だろう…?

…といろいろ考えていくうちに思い当たった。

米ぬかだ。
ビタミンの宝庫らしい (参照先はコチラ)。

前の 7 羽のときは、浴び砂に無人精米所からもらっきた
米ぬかを混ぜていた。
砂を買うと結構お金がかかるから、タダでもらえる米ぬかを
半分ぐらい混ぜて節約していただけなんだけど、結果的に
それがよかったのかもしれない。

まさか米ぬかにそんな効用があるとは知らなかったし、
外飼いに変えたら砂を用意する必要がなくなったから
(勝手に地面を掘って土を軟らかくして砂浴びをしている)
当然米ぬかだってもらってこないし与えない。

そんなわけで、慌てて米ぬかをもらってきて与えてみた。

20100619_1手前がメイちゃん、奥がチョロQ。

米ぬかを与えてまだ 3 日しか
経っていないのに、メイちゃんの
脚に早くも効果が現れた…!
サクサク歩くチョロQの後を追っている…!
立ち止まればキリッと立っているし…感動です。

20100619_2これは米ぬか育ちのラッキー。

20100619_3砂より米ぬかの方が
好きらしく、久々の
米ぬかにご満悦。
私もうれしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 18, 2010

パブリック・エネミーズ

Publicenemiesジョニー・デップ主演。
他にクリスチャン・ベイル、
マリオン・コティヤール。

普通の姿をした人間を演じる
J. デップは久々に見る (笑)
海賊とかチョコレート工場とか、
ここのところそんなのばっかり
続いていたような。

私にはさほど面白くない映画だった。
話も別にたいしたことないし。

この映画より、フランス版パブリック・エネミーズとも言える
ジャック・メスリーヌの方が面白そう。
でも、このDVDを近所のレンタル屋は置いていない。
TSUTAYAにあるのは確認してきた。
わざわざこのために入会する…?
入会無料キャンペーンとかやったりしないかなぁ (笑)

パブリック・エネミーズの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 17, 2010

半額の誘惑

地元のスーパーに買い物に行ったら、半額シールのついた
雪印の無塩バターが 2 つ…
賞味期限にはまだあと 1 ヶ月ぐらいあるのに半額とは
ずいぶんと太っ腹だなぁ (笑)

1 つだけにしておくか、2 つとも買ってしまうか…
普通なら 1 つしか買えない値段で 2 つも買える…

20100617というわけで 2 つ買って、早速 1 つが
マドレーヌに変身。

参考にしたレシピはこちら

Cpicon ♡超簡単!混ぜるだけ マドレーヌ♡ by ケリー ドール子

「粉砂糖」をなぜか「強力粉」と読み違い、薄力粉200g に
強力粉200g なんて、すごい量だなぁ、そのわりにバターが
少ないなぁ、そういえば砂糖はいつ入れるんだろう?と
レシピを見直して誤りに気づいた Σ( ̄ロ ̄lll)
溶き卵を入れる前で助かった… (;´▽`A``

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 16, 2010

ヒヨコのその後。

孵化した 5 羽のヒヨコは、早々に 2 羽がこの世を去り、
残りの 3 羽のうち 2 羽は脚が弱く、自力で立つことも
厳しいような弱いヒヨコだった。

人間の手で早く楽にしてやるべきなのか…と考えたりして、
でも長くは生きられないだろうから自然に任せようと決めた
翌日のきのう、1 羽が死んだ。

生まれてしばらくは元気よく走って歩いて、あまりに
元気よく走り回るから、チョロQと命名したほどだったのに、
ある日突然、本当に突然、自力で立てなくなってしまった。
なのに体や羽はどんどん成長するから、脚で自分自身を
支えることができず、寝たきりにはならなかったものの、
這って移動する姿が不憫で、見ているのがつらかった。
だから楽になってよかったね、と思う。
今頃、天国で思いっきり走り回っているだろう。

20100616_1残りの 2 羽のうちの 1 羽。
元気よく走り回るから、これもチョロQと
名付けた。

今のところ、問題はないけど、何となく
怪しげな気がしないでもない。

20100616_2これは最後に孵化したメイちゃん。

先週あたりから、脚がダメになった。
自分を支えるだけの力は、まだ少し
残っているようだけど、前に比べると
キリッと立てていない。
体も小さいし、たぶん長くは生きないだろう。

近親交配が原因かと思ったけど、栄養性脚弱症っぽい。
カルシウムとビタミンをたくさん与えれば治る…?

しかし、今までと同じように育てていたつもりだけど、
どこがいけなかったのかなァ…謎。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 15, 2010

梅酒

家庭菜園にスペースができたので、何か…と言いつつ密かに
次はトウモロコシ!と決めて、苗を求めてホームセンターに
足を運んだものの、売っていない。
ジョイフル本田に行けばありそうだけど、ちょっと遠いしなーと
岩槻のある園芸店に行ってみた。

ところが野菜の苗なんかほとんどないに等しく、無駄足に
終わったか…とあきらめた種売場で、ピーター早生 1 号という
7 月まで種播き可能らしい品種を見つけてそれを買うことにし、
さらに店内をウロついて、550円で売られている岩槻産の
青梅を発見、もちろん購入。

20100615梅酒、作りました。

3 ヵ月後が楽しみだ~。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 14, 2010

F1 2010 カナダGP

Canadaバリチェロ、11番手スタート。
まあまずまずのポジション。

…が、映像に映らないから
(私が見落としただけ?) よくわからないが、スタートに
失敗したのだろうか?後方に沈んでいる。

その代わりと言うか、チームメイトのヒュルケンベルグが
なかなか健闘している。
と思ったら、ドライブスルー・ペナルティだよ…ダメダメだ、
ウィリアムズ。

結局、バリチェロは少し盛り返して14位フィニッシュ。

マクラーレンとレッドブルとフェラーリ (アロンソだけ) が
いい感じに抜きつ抜かれつしていて、レースそのものは、
いつもより盛り上がって面白かった。
優勝はハミルトン。続いてバトン、アロンソ。
レッドブルの独走はこれまでか…?!

| | Comments (0) | TrackBack (2)
|

June 13, 2010

バラ、再び。

我が家のバラに再びピークがやってきた。

20100613_1約 1 ヶ月前の前回と、何となく
色合いの違う感じ。
前は赤っぽく、今はピンクっぽい。

20100613_2



それにしてもよく咲くなぁ。咲かないよりいいけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 12, 2010

さあ食べよう!

20100612アーティチョークを収穫。

大きさの比較対象がウズラの卵とは、
何とも我が家らしい (笑)
両手で覆ってスッポリ収まるぐらいの
大きさです。

カレがカレの両親にうちのアーティチョークの近況を写真で
送ったら「今がちょうどいい」とアドバイスいただく。

つぼみはまだあと10コぐらいある。食べまくりだ (笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

June 11, 2010

Le fondant de Mamie

今回カレの両親が送ってきてくれたものは、Alsa のものが
やたらと多かった。
Alsa 製品の特売でもやっていたのだろうか??

20100611そのうちのひとつ、フォンダンショコラ。
バター125g と卵 3 コを混ぜて焼くだけ。

これは、中がドロドロのタイプではなく、
そこそこ焼き上げるタイプです。
生焼けのガトーショコラって感じ?

なんて言いつつも、超美味しいんだ、これが。
しっかりチョコレートの味がして、甘すぎない甘さだし。
食べ出したら止まらない (-_-;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

June 10, 2010

手塩にかけずとも…

20100610引っ越してきたときからある
うちの紫陽花。

花が枯れたら枝を切る、ぐらいしか
手をかけていないのに、毎年
たくさんの花を咲かせてくれる。

今年もキレイに咲いてくれた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

June 09, 2010

クリーム on ヨーグルト紅ほっぺ

20100609たまたま立ち寄ったスーパーの
「九州・四国味めぐり」フェアで購入。

らくれん」というメーカーが作っているのかと思ったら、

「らくれん」は、四国乳業株式会社によって製造、
販売される牛乳・乳製品の代表的なブランド名として
使用されている言葉です。

とHPに書いてあった。
まあとにかく、愛媛の会社のヨーグルトですよ (爆)

キャッチコピーが「リッチなデザート感覚で食べられる」。

美味しい。
ヨーグルトっぽくない。
確かにリッチな感じがする (笑)
愛媛なんだから、みかんのも作ればいいのに…?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 08, 2010

開けてビックリ…

カレの両親から、誕生日プレゼントが届いた。

20100608すごい楽しい詰め合わせ!

ブーダン (豚の血のソーセージ) の缶詰、
チョリソ、ドライイースト、バニラシュガー、
マジパン、ファジパン、アーモンド粉、
フォンダンショコラやアイスクリームの素…
いろいろ、そしてごちゃごちゃ入ってる。
こういうの楽しくっていいねぇ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

June 07, 2010

今年はイマイチ…

20100607玉ねぎを収穫。

100本の苗を植えたものの、ムニに
掘り返されたり自然消滅したり、
何だかんだで減ってしまって、結局
これだけ。そして細長の小ぶりが多い。
収穫時期が早すぎるわけではないはずだから、やっぱり
ちゃんと世話してあげないとダメなんだわ… ( ´・ω・`)

次は雑草が生えないようにしっかりビニールでマルチングして、
追肥も正確にやってあげよう。

玉ねぎを収穫したら、かなり広いスペースが空いた。
何を植えようかな~?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 06, 2010

さらば、ベルリン

Goodgermanジョージ・クルーニー主演、
他にケイト・ブランシェット、
トビー・マグワイア。

全編モノクロ。

話の設定が悪いわけではないのに
あまり面白くないのはなぜだろう?
脚本が悪いのか?
途中で観るのを止めようかどうしようか悩ませてくれた。
久々に失敗の映画。
1 時間半ぐらいしかなかったのが救い。

さらば、ベルリンの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 05, 2010

バラの値段

きのうはカレの誕生日だったので、花を買って帰ることに。
バラ 1 本でもいいかなーと、大宮駅のある花屋に入ると
値札がまったくついていない。

バラだから 1 本100円ということはないだろうが、300円とか
そんなもんかしら…値段を聞きたいけど、聞いてしまうと
値段で選んでしまうような気もするし、ううー悩みどころだ…
とガラスケースの前でしばし考える。

悩んだ末に、値段を聞かずに欲しいものを買うことにし、
選んだのは 1 本に小さめのバラがたくさんついているやつ。

20100605「1,260円になります」

驚きのあまり、「やっぱりやめます」と
言いたくなった。
こんなのが 1 本600円 ( Д) ゚ ゚

まぁいいわ、誕生日だもの、特別だもの、値段じゃなくて
気持ちだ気持ち、喜んでくれればそれでいいのよ…と
考えなくては平静を保てません。

ところが、家に帰って渡すと「花は男から女にあげるもので、
女から男にはあげないの」と言われた ( ´・ω・`)

…いいもんね、別に。
もともとプレゼントとして買ったわけじゃないし。
誕生日の雰囲気が出ればなーと思って買ったんだし。

でも何だかムカつく。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

June 04, 2010

オリーブの花

20100604今年も花はたくさん咲いたけど、
どうも結実は難しそう。

オリーブは自家受粉しない上に、
植えているのが 1 本だけでは
結実しないらしい。
しかも一緒に植えるなら別の品種の方がいいとか。

意外と大変なんだなー、オリーブって。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

June 03, 2010

7 コの卵は…

5 つが孵った。ヒヨコ 5 羽。
残りの 2 つは、孵らなさそう。

しかしヒヨコが 5 羽よーどうするのー?と思っていたら、
1 羽が突然死。
20100603卵の殻を割って出てくるだけの
力があったのに…ショック。

数日間とはいえ、この世に存在し、
仲間と戯れたりエサをついばんだり、
ウズラとして生きることができて幸せだったと思いたい。

| | TrackBack (0)
|

June 02, 2010

不毛地帯

敗戦やシベリア抑留の話から始まる、山崎豊子著「不毛地帯」。

前にソルジェニーツィンの「イワン・デニーソヴィチの一日」で
ラーゲリに触れて、ラーゲリに関する本も読んだりしたけど、
想像しているほど過酷でもないのかなーという印象を受けた。
…が、撤回。
やっぱり想像どおり、というか想像以上。
おじいちゃんもこういう経験を…?と思うと苦しくて苦しくて。
文化大革命かと思うようなシーンには、あれは中国だけの
話じゃないのね…と悲しくなってしまった。

石油が出たシーンでは鳥肌が立った!
今まで、鳥肌が立つほどグッときた本はなかったナァ…

この小説の主人公、壱岐正のモデルは伊藤忠商事の元会長
瀬島龍三氏。
この実在の人物について知るべく、今、「幾山河」を読んでます。
春日部市立図書館には新書がなかったので、500ページもある
重い単行本を通勤電車で立ち読み…腕が疲れる…

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 01, 2010

痩せました!

20100601この前の土曜日、ムニを狂犬病の
予防接種とフィラリアの検査に
連れて行った。

2 月に「太っている」と獣医さんに
指摘されてダイエット。
体重を量らなくても、減ったのがわかるぐらい痩せた。

だから、自信満々に「痩せましたよ~」と獣医さんに
言ったのに、あっさり「もうちょいだね」と返された (T_T)
(体重は13kg 強だった)

さらに痩せろとは…厳しいねぇ (>_<)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« May 2010 | Main | July 2010 »