« ガツン、とみかん | Main | 今日はひたすら… »

August 24, 2010

卡子 (チャーズ)

遠藤誉著。

中国革命を戦士となって戦い抜いた日本人少女の話だと
勘違いして借りてきた本。

読み進めるうち、何だか前にもこんな話を読んだ気がするな?
と思ったら、「大地の子」の盗作疑惑の元となった本じゃないか。

「大地の子」では前半に出てくるシーンだし、立て続けにいろんな
本を読んでいるから詳細は忘れたけど、似たようなシーンが
あったのは何となく記憶にある。

それにしても壮絶。
人間というのは、この地球上でいちばん恐ろしい生き物である、
とつくづく思う。

|
|

« ガツン、とみかん | Main | 今日はひたすら… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/49237077

Listed below are links to weblogs that reference 卡子 (チャーズ):

« ガツン、とみかん | Main | 今日はひたすら… »