« F1 2010 韓国GP | Main | タルトタタンとキール »

October 26, 2010

ブッダとそのダンマ

B. R. アンベードカル著。

アンベードカルの自伝のつもりで借りてしまい、読んでガッカリ。
「インド仏教徒 1 億人のバイブル」だった。歴史的名著だそう。

幼い我が子を亡くしたことを受け入れられない女性が
「死人を出したことのない家から、カラシの種をもらってきなさい。
そうしたらこの子を甦らせましょう」というようなことをブッダに
言われ、いろんな家を回るけれども、そんな家は 1 軒もなく、
ガックリと肩を落としてブッダに「1 粒も手に入りませんでした」と
告げる…という話は、学研のマンガにあったな~。

しかしやはり私にはブッダの教えは心に響かない。
そうなんだけどねーとは思うけど。
そもそも、自分を「私は最上の人」とか言っちゃうところが
気に食わない。
何でそんなエラソーなわけ?という反発心が芽生える。
怪しげな新興宗教の教祖っぽい感じがしないでもない (-_-;)

|

« F1 2010 韓国GP | Main | タルトタタンとキール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/49850634

Listed below are links to weblogs that reference ブッダとそのダンマ:

« F1 2010 韓国GP | Main | タルトタタンとキール »