« 謎の植物…その後。 | Main | サロゲート »

October 14, 2010

裏社会の日本史

タイトルそのまんまの

出版元の筑摩書房には

中世における賎民から現代の都市にとり残された
経済的弱者まで、また、江戸の博徒や義賊から
近代以降のやくざまで ― 「ル・モンド」の日本特派員を
務めるフランス知識人が、社会の周縁に生きる人々の
営みの変遷をたどる意欲作。

と紹介されている。

フランス人が書いているから、妙な日本観だったりするのかな…
でも、日本をわかっているフランス人みたいだし、そうなると
日本人だから書けないことも書いてあったりするのかな…

文字がびっしり詰まった内容で、なかなか読み進まず。
(図書館への返却の都合上) 1 週間しか時間がないから…
と急いで読んだこともあり、最後まで読むには読んだが内容を
ちゃんと把握できていなかったりする (;;;´Д`)

日本人でもこういう内容を書けるのだろうか?
きっとできないよな、と思った 1 冊でした。

|

« 謎の植物…その後。 | Main | サロゲート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/49737909

Listed below are links to weblogs that reference 裏社会の日本史:

« 謎の植物…その後。 | Main | サロゲート »