« 摩天楼を夢見て | Main | 画家と庭師とカンパーニュ »

February 09, 2011

菜の花の沖

司馬遼太郎著。

河童が覗いたニッポン」の北海道の集治監に関する項目で
菜の花の沖」という小説の名が出てきて興味を持った。

文庫本にして 6 巻もある長編。

初めて司馬遼太郎作品を読んだけど、高田屋嘉兵衛の物語が
展開するのに併せて、物語を中断するようにその時代背景が
書かれていて読みづらかった。
そういうことをわかって読む方がいいのはわかるが、せっかく
調子よく読んでいるのに、話の腰を折るな!と言いたい。

読みづらいながらも、高田屋嘉兵衛の物語は面白かった。
海の男はカッコイイねぇ…

過去にテレビドラマ化されたことがあって、嘉兵衛を演じたのは
竹中直人だそうだ。
この人のことは嫌いじゃないが私のイメージと違う。
もっと筋骨隆々のガタイがいい男を思い描いていたのに。
でも実際に小柄な人だったらしいから、それなら竹中直人で
いいのかもね…?!

|
|

« 摩天楼を夢見て | Main | 画家と庭師とカンパーニュ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/50797056

Listed below are links to weblogs that reference 菜の花の沖:

« 摩天楼を夢見て | Main | 画家と庭師とカンパーニュ »