« 効果あり…?! | Main | 実際はこんなもの… »

February 12, 2011

アイヌ近現代史読本

菜の花の沖」でアイヌに触れて、言い方は悪いがちょっと
興味を持った。
基本的なことがわかればいいから、難しそうではない
アイヌ近現代史読本」を読んでみることに。

大まかなことは把握できたと思う。
こんなに過酷な過去があったことを知らなかったことが
恥ずかしい。
そして前によく読んでいた佐藤愛子著のエッセイによく
出てくる北海道は浦河町の話 (著者の別荘がある) が
急に理解できた。

浦河町にはアイヌの人々の住民が多いらしい。
どの本だったか、ある男性の話があって、読んだときは
「恐ろしく純粋な男性がいるもんだ」としか思わなかった。
でももしかしたらその男性はアイヌの人なのかもしれない、
という気がしてきた。
それなら、この男性の純粋さもわかる。

そう思っただけで実際は違うかもしれないけど、とにかく、
アイヌについて少し学んだことで、彼女の浦河町の話を
今までとは違う角度で捉えることができそうだ。

なかなか為になる 1 冊だった。

|
|

« 効果あり…?! | Main | 実際はこんなもの… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/50846498

Listed below are links to weblogs that reference アイヌ近現代史読本:

« 効果あり…?! | Main | 実際はこんなもの… »