« 手作りで節約? | Main | 地震の被害 »

March 12, 2011

人生でいちばん歩いた日

2011年 3 月11日14時46分、私は会社で仕事中。
揺れを感じつつも、そのまま収まるだろうと思って仕事を
続けていたが、横揺れじゃないし、だんだん強くなってゆく。
少し離れた場所の天井が剥がれ落ち、パソコンも倒れる。

ただ事ではない。
本気で地震を「こわい」と思った。

長いこと揺れた後、「外へ避難しなさい」という指示が出る。
コートと荷物を持って、階段で16階を下りる。
どれぐらい外で待機していたかわからないが、危険なので
電車は動いていないけれど帰宅しなさいという指示。
カレや実家に連絡を試みるも通じず。
こういうときに限って、充電が残りわずかだったりする。

でも、会社に入れないのであれば、帰るしかない。
歩いて帰ることを決意する。
もしかしたら歩いている間にJRが復旧するかもしれない…と
淡い期待を抱いてまずは市ヶ谷から上野へ。

外堀通りを歩く。
人、人、人、でなかなか思うように進まない。
東京医科歯科大病院の前を通ったとき、古そうな建物の
窓ガラスがたくさん割れていたのを見た。

秋葉原を抜け、コンビニで食料と水を買い込む。
上野松坂屋の前あたりでソフトバンクショップを見つけ、
充電すべく駆け込む。
充電器 3 台、充電には 1 台30分要す、5 人待ち。
ここで時間を食うより歩を進めるべきなのか…と躊躇したが
誰とも連絡がとれなくなる状況は避けたかった。
充電を終えて上野を出発したのは19時30分。

昭和通りを北上する。ここも人、人、人。
入谷、三ノ輪、千住大橋を通り過ぎ、北千住にさしかかった頃
(20時45分ぐらい)、ようやくカレと連絡がとれる。
国道 4 号は渋滞がすごくて、なかなか進まなさそうだから、
とりあえず新越谷に迎えに来てもらうことにして電話を切る。

荒川を吹き抜ける風が肌に突き刺さる。

歩いても歩いてもなかなか終わらない東京都。
「谷塚」の文字を目にするようになって「やっと埼玉!」と少し
うれしくなる。
その頃、ようやく母とも連絡がとれた。

途中、コンビニでトイレに寄り、買い込んだ食料を食べながら
さらに歩き続ける。
足の裏と、右の股関節が痛くなってくる。
でも休憩すると歩く気力を失ってしまいそうで止まれなかった。

ケータイの充電が、また心もとなくなってきた。
いざというとき、カレと連絡がとれなくなったら困ると思い、
電話番号をメモしようと思ったらペンがなく、リズムをつけて
番号を頭の中で復唱していたら、それが歩くリズムとなり、
一度はへたれかけてきた歩調が回復。

すでに 5 時間ちかく歩いているとは思えぬスピードで
ガンガン歩く。
外環自動車道が見えて「もうあと一息!」と自分を励まし、
武蔵野線の高架が見えたときは、もううれしくてうれしくて
しょうがなかった。

…しかし、着いたら連絡してねと言ったカレからは何の
連絡もないまま新越谷駅に着いたが (23時30分)、姿はない。
道路が渋滞してるからって、いくらなんでも遅いだろ…と
ケータイに電話するものの出ない。
まさか何かトラブルでも…?!と30分ほどヤキモキしていたら
やっと「今着いた!」と電話が入る。

早く行こうと思って旧 4 号を避けていたら、草加の方まで
行っちゃって…だそうで (-_-;)

結局、家に着いたのは日付変わった 1 時頃。
すぐにテレビを見てみれば、映るものすべてに驚愕。

きのうの帰宅ルートはこんな感じ
必要に迫られればできないことはない、と確信した。

|

« 手作りで節約? | Main | 地震の被害 »

Comments

お疲れ様でした。
東京が直撃されていなくてまだマシだったかと…。
道路が寸断されるようだと
歩くに歩けないですもんね。

こちらでも揺れました。震度3で長かった…。
震源地が東北だったので驚きました。
テレビではNHKのアナウンサーの声がうわずっていました。
津波はライブで見ました。
自然の前では人は無力でした。

お家の中とご家族(?)の皆さんはいかがでしたか?

Posted by: やな | March 12, 2011 at 14:53

お疲れ様でした。

大阪ではイヤーな波長(ゆっくりとした横揺れが延々と続く)
で揺れました。
高齢な方などは自分の体調不良と錯覚される方が多数でました。(脳梗塞とか、、)

お疲れ様でした。
無事でなによりです。

Posted by: Kutz-chabg | March 12, 2011 at 15:30

おーー友人の中で最長ですね。
他の友人はみんな職場待機していたみたいです。

Posted by: tsuyoshi | March 12, 2011 at 18:53

> やなさん
家に帰ってテレビを見て、初めて今回の
地震の規模を知りました。
まさかこんなすごいことになっているとは
想像もしていませんでした。

おかげさまで、本が落ちたぐらいで、
家も人間も動物も皆無事でした。
水槽の水は半分近く飛んだらしいですが、
まあその程度で済んだので文句はありません。

> Kutz-chang さん
大阪でも揺れたんですかー!?
改めてすごい地震だったんですね!!

まだ小さめの余震?がよくありますが、
自分が揺れているのか地震なのか判断できず
いちいち電気のヒモを確認してます。
電気のヒモは大事ですよ (笑)

> tsuyoshi さん
偶然にも休みだったなんて、本当にラッキーだね。
うちの会社は一部の天井が落ちたりガラスが
割れたりした (らしい) から、立ち入り禁止と
言われて、帰る以外に選択肢がなかった。
…でも後から母親に、会社の近くに避難所とか
なかったの?って言われて、そういえば台東区や
足立区を歩いてたとき、区民センターとか学校が
開いてたのを見たけどそれだったかーと知った…
次からは (そんなのあったらイヤだけど)、すぐに
帰宅せずに避難所を探します。

Posted by: chibiaya | March 12, 2011 at 23:46

ご無事でなによりでした

しかし なんという距離を とんでもない時間をかけて歩きなさいましたねぇ

ご苦労様としかいえない・・・(汗)

Posted by: ぽりぽり | March 13, 2011 at 06:01

> ぽりぽりさん
上野で「春日部 28km」という標識を見たとき、
40km ぐらいあるんじゃないかと思っていたので
「あ、そんなもんなの」なんて思いましたが
徒歩で行く距離じゃないですよね~ (^_^;)

でも、家や家族を失うことに比べたら、
こんなの屁でもないですよ!

…と言いつつも、こんな経験は一度で十分と
思っていたりもするわけですが。

Posted by: chibiaya | March 13, 2011 at 09:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/51098865

Listed below are links to weblogs that reference 人生でいちばん歩いた日:

« 手作りで節約? | Main | 地震の被害 »