« Saci Pererê | Main | 変わりチューリップ »

April 15, 2011

スピンク日記

町田 康著。

著者のオフィシャルサイトに大きなプードルの写真がよく載っていて、
そのプードル (の名前がスピンク) の目線で綴られているエッセイ。

プードルというと、小型犬で、愛玩要素の高い犬というイメージ。
というか小型犬しかいないと思っていた。
立ち上がると人間ぐらいの背丈があるプードルは、プードルのようで
プードルでない…けど見た目がやっぱりいわゆるプードルで、図体は
大きいのに可愛く刈り込まれちゃってるのが違和感アリアリ。

プードルについてはさておき、うちの愛犬はプードルではなく、ただの
雑種だけれど、純血だろうが混血だろうが大きかろうが小さかろうが
犬は犬、ムニもスピンクと同じようなことを考えているに違いない。
そんな気がした。

犬を飼ってはいるけど、猫の方が好きだから、正直なところあまり
興味のある本じゃなかったけど、読んでみたら結構面白かった。
さすが町田康。

|

« Saci Pererê | Main | 変わりチューリップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/51398262

Listed below are links to weblogs that reference スピンク日記:

« Saci Pererê | Main | 変わりチューリップ »