« F1 2011 モナコGP | Main | 明治北海道十勝カマンベールチーズ »

May 31, 2011

女ぎらい - ニッポンのミソジニー

上野千鶴子著。

たぶん新聞の書評で見て、読んでみたいと思ったんだと思うけど、
何しろ図書館に予約を入れてから数ヶ月も待たされたから、
今となっては何で読もうと思ったのかすっかり忘れた。

ちなみにミソジニーとは

「女性嫌悪」と訳される。「女ぎらい」とも。
ミソジニーの男には、女好きが多い。
「女ぎらい」なのに「女好き」とはふしぎに聞こえるかもしれない。
それならミソジニーにはもっとわかりやすい訳語がある。
「女性蔑視」である。

思っていたより難しい内容で…違う、難しいんじゃない、単に
私が思っていた内容とズレがあったというか、とにかく、そんなに
男とか女のことを難しく考えなくたって…と思ってしまう私には
もともとこの本を読む資格なんかなかったのかも。

|
|

« F1 2011 モナコGP | Main | 明治北海道十勝カマンベールチーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/51736044

Listed below are links to weblogs that reference 女ぎらい - ニッポンのミソジニー:

« F1 2011 モナコGP | Main | 明治北海道十勝カマンベールチーズ »