« 女はみんな生きている | Main | シビタス@蒲田 »

June 11, 2011

森と湖のまつり

武田泰淳著。

この前読んだ「ロビンソンの末裔」の文庫本の巻末で、
アイヌ云々…という説明つきで紹介されていた本。

アイヌはアイヌであることに誇りを持っているとばかり
思っていたけど、自分がアイヌであることをひた隠し、
息子には自分たちは和人であると教え込むような
生き方をしていたアイヌがいたということに驚いた。
これは小説だけど、実際にそういうことがあったことは
想像に難くない。

高倉健主演で映画化もされている。
そんなに有名な小説だったのか?
しかし、アイヌ青年を演じているのが高倉健とはね…

|
|

« 女はみんな生きている | Main | シビタス@蒲田 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/51872292

Listed below are links to weblogs that reference 森と湖のまつり:

« 女はみんな生きている | Main | シビタス@蒲田 »