« ブルーベリーのビスケット | Main | ラスト・ターゲット »

December 21, 2011

急な別れ…

ラッキーがいなくなった。
ミノスの腹の中に。

きのうの朝、カレが起きると、ウズラの羽根と血がそこらに
飛び散っていたそうだ。
そして、ラッキーが頭部だけの姿で見つかった。
(わざわざカレが写真を送ってくれた…)
カレ曰く、ミノスが食べてしまったらしい。

なんてヒドイことを…!!!と思ったが、考えてみれば
猫が鳥や小動物を捕食するのは異常でも何でもなくて、
正しい食物連鎖なわけで、驚くことでもないわけで、
ミノスはただ本能に従ったまでなわけで……

あああああ。

結局は、カゴのフタがしっかり閉まらないと知っていたのに
これといった対策をとらなかった人間が悪いのだ。
だからミノスを責めることはできないのだ。
…と自分に言い聞かせてみるも……

あああああ。

オモチャにして弄んでいるうちに死んでしまったのなら
ともかく、食べるために殺したというのが何よりもショック。

あああああ。

卵から孵したウズラの中で、いちばん人間によく懐いて
手乗りや肩乗りもできたラッキー。
いちばん愛着のあるウズラだったのに。

ごめんねラッキー。

20091221_12 年前のちょうど今ごろに生まれた
ラッキーのヒヨコ時代。
そうだ、よくノートパソコンの温風が
出るところで寝てたっけ。

20091225_120091227_2合掌。
天国で安らかに。

本当にごめんね。
ごめんねラッキー…

|

« ブルーベリーのビスケット | Main | ラスト・ターゲット »

Comments

せつねぇ~
でもしょうがない、猫だもんね。合掌-人-

Posted by: TJ | December 21, 2011 at 08:16

ミノスの腹の中かあ…( ̄◇ ̄;)
動物の世界は残酷…ラッキー、安らかに眠ってね♡

Posted by: 姫乃 | December 21, 2011 at 08:48

> TJさん
いっそのこと、跡形なく食べてくれた方が
よかったよ…と思わないでもないんだけど。
猫だからね、しょうがないんだよね…

> 姫乃さん
死んだということもショックだけど、
それ以上に食べたことがショックです…
自然界では普通のことなのはわかってるけど…

Posted by: chibiaya | December 21, 2011 at 12:50

子どもが小さいころ、けがとかさせちゃうと、ああしておけばよかった~~とか、
よく後悔したな~~~(*_*)
元気だしておくれ~~chick

Posted by: ちゃちゃわんわん | December 21, 2011 at 13:46

猫にとって鳥は食べ物ですもんねー。
ウチはチューチューの足が残っていたことがあります。
あと、食している最中に見たことも…。
室内飼いしていないと
何年かしても野生は残りますね。
確かに本来猫がする行動です。
でもなんとなくね…。

「うっかり外に出るんじゃなかった。しまったなぁー」って
ラッキーも思ってるかも。shock

Posted by: やな | December 21, 2011 at 16:21

ミノスくん、食べちゃったんですかbearing
自然の摂理だと思ってみても…
辛いですねweep

Posted by: 箱缶&ももも | December 21, 2011 at 17:02

> ちゃちゃわんわんさん
頭の中ではしょうがないことだとわかってるけど
何かこう複雑な心境なんですよねぇ…

> やなさん
野鳥を捕まえて食べたんだとしたら、衝撃の程度も
軽いんですが、飼っていたウズラ、しかもいちばん
可愛がっていたのだっただけに衝撃が大きかったです。
ラッキーが自ら外に出たのか、ミノスが出したかは
不明です…

> 箱缶&もももさん
朝、エサを食べてから2、3時間しか経ってないのに
ウズラを食べなければいけないほど空腹だったのが
イマイチ解せません。
ただ、その瞬間は見てないので、真相は謎のまま、
とりあえずミノスに罪が着せられたけど、
もしかしたら他の猫も…?

Posted by: chibiaya | December 21, 2011 at 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/53531058

Listed below are links to weblogs that reference 急な別れ…:

« ブルーベリーのビスケット | Main | ラスト・ターゲット »