« 年金をどうするか…? | Main | カルカン®カップ 6 種21点セット »

March 02, 2012

疾走中国

ピーター・ヘスラー著。

朝日新聞の書評を見て読みたいと思った。
書評を見かけて、それほど時間が経っていないと思っていけど
新聞に載ったのは去年の 5 月だった。
読みたいと思ったわりにのんびりしてたな。
春日部の図書館には置いてなかったから取り寄せてもらったら、
遠路はるばる狭山からやって来てくれた。

筆者は、雑誌記者時代に特派員として北京で暮らしたことのある
アメリカ人ジャーナリスト。
2001年から2009年のいろいろなことが 3 部構成で書かれている。

第 1 部は、筆者が万里の長城に沿って西へドライブする話。
第 2 部は、筆者が北京郊外の農村に家を借りたときの話。
第 3 部は、中国南部のある企業家とその周辺の話。

第 2 部の農村とそこで暮らす人々の変貌ぶりには驚かされる。
日本も高度成長期はこんな感じだったのだろうか?
いや、きっと中国の方がスピードが早そうだな。
つくづく中国人はたくましい。
生きることへのパワーを感じる。良くも悪くも。

|

« 年金をどうするか…? | Main | カルカン®カップ 6 種21点セット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/54030103

Listed below are links to weblogs that reference 疾走中国:

« 年金をどうするか…? | Main | カルカン®カップ 6 種21点セット »