« 男たちの昼寝。 | Main | INDY 2012 デトロイト »

June 09, 2012

脚の弱っていた鶏、米ぬかや市販の栄養剤を与えて
1 週間ほど経った。
でも一向に治る気配を見せず、脚を伸ばして座ったまま。
食欲はあるけど、それは目の前に持っていけば食べる、
というだけでエサのある場所に這って行こうとはしない。
脚は痙攣しているようにも見える。

……死を選んだ。

毎日まめまめしく介護していたカレがあきらめてしまった。

もう少し待てば治ったかもしれないという思いもある。
でもあんな状態で生きていても…とも。

すごく心が苦しい。
本当にこれでよかったのか。
…わからない。だから苦しい。

|

« 男たちの昼寝。 | Main | INDY 2012 デトロイト »

Comments

選択肢はそれぞれです

気に病むなといっても無理かもしれません

今は 亡くなった子の冥福を・・

そして生きてる子をお大事に・・・

こういうことに 正しいも悪いもありません

と 私は思うのですがねぇ・・

Posted by: ぽりぽり | June 10, 2012 at 07:55

そうですね、考えた方は人それぞれ。
私も正しいのか正しくないのかわかりません。
これでよかったのだと思う反面、どうせ短い命なら
(と決めてかかるのもナンですが) 最後まで
面倒みてもよかったかも、と考えてしまいます。
ただの栄養性脚弱症じゃなかったのかも?

Posted by: chibiaya | June 10, 2012 at 08:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/54917307

Listed below are links to weblogs that reference :

« 男たちの昼寝。 | Main | INDY 2012 デトロイト »