« 激似。 | Main | ヘルプ -心がつなぐストーリー- »

October 18, 2012

最近読んだ本 (2012年 10 月前半)

覚書。

この世をば
永井路子著。

藤原道長が物語の軸。
蹴落とし蹴落とされ、欲望の塊みたいな人間ばっかり。
面白い小説だったけどね。

望みしは何ぞ
これも永井路子著。

道長の息子の能信が物語の軸。
息子といっても、母が正妻腹ではないために、正妻の
倫子の産んだ子どもたちより出世も遅く、華々しくない。
まったく欲がないわけでもないが地道に生きる能信。
摂関政治を終焉へと向かわせた人。
知らなかった。

|

« 激似。 | Main | ヘルプ -心がつなぐストーリー- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/55917230

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 (2012年 10 月前半):

« 激似。 | Main | ヘルプ -心がつなぐストーリー- »