« お菓子がいっぱい。 | Main | ハート・ロッカー »

March 02, 2013

最近読んだ本 (2013 年 2 月)

覚書。

NHK さかのぼり日本史(9) ― 平安
藤原氏はなぜ権力を持ち続けたのか

朧谷 寿著。

表面的なことばかり書いてあって初心者向きな感じ。

東京プリズン
赤坂真理著。

新聞の書評だったか広告だったかを見て、東京裁判に
関連しているような印象を受けて興味を持ったが、
時間が行ったり来たり、私にはついていけなかった。
しかも、東京裁判とは何の関係もないし。
ずいぶん絶賛されているが、私にはまったく理解できず。

摂関政治
古瀬奈津子著。

女性が書き手なのは珍しい気がする。
…ということが印象に残った 1 冊。

平安京遷都
川尻秋生著。

地図が掲載されているのが親切な感じで、良い本だった。
長岡京や平安京が造営されて頃って、今とは地形が全然
違って、ずいぶん川が多いというか川幅があるというか、
とにかく水のある場所が多かった、ということを知った。


萌がさね ― 藤原道長室明子相聞
鳥越 碧著。

藤原道長の妾妻、源明子が主人公の小説。
明子は生涯、藤原実資を想っていた…という設定。
道長との間に 5 人も子を成しておいて、実は実資を…
ってそりゃないだろう!と思ってしまうが、小説だしね。

|

« お菓子がいっぱい。 | Main | ハート・ロッカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/56870063

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 (2013 年 2 月):

« お菓子がいっぱい。 | Main | ハート・ロッカー »