« ニャプーの思い出。 | Main | オリゴのおかげ オリゴスティック »

April 16, 2013

寂しがっている場合ではないらしい。

20130416_1ニャプーが頑張っていたとき、
同じソファで、ちょっと離れて
添い寝してくれていた 3 匹。
ニャプーに、やや強制的ながら
別れのあいさつもさせた。
考えたら、ポップはずっと 2 階から降りてこず (いつも
そうだけど)、別れのあいさつをさせなかったな。
もしかして、いなくなったことに気づいていないのでは?
という気がしないでもない。

話は変わって。
きのうの朝、私が家を出たときは何でもなかったのに、
カレが起きると、床にカツオブシが散乱していたそうだ。

20130416_2これがその現場。
こんなことをするのは絶対
天かミノスだ (-"-)
引き出しは危険だからと、あえて
観音開きの棚の中にしまったのに。
よくカツオブシがあるってわかったな。

アイツら…!と思うと同時に、こういうことをやってくれる
猫がいるおかげで、ニャプーがいなくなった寂しさが多少は
まぎらわせられているわけで、複雑な心境なのだった。

そうそう、ニャプーが旅立った翌日はちょっと湿っぽい
雰囲気だった我が家。
カレと 2 人でテレビを見ていると、目の前でミノスが得意の
片脚を上げたポーズで毛づくろいをはじめた。
まずはオシリから。
フンフンと臭いを嗅いだ後、顔を上げたミノス。
猫を飼ってる人ならわかると思うが、「臭ッ!」という口が
半開きのあの表情をした (○゚ε゚○)
カレと大爆笑。
湿っぽい空気がいっぺんに吹き飛んでった。

実際は臭いからではなく…臭くないわけはないと思うが、
フレーメン反応というフェロモンを分析するために、臭いを
取り込むための行動だけど。

笑わせてくれるじゃないか、ミノス。

20130416_3また話は変わって。
ニャプーはミルキー同様、庭に埋葬。

いつまで毎日忘れずに水と食べ物を
お供えすることができるか…
ちょっと不安 (-_-;)

|
|

« ニャプーの思い出。 | Main | オリゴのおかげ オリゴスティック »

ペット」カテゴリの記事

Comments

天ちゃんとミノスは
相変わらずやんちゃだね♡
生き物を飼っていると悲しいこともあるけれど
楽しいことも沢山あるもんね
生き様を教えてくれる気がするよ!!(・ω・)ノ

Posted by: 姫乃 | April 16, 2013 at 18:06

猫も男の子は元気ですね!
元気すぎて困りものですがdespair
確かに、生き物を飼う以上、いつかは
別れなければいけないわけだから、
一緒にいる間はできるだけ楽しい時間を
過ごしたいなーと思います。
…と言いつつ、自分の気分によって
八つ当たり気味になることもあるので
気をつけないと~sweat01

Posted by: chibiaya | April 16, 2013 at 23:15

ニャプーは亡くなってしまいましたか・・・

16年の想い出はかけがえないのものですな

安らかに逝ってくれてるのなら 猫にとっては 幸せなことです


まぁ こちらには 面白ニャンコや ワンやコケコッコーもいるので

楽しき日々は続くのでしょうなぁ

Posted by: ぽりぽり | April 17, 2013 at 06:34

16歳ですから、死因が何等かの病気だったにしても
大往生です。
やんちゃな子ども猫が毎日にぎやかにしてるので
気が紛れますね。
鶏も、相変わらず一方的に犬と仲良くやってます(^^)

Posted by: chibiaya | April 17, 2013 at 23:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/57181770

Listed below are links to weblogs that reference 寂しがっている場合ではないらしい。:

« ニャプーの思い出。 | Main | オリゴのおかげ オリゴスティック »